2016年06月30日

旗と畑 の巻

『エンタミクス 2016年6月号』で雑談する会

雑誌部「《鳴り物入りで来日 全米大ヒットゲームの甘辛い思い出》で
       気になったゲームありますか?」

無知「『上海』がアメリカだとは知らなかった (°Д°;) 」

雑誌部「中華風の雰囲気が漂うが、じつはアメリカのアクティビジョンの
      作品である=v

三畳間「『上海』、来年が発売30周年か・・・」

無知「『ハットリス』って『テトリス』のパクりゲームだと
      思い込んでいた(^_^;) 」

雑誌部「『テトリス』の作者が作った2作目の落ち物パズルゲーム
      だったんですね」

三畳間「遊んだことは一度もないけど名前だけは未だに忘れられない
      ゲームの一つだよ(・з・) 」





無知「《MOVIEスケジュール》で、指原さんに続いて今回も変換ミス発見!」

三畳間「降旗康男監督の名前が“降畑康男”になっている!」

雑誌部「あぁ・・・凡ミスでしょうね」

無知「校了寸前に作業してたりしたらありえそうなミスだけど・・・」

posted by クロ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

日本でも権力の裏側を覗いてみたいって需要は多いでしょ? の巻

『エンタミクス 2016年6月号』で雑談する会

雑誌部「レオナルド・ディカプリオ主演映画【レヴェント 蘇りし者】は
      狩猟中に襲ってくる熊がCGなのは知られていますが、暖を
      とるために利用した馬の死骸が本物って(((゚Д゚;))) 」

三畳間「美術さんが本物っぽい馬の死骸を用意するとかじゃ
       ないんだ (゚A゚;)  」

無知「リアリティを求めたら本物を使おうと・・・」

三畳間「ディカプリオはベジタリアンなのにバイソンの生の肝臓を食うって
       スゲーなぁ(゚〜゚)  」






雑誌部「NETFLIX特集には世界中で話題になっている政界ドラマ
      『ハウスオブカード 野望の階段』が紹介されていますね」

無知「日本でも面白い政界ドラマを作って欲しいんだけど・・・
       政界ドラマは鬼門だからなぁ(´・_・`) 」

三畳間「三谷幸喜さんの『総理と呼ばないで』や石橋貴明さん主演の
      『レッツ・ゴー!永田町』や吉田栄作さん主演の映画【国会へ
      行こう!】などがあるけど社会現象になるような政界ドラマは
      まだ無いよね(´-д-`) 」

無知「WOWOWが頑張って作ってくれたりしないかなぁ・・・」

posted by クロ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

ご家族は全員、透派!? の巻

『エンタミクス 2016年6月号』で雑談する会

雑誌部「窪田正孝さんの《初恋エンタ》インタビューには『あぶない刑事』の
      ある意味貴重なエピソードが!」

無知「これは仲村トオルさんの好感度がアップする!?w」

雑誌部「母が仲村トオルさんの大ファンで。僕が生まれる前、両親が横浜で
      デートしている時『あぶ刑事』のロケに遭遇し、父は仲村さんに
      母と一緒に写真を撮らせてくださいと直談判したらしいんです。
      仲村さんも気さくに対応してくださって。今でも我が家に母と
      2人の写真が飾ってあります(笑)=v

三畳間「窪田さんが仲村さんと映画かドラマで共演したら番宣番組のインタ
      ビューで何度も聞かれることになるんじゃないの?w 」





雑誌部「池田エライザさんの《初恋エンタ》インタビューが載っていますね」

無知「初恋エンタが若手女優の定番である少女マンガやアニメじゃなくて
     1960年代の【ひなぎく】というチェコ映画って渋すぎ(゚ε゚) 」

三畳間「池田エライザさんが好きってだけで気になる人も多いだろうけど
     【ひなぎく】の説明文を読んだら俄然興味がわくよ(´・∀・`) 」

雑誌部「共産主義下の1966年チェコで、女流監督ヴィラ・ヒティロ
      ヴァーが生んだガールズムービー。ともに“マリエ”と名乗る
      2人が、自由奔放の限りを尽くし楽しむ映像をポップに
      とらえた。冒頭とラストを爆撃シーンで挟むなど、反政府
      メッセージも色濃い時代を超えたカルト映画=v

三畳間「【ひなぎく】好きの母親の影響で幼稚園くらいの頃から
      いつも観ていたなんてスゴいな(;゚Д゚)  」

posted by クロ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

善人顔の俳優だけでR18映画を作ったらヒットするんだろうか? の巻

『エンタミクス 2016年6月号』で雑談する会

雑誌部「大泉洋さんのインタビューが載っていますね」

三畳間「[大泉洋 歴代キャラ図鑑]に【パコダテ人】が役付きデビュー作品って
      紹介されている事は本人も事務所側も【ガメラ2 レギオン
   襲来】を黒歴史化している!?w 」

無知「エキストラ出演扱いだったから[キャラ図鑑]で紹介するに値しないって
      判断でしょ?」


雑誌部「映画【アイアムアヒーロー】特集には、原作者の花沢健吾先生と
      主演の大泉洋さんの対談が載っていますね」

無知「てっこは元カノがモデルだったんだ( ´▽`)  」

三畳間「花沢先生と大泉さんのツーショットの写真の
      大泉さんの“Dr.マシリト”感が、スゴいな(^皿^) 」



無知「福島放送の『水曜どうでしょうClassic』再放送の合間に
      【アイアムアヒーロー】の宣伝CM流れると感慨深いものが
       あるよ(´・ω・`)  」

三畳間「確かに・・・まさか、世界ファンタスティック映画祭を
      制覇するような俳優になるなんてねぇ・・・」

無知「今回、表紙を『世界一難しい恋』の大野さんと波瑠さんや
      【テラフォーマーズ】の伊藤さんと山Pさんを起用せずに
      大泉さんにしたのは表紙が大泉さんの方が売れるって事で
      しょ!?」

雑誌部「編集部にも大泉さんのファンは多いですからねぇ(´ー`)  」





雑誌部「【殿、利息でござる!】特集には、阿部サダヲさんのインタビューが
      載っていますね」

無知「阿部さん、悪い人をやってみたいんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「いい人が続いたので、悪い人をやってみたい。昔は「人
      殺したことがあるでしょ?」って言われることもあったのに、
      最近穏やかになっちゃったかなと。また“阿部サダヲって
      どんな人かわからない”と思われるような役を演じてみたい
      ですね」

三畳間「大泉洋さんもインタビューでそういえば、悪役という悪役はやって
      ないですね。もちろん興味はあります。【レオン】のゲイリー・
      オールドマンが演じたイカれた刑事とかいいですね。
      突然、極悪人を演じるかもしれないから、油断しないで
      ください(笑)≠チて、言ってるから、ぜひとも良いイメージの
      俳優さんだけをキャスティングして極悪人を演じさせる映画を
      作って欲しい(´∀`) 」

posted by クロ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

漫先生は、ゆとりとボケ老人の知恵比べを描いてみたかったのか!? の巻

『エンタミクス 2016年6月号』で雑談する会

雑誌部「《どっちがどっち? 今さら聞けない王道エンタの見分け方
        教えます》で気になったジャンルありますか?」

三畳間「『ジャンプ』系雑誌の特集をするって・・・漫・画太郎先生との
       独自のパイプがあるのが先月号で判明したけど
       集英社出身の編集者でもヘッドハンティングしたのかな?」

無知「『ジャンプを』世界に誇る最強の漫画誌群≠チて、ベタ褒め
       しちゃってるけど・・・」

雑誌部「『ブルータス 2016年2月15日号』の漫画特集にも
      漫・画太郎先生のインタビューが掲載されているんですが
      メールでのインタビューならどのメディアでも可能だった
      みたいですね」

無知「そうだったんだ(°д°) 」





雑誌部「《まだまだ入れる春ドラマ 2016PART2》で
         気になったドラマありましたか?」

三畳間「ドラマは気にならないけど
        上川さんの発言は注目せざるを得ない (^皿^)  」

雑誌部「『沈まぬ太陽』のアフリカ・タンザニアのロケでは
       夜は外出禁止だった事から、上川隆也さんは持参した西尾
       維新先生の『物語』シリーズを読み、帰国後、真っ先に映画
       【傷物語〈鉄血篇〉】≠観たんですね」

三畳間「流石だ( ^ω^) 」

無知「アニメの話題、上川さんの事務所もNGにしていないのも
       改めてスゴいと思うw 」

posted by クロ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

少数派か・・・ の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「今回の《ニュー漫画大学》は、透明人間がヤクザ集団を襲うマンガ
       『アダムとイブ』ですね」

三畳間「大西さんが透明人間のマンガといえば日本の全人口の80%
      くらいが直感的に思い出すのが『Oh!透明人間』≠チて
      言うけど個人的には『こち亀』を真っ先に思い出しちゃったん
      だけどなぁw 」

雑誌部「コミック63巻に収録されている[想像力漫画の巻]ですね」

無知「残りの20%の人の中で『こち亀』を思い出した人は
      何%くらいだろ?w 」





雑誌部「《Hi-Ho-FiLe》で、何か気になった情報ありましたか?」

無知「あれだけ『秘宝』が起用しまくっていた二階堂ふみさんの新作が
      こんな扱いで紹介されているのは残念だなぁ(´・ω・`) 」

三畳間「【蜜のあわれ】よりさらに小さく紹介されている渋川清彦さんの
      【下衆の愛】だって、もう少し大きな扱いで紹介して
       欲しかったし(・з・) 」

posted by クロ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

スクリーンだと誤魔化せない!? の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「【モヒカン故郷に帰る】の沖田修一監督のインタビューが
       載っていますね」

無知「映画に使われたピザの話は実話がモチーフになっているんだねw 」

三畳間「監督の親戚のお坊さんが最後に食べたいものをピザと答えたことから
       インスパイアされて映画に巧いこと使われたんだ」

無知「インタビューした轟さんが【滝を見にいく】の事をおばさん映画の
       最高峰≠チてベタ褒めw 」

三畳間「今や沖田監督は素人のおばさん撮らせたら日本一!?w 」

無知「監督が俳優には出来ない不確定な芝居を求めているからこそ
       演技経験が無い人達から最大限にポテンシャルを引き出す
       ことが上手いんだろうね」






無知「【太陽】の入江悠監督のインタビューでは、近藤龍人カメラマンの
      話題が!」

雑誌部「ずっと以前からご一緒したかったんですけど、やっと初めて
      タイミングが合って。本当にすごいですよ。かなり苛酷な
      撮影条件だったんですが、近藤さんは納得のいく画が撮れる
      まで粘りに粘る。ちなみに、日の出を撮影するとき、僕、いちど
      寝坊して近藤さんに置いてかれましたからね(笑)=v

三畳間「疲れて眠っている監督を起こさないで撮影に行くなんて
      やさしいねぇ」


無知「【太陽】はSF戯曲を原作にしているけど、三谷幸喜監督の【ギャラ
      クシー街道】がコケちゃったからか、日本映画で、SF+演劇は
      鬼門ってイメージが強くなっているんだけど・・・」

雑誌部「深田晃司監督の【さようなら】が
         成功例として紹介されていますが・・・」

三畳間「【サマータイムマシン・ブルース】は
          映画よりも舞台の方が・・・」


雑誌部「入江監督が難しかったのは、僕と同世代くらいの日本映画の
      スタッフって、ほとんどSF映画の経験がないから、みんな
      初挑戦なんですよ。いちいち手探り。SF映画のノウハウが
      全然ない≠ニ日本映画界の知られざる危機を」

三畳間「アニメ業界だと入江監督と同世代がSF作品作れるんだろうけど」

無知「このまま実写の日本映画にSFモノを求めていかないと
      時代劇よりも先に日本映画界から消滅しちゃう!?」

posted by クロ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

激烈に創作意欲が溢れ出ていることを感じながら活動していた監督 の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「【リップヴァンウィンクルの花嫁】の岩井俊二監督のインタ
       ビューは、他のインタビューでは読めない岩井俊二監督の
       ブラックな面を見せていますね」

三畳間「【リップヴァンウィンクルの花嫁】にAVの話があるのは
       知り合いの監督が企画していたAV女優の映画に岩井監督が
       便乗?取材したことがキッカケだったんだ(°д°) 」

無知「もう一つ影響したことが・・・」

雑誌部「実際はAV女優だったのに箝口令が敷かれてAV女優じゃないって
       設定でヒットした某花嫁の映画がありましたが、「花嫁が
       AV女優っていう設定のほうが絶対いいよね。なんでわざわざ
       消し去ったの?」って言ってたんです。これの影響がちょっと
       あったかも知れないですね。そういういろんなものが
       折り重なったんです=v

三畳間「【余命一ヶ月の花嫁】の事か・・・」

無知「そりゃ、AV女優って設定だったら宣伝も限られてしまうし
      あそこまで大ヒットしなかったでしょ(´-д-`) 」

三畳間「でも、岩井監督がAV女優設定で【余命一ヶ月の花嫁】を撮ったら
      話は別でしょ?」

無知「岩井監督なら観たいという女性客も多いだろうし、花嫁を演じたいって
      女優も多いだろうからヒットするだろうけど・・・」



三畳間「岩井監督脚本の『なぞの転校生』は小栗旬さん主演の【ルパン
      三世】に大きく影響されてたんだw」

雑誌部「最初、編集は僕がやる予定じゃなかったんですけど、編集の人が
      あまりあげてくれなくて。あとで聞いたら【ルパン三世】に
      引っ張られてそっちに行っていた(笑)=v

無知「【ルパン三世】のお陰で岩井監督編集版の『なぞの転校生』を
      見ることが出来たんだ(^ヮ^) 」



三畳間「『なぞの転校生』が岩井作品と同じ雰囲気なのは、カメラマンの
      神戸千木さんが篠田昇さんの継承者と呼ばれている人だった
      からなんだ」

雑誌部「岩井作品のカメラの種類の話も興味深いですね」

無知「【ヴァンパイア】はキャノンの一眼レフ!」

三畳間「【リップヴァンウィンクルの花嫁】はRED」

無知「REDだと本当に自分のクセと好みで自分色に染めるみたいなことが
      できちゃう感じ≠ネんだね」

三畳間「REDは画を明るくするのが大変なんだ( °_° ) 」

雑誌部「人物にライトを当てるとか言い出すと、デカいライトが出てきて
      機動性が落ちるので、僕なんかは小型のLEDライトを持って
      行って、薄っすら人物に当てるんですね。当て方によっては
      プロが見ても後ろに大きなライトがあるんだろうと騙されるん
      です=v

無知「小型LEDでプロを騙せるってスゲーなぁ(;゚Д゚)  」

三畳間「『水曜どうでしょう』の[四国R-15]の裏話を思い出す」

無知「あぁ、照明に私物の間接照明を使ったり、クルマの玩具に
      カメラを載せて撮影したりと当時の自主映画を作っている
      連中には勉強になったっけ(・з・) 」

posted by クロ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

映画から煙草が消える日も近い!? の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「【無伴奏】の特集には、斎藤工さんと成海璃子さんのインタビューが
        載っていますね」


無知「本来、連載でお世話になっている二人を表紙に起用して【無伴奏】を
        全面的にバックアップしなきゃダメでしょ(・з・) 」


雑誌部「3ページの特集なのはちょっと寂しいですね(^_^;) 」




無知「矢崎監督の拘りぶりがわかるエピソードが・・・」


雑誌部「衣装合わせが1日で終わらない」


三畳間「着心地まで気にする監督は珍しいんじゃないの?w 」




無知「ラブシーン裏話を知ると俳優って改めて
       スゴいなぁと感心したくなるよ( ゚д゚) 」


雑誌部「2人の身体の位置や動き、体勢などをほぼ裸の状態で何時間も
      何時間もずっと試行錯誤してました=v




三畳間「テレビドラマからは消えかけている喫煙シーンだけど
      【無伴奏】では重要なアイテムとして使われているんだね」


雑誌部「キャラクターごとに、それぞれ銘柄も指定されていた=v


無知「斎藤さんも煙草を吸いながらの会話って独特のテンポになるので、
      特有のリズムが生まれてくると思います≠チて言っているけど
      テレビからも映画からも喫煙シーンが少なくなると独特の
      テンポの会話が見られなくなってしまうんだろうねぇ 」

posted by クロ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

あれから15年か・・・ の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「熱狂的なファンを生み出しまくっている【孤高の遠吠】小林
      勇貴監督のインタビューが載っていますね」


無知「PFF裏話が興味深すぎる( °_° )  」


三畳間「グランプリ確実だと思われた作品が獲れなかった理由が・・・」


雑誌部「映画祭の賞というのはお金が絡むし、いろんな思惑の絡んだ
      賞なので、映画の良し悪しとか、面白さではなく“渡し
      やすさ”で決まることが大いにある≠ニ言われたんですね」


三畳間「でも、ゆうばりでは見事グランプリをゲット!」


無知「審査委員長が柏原さんじゃなかったら賞に絡まなかったかもね」


三畳間「小林監督って若いと思っていたけど【バトル・ロワイアル】を
      観たのが小学生の時なんだ(°Д°;) 」


雑誌部「1990年生まれですから」


無知「【バトル・ロワイアル】は先日、中古DVDワゴン市で偶然見つけて
      入手したばかりだよ」


三畳間「『映画秘宝 vol.20』の【バトル・ロワイアル】裏設定集に紹介
      されていた、実現しなかった設定が実現していたら評価が
      さらに違っていたのに・・・」


無知「【バトル・ロワイアル】観た数日後に中古DVDワゴン市で入手した
      【リンダリンダリンダ】を観てたら【バトル・ロワイアル】に
      出演していた前田亜季さん、三村恭代さんが【リンダリンダ
      リンダ】でも共演していた事に今更気付いたと思ったら
      しばらくして【リンダリンダリンダ】公開時に共演している
      ことを指摘していたことに気付くって・・・記憶力が低下
      しているのか低下していないのかわからなくなったw 」

posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月19日

チョーさんに罪は無い の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「映画【つぐもの】で初主演された石倉三郎さんのインタビューが
          載っていますね」


無知「【長嶋茂雄殺人事件】裏話が興味深い( °_° )  」


雑誌部「【四十七人の刺客】の撮影が終わった後に市川崑監督から
      【長嶋茂雄殺人事件】出演のオファーをされていたんですね」


三畳間「高倉健さんと石倉さんがコンビの刑事役!!」


無知「クランクイン直前にオウム真理教の事件の影響で
       製作が中止になったんだ(゚A゚;)   」


三畳間「長嶋さんの関係者からの圧力とかだと思っていたら
       オウムの事件が原因だったとは・・・」


雑誌部「高倉健さんが黒澤明監督の【乱】に
       スケジュールNGで出演する事が出来なかったというのも
       驚きのエピソードですね( ゚д゚)  」


無知「この映画の事って、『秘宝』で、幻に終わった日本映画の特集
       したときに載ってたっけ?」


雑誌部「『映画秘宝 2014年7月号』の[70's以後 失われた映画史年表
       邦画編]に紹介されていましたが、製作中止の詳細は
不明でした(゚〜゚)  」


無知「未完に終わった映画企画だけのムック本を
        作ってくれないかなぁ(´゚ε゚`) 」

posted by クロ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月18日

疲れていると自分の名前さえ間違うことはあるけどさ・・・  の巻

『映画秘宝 2016年5月号』で雑談する会

雑誌部「《春の東京・名画座3連発》の千葉泰樹監督の記事で
        熊切和嘉監督の名前が間違って掲載されていますね(^_^;)」

無知「熊切和嘉じゃなくて“熊切知嘉”になっている(´・ω・`)  」

三畳間「磯田さんが熊切監督の名前を間違う可能性は無いと思う・・・」

無知「バイトの子が多忙で体調も悪くてボーッとしてた事で
       ありえない間違いを起こし、その後チェックした編集長も
       気付かずに掲載された?」

雑誌部「凡ミスですけど・・・変換ミスじゃないのが気になりますね」

無知「 確信犯!? 」

三畳間「先月号の山本浩司さんに続き・・・『秘宝』は大阪芸大出身者に
        何か恨みでも?w 」

雑誌部「疑いたくなる気持ちは・・・分かりますが(´・ω・`) 」

三畳間「2号連続で大阪芸大出身者の名前を間違えた事に対して
       何かあるんじゃないかって思うのは、おかしいことじゃ
       ないでしょ?」

雑誌部「あんまり凡ミスを叩くとブーメランで戻ってきますから・・・」

三畳間「誤字・脱字・勘違いミスは多々あるけど、数人しか読んでいない
       全く影響力が無いブログとは違って、何万人も読者が居る
       『映画秘宝』には監督や俳優の名前の凡ミスは気をつけて
       ほしいでしょ(゚〜゚) 」

無知「お詫びとして、大阪芸大出身の映画関係者を特集したムック本を
       作るべきだ  ヽ(`Д´)ノ   」

三畳間「モルモット吉田さんか森直人さんが監修で \(`∀´)/ 」

無知「新作が公開する大阪芸大出身監督や俳優なら宣伝兼ねたインタビューを
         断らないだろうから」

三畳間「今、大阪芸大ムック本を作るチャンスなのは間違いない!?」

雑誌部「監督だったら【シン・ゴジラ】の庵野秀明監督、【ディアス
         ポリス】熊切和嘉監督、【オーバーフェンス】【ぼくの
         おじさん】山下敦弘監督の他にも沢山居るな」

三畳間「脚本家から向井康介さん、俳優なら山本浩司さん、前野朋哉さん」

無知「カメラマンだと近藤龍人さんね( ´▽`)  」

三畳間「結構、需要はあると思うけどなぁ(゚ε゚)   」

posted by クロ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月17日

面白いテレビ番組を見たいなら、やっぱり日本放送協会!? の巻

『TV Bros. 2016年4月9日号』で雑談する会

雑誌部「岡村靖幸さんの連載《あの娘と、遅刻と、勉強と》のゲストは
      小山田圭吾さんですが・・・テレビ雑誌の連載なのにテレビを
      見ない話が(^皿^)  」

無知「小山田さん、今はほとんど見ないですね。90年代くらいからは
      見なくなった≠チて・・・」

三畳間「でも、昼ご飯の時に『ミヤネ屋』は見ているんだ(´ε` ) 」

無知「地上波は見なくなったけど、Amazonプライム三昧なんだね( ゚д゚) 」

三畳間「バラエティ番組や芸能人に興味が無い人は
          地上波を見る習慣が無くなるか・・・」



雑誌部「細野晴臣さんと星野源さんの連載《地平線の相談》では
         NHKの『ドキュメント72時間』の話題がw 」

無知「芸能人に『ドキュメント72時間』ファン多いけど
      星野さんも細野さんもチェックしているんだなぁ(´・∀・`) 」



雑誌部「大根仁監督が連載《中春スケッチブック》で、最近の『テレビ
       ブロス』の編集方針に一言物申すのかと思ったら・・・」

無知「思えば、ここ1〜2年送られてくるブロスをかつてほど
      熟読することはなくなった。看板であるはずの連載コラムも
      松尾さん、岡村ちゃん、天久さん、マキタスポーツ、風間
      俊介、岩井君など知り合いのコラムしか読んでいない≠チて
      意見は同感だよ」

三畳間「映画情報も音楽情報も一応は目を通すが、「おっ、これは
      チェック!」みたいなことも少なくなった。最近やたらと多い
      アニメやアイドルの特集に至っては読んでもほとんど頭に
      入ってこない≠ニいうのも同感でしょ(゚ε゚) 」

無知「昔は読みながらゲラゲラ笑っていたピピピクラブも、テレビ自体を
      あまり観なくなったせいもあり、「ふぅ〜ん」以上でも以下でも
      ない≠ニ思っている読者、少なくないと思う」

雑誌部「大根仁監督曰くこれは別にブロス自体が面白くなくなったとか、
      サブカルより売れる方向にシフトチェンジしたとか、紙媒体に
      おけるツッコミという行為がネットに比べて新鮮味がないとか、
      そういう問題ではない。以前誰かが「人間は未来より過去の方が
      長くなると、新しい情報を欲しなくなる」みたいなことを言って
      いたが、おそらくそういうことだろう≠ニ仰っていますが」

無知「確かに一理ある」

雑誌部「大根仁監督は本や漫画、音楽や映画に関しても新作をチェック&
         バイすることはめっきり減った≠ニ」

三畳間「新しいものを受け入れることより、昔楽しかったことを振り返る方が
         良いって思っちゃうのも、そういうことなんだなぁ・・・」

雑誌部「そんな大根仁監督ですが
    楽しみにしている番組を発表されていますね」

無知「NHKの『サラメシ』とNHK BSプレミアで再放送している『グレート
       トラバース 〜日本百名山一筆書き踏破〜』」

三畳間「『グレートトラバース』は15分の登山番組なのか(゜ロ゜) 」

無知「山登り番組っていったらテレビ朝日の『大人の山歩き〜自分に出会える
        百名山〜』も面白かったよね ( ´▽`)  」

三畳間「個人的には『タモリ倶楽部』で話題になった自撮りの登山家が撮った
       映像を地上波で流す局があっても良いと思うんだがw 」

雑誌部「山岳ガイドであり、自分撮り映画監督の吉野和彦さんですね」

三畳間「ローカル局で良いから
        5分のミニ番組枠で放送出来ないかなぁ(^ヮ^)  」

posted by クロ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月16日

ユカ役にも注目しなきゃダメなんだってばよっ の巻

気になる雑誌の記事で雑談する会

雑誌部「最近発売された日本映画の情報が掲載されている雑誌で
       気になった記事はありますか?」


無知「『Cinema☆Cinema No.63』『シネマスクエアvol.84』
       『+act. 2016年6月号』『J Movie Magazine Vol.10』など
       色々な映画雑誌が【ヒメアノ〜ル】の特集をしているけど
       森田剛さんと濱田岳さんとムロツヨシさんのインタビューが
       多く、吉田恵輔監督のインタビューが少ないのが残念」


雑誌部「『+act. 2016年6月号』には、森田剛さんと吉田恵輔監督のインタ
       ビューがありますが・・・」


三畳間「現役のジャニーズのアイドルが殺人&過激暴力シーンを演じるのは
       当然スゴいけど、唯一、『日本映画navi vol.63』のインタ
       ビューで、吉田恵輔監督が佐津川愛美さんが脱いでいる事に
       触れているね(*´v`*)  」


雑誌部「吉田恵輔監督が原作ファンを無視してキャスティングしたからには
       暴力描写だけじゃなく、上半身裸で破れた黒ストッキング
       姿など、佐津川愛美さんの体当たり演技が高く評価されると
       良いんですが・・・」


無知「日本アカデミー賞やスポーツ新聞系の映画賞は大人の事情で
       ノミネートさえ出来ない可能性があるだろうけど・・・
       日本プロフェッショナル大賞やヨコハマ映画祭、高崎
       映画祭で、助演女優賞を獲って欲しいなぁ(´▽`)  」


三畳間「この映画をキッカケにブレイクしたら【ヒメアノ〜ル】のヌードが
       お宝映像化するでしょ(*´3`*) 」


無知「【腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】からブレイクしそこねた感が
       あったけど・・・吉高由里子さんや尾野真千子さんみたいに
       脱いだ後にブレイクするパターンになるのか、脱ぎ損と
       言われるパターンになるのか、どっちに転ぶんだろう・・・」


三畳間「【海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ】から
       10年か・・・谷村美月さんに負けないくらいの演技力が
       あるんだけど、中々当たり役といえる作品に出会えていない
       のが残念だったけど【ヒメアノ〜ル】で女優人生が変わると
       良いんだけどねぇ( ´_ゝ`)  」

posted by クロ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

本屋に行くキッカケに・・・ の巻

気になる雑誌の記事で雑談する会

雑誌部「最近発売された日本映画の情報が掲載されている雑誌で
       気になった記事はありますか?」


無知「『文藝春秋 2016年6月号』のJTの広告でジブリの鈴木敏夫プロデュー
       サーの連載が始まって、対談のゲストが松任谷正隆さんで
       【魔女の宅急便】裏話や【時をかける少女】秘話が
       載っていて面白いよ(´・∀・`) 」


三畳間「『ローリングストーン日本版 2016年6月号』に載っている
       映画の喫煙問題は興味深い( °_° ) 」


雑誌部「《特集 表現の規制をするのは誰か 〜映画編〜》では、映画倫理
       委員会委員長の大木圭之介氏、山本又一朗プロデューサー、
       日本映画監督協会理事長の崔洋一監督、映画評論家の町山
       智浩さんのインタビューが載っていますね」


三畳間「映倫の人のインタビューなんて初めて読んだかもしれない( ゚д゚) 」


無知「山本プロデューサーや崔監督、あんまり映倫を敵視して
   ないんだなぁ (・з・) 」


三畳間「町山さんの中国映画事情やディズニーの表現問題は
       映画専門誌でも取り上げて欲しいよ(´-д-`) 」


無知「本来、喫煙シーンや暴力描写の問題は映画専門誌で大々的にやるべき
       案件なんだけどなぁ(´・_・`)  」


三畳間「あと、個人的には毎回楽しみなケンコバさんの[TENGA]対談も
       読んで欲しいんだけどさ(^皿^)  」


雑誌部「《SHIKO-TALK Presented by TENGA》ですね」


無知「今回のゲスト、大根仁監督かよっ!」


三畳間「五反田の風俗話がww 」


雑誌部「『ローリングストーン日本版』は、今号からリニューアルしたので
       本屋で一瞬気付かない読者も多いかと思われます」

posted by クロ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

それならボクも見てみたい の巻

『TV Bros. 2016年4月9日号』で雑談する会

雑誌部「【モヒカン故郷に帰る】特集には、沖田修一監督と主演の松田
       龍平さんと前田敦子さんのスペシャル鼎談が載っていますね」

無知「【キツツキと雨】では、星野源さんが主題歌を歌っていて、【モヒカン
       故郷に帰る】では、細野晴臣さんに音楽を頼んだって話で
       森さんが『ブロス』の連載に触れていないのが残念(^_^;) 」

三畳間「星野さんと細野さんは『ブロス』の連載《地平線の相談》コンビ
       なんだから編集部はスケジュール調整して沖田監督と
       細野さんと星野さんのスペシャル鼎談を実現させて
       欲しかったよ(´゚ε゚`) 」






雑誌部「今回の片桐仁さんの連載《おしえて何故ならしりたがりだから》の
       テーマは[法律相談事務所]ですね」

無知「周防監督の【それでもボクはやっていない】は
       弁護士も納得のリアリティだったんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「映画の【それでもボクはやっていない】は、もはや教則ビデオか
       っていうぐらいのリアリティ。内容が正確すぎて、弁護士と
       しては、むしろフィクションとして楽しめないくらいの
       レベル≠ニ言わしめるほどなんですね( °_° )  」

三畳間「和解が多い時期があるって“裁判所あるあるネタ”は
       興味深いなw  」

雑誌部「裁判所で和解が多い時期が年に2回あり、1つは年末。年を越す
       前に楽になりたいから。もう1つが3月末。4月になると人事
       異動で裁判官が変わってしまう可能性があるため≠ニは
       知りませんでしたね(´・∀・`)  」

無知「裁判所コメディ作品を誰か作ってくれないかなぁ(´ε` ) 」

posted by クロ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月15日

疑う気持ちを理解出来る読者は少ないでしょ? の巻

『TV Bros. 2016年4月9日号』で雑談する会

雑誌部「ローカル番組特集では『ゴリパラ見聞録』『いろはに千鳥』が
       特集されていますね」

三畳間「『ゴリパラ見聞録』が4ページ、『いろはに千鳥』が2ページか」

雑誌部「テレビユー福島でも『ゴリパラ見聞録』が放送されましたね」

三畳間「『ごぶごぶ』もお試し放送が何度かあったけど、結局は
         レギュラー放送されることはなかったからなぁ・・・」

無知「こんな特集するなら
         ローカル番組だけでムック本作って欲しいんだけど」





雑誌部「『昼のセント酒』主演の戸次重幸さんのインタビューには
       銭湯で全裸のグラビアも載っていますね」

無知「全裸グラビアは女性読者と一部の男性向けのサービス?w 」

三畳間「TEAM NACS繋がりで、大泉さんの次に戸次さんの特集じゃなくて
       間にローカル番組特集と松井玲奈さんのインタビューを
       挟んだのは松井さんのインタビューで飯塚健監督のことに
       触れられているから?」

雑誌部「戸次重幸さんが飯塚健監督の奥様である井上和香さんと
         付き合っていた事は事実ですけど・・・ほとんど
         言い掛かりですよ(^_^;) 」

無知「そこまで『ブロス』側に悪意がある編集者は居ないと思うし(゚〜゚)  」

三畳間「じゃ、戸次さんの特集の次のページの松尾スズキさんの連載で
       サウナの話題をしているだから全裸繋がりって事?w 」

雑誌部「それも関係無いかと(´・_・`)  」

posted by クロ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月13日

世界を魅了するローカルスター の巻

『TV Bros. 2016年4月9日号』で雑談する会

雑誌部「映画【アイアムアヒーロー】特集なので
           表紙は主演の大泉洋さんですね(´・∀・`) 」

無知「戸次さんが大泉さんのオマケ的扱いで表紙に(´ε` )  」



三畳間「【アイアムアヒーロー】の原作者の花沢健吾先生のインタビューには
       映画業界関係者が喜ぶ発言が!? 」

雑誌部「原作者の立場としては、まず観客として楽しみたいというのが
      あるので、基本は自由にやってほしいというスタンスです。
      映画としておもしろくなるのであれば、原作からどんどん変えて
      ほしいし、むしろ漫画をそのまま実写にするだけでは、映画に
      する意味がないので=v

無知「原作者が口を挟みすぎるのも問題だけど、原作ファンを逆なでする
        改悪はもっと問題になるからなぁ(´-д-`) 」

三畳間「実写化された時に炎上するのは“原作とは違う映画オリジナルの
      設定やストーリーが許せない”“ハリウッド映画に比べて
      CGがプレステレベルにがっかり”“大人の事情丸出しの
      キャスティングに興醒め”とかでしょ(´゚ε゚`) 」

無知「そういう意味では【アイアムアヒーロー】は、久々に原作ファンも
        納得のクオリティになった実写化映画?」



三畳間「銃の免許の裏話が興味深い( °_° )  」

雑誌部「英雄は趣味として猟銃を所持していますが、漫画で
      描くときに、そういう方に取材をしたんです。
      そうしたら、やはり銃の所持って相当に審査が厳しいんです
      って。社会的にも人間的にも、超まともじゃないと許可が
      下りない。許可書を渡すときも、わざと警察官がケンカ腰で
      突っかかってくるらしく、そこで少しでもイライラした態度を
      とったらダメだとか。英雄の及び腰の性格は、そういう
      リアリティに基づいています=v

無知「アンジャッシュの渡部さんが免許取ろうか悩んでいたけど、近所に
      警察が身辺調査が入るから断念したって『ビートたけしの
      TVタックル』で言ってたっけ(・з・)  」

雑誌部「芸能人だと色々と大変でしょうね(^_^;) 」

三畳間「そう考えると、女優の杏さんが免許持っていることに
      改めて驚いてしまうなぁ( ゚д゚)  」




雑誌部「大泉洋さんと有村架純さんのインタビューも載っていますね」

無知「カメラの性能が良くなったから
       ヒゲが大変って話は知らなかった(゜ロ゜)  」

雑誌部「昔の付け髭は、裏がメッシュ状だったんですけど、今はカメラの
       性能が良くなって、それだとバレるんですよ。だから本当に
       一本一本髭を貼りつけてね。あれは時間もかかるし、ご飯を
       食べるのも大変だし、撮影終わってもすぐに帰れないしで、
       大変だった=v

三畳間「時代劇でカツラが大変だって話はよく聞くけど、髭もバレちゃう
       くらいカメラの性能は良くなりすぎているんだ(;゚Д゚)  」



無知「尺の関係で泣く泣くカットシーンがあるって勿体無いな(゚ε゚) 」

雑誌部「原作に描かれている英雄の手遊びとかは、現場でもやってたん
          ですが、尺の関係で監督も泣く泣くカットせざるを
          得なかった=v

無知「完成したバージョンが上映時間が2時間を越えているのに
       泣く泣くカットしたシーンがあるって事は、最初の編集
       段階では3時間に近い編集バージョンだった可能性も?」

三畳間「まぁ、カットされたシーンはソフト化の際に特典映像として
        収録されるんだろうけど(´゚c_,゚` )  」

無知「大ヒットしたらディレクターズカット版とか作るんじゃないの?」

三畳間「泣く泣くカットしたシーンを使った完全版を観てみたいって人は
        多いでしょ( ゚∀゚ )  」

posted by クロ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月12日

いい映画を撮れば撮るほど予算が低くなる国の映画界に未来はあるのか? の巻

『映画秘宝 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「【マジカルガール】特集には、カルロス・ベルムト監督と園子温
       監督の対談が載っていますね」


無知「自主映画の製作費でその国の基準がわかるって話は
         興味深いね( °_° )  」


雑誌部「アメリカや中国じゃ1億円
          日本だと自主映画の相場は500万円=v


三畳間「カルロス・ベルムト監督曰く
    スペインは6千万くらい≠ネのか( ゚д゚)  」


無知「日本の場合、本当の自主映画なら100万円以下で撮っている人の方が
         多いでしょ(´-д-`)  」


三畳間「アメリカでは日本の大作映画と言われる製作費が中規模扱いだけど
       中国の1億円には驚いちゃう人も少なくないんじゃ?」


無知「中国が1億円って・・・
    映画製作が活発化している証拠かもね(´゚ε゚`)   」

posted by クロ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月11日

生みの親が語る裏話が気になるんだってばよっ の巻

『映画秘宝 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「3号連続企画《【ビー・バップ・ハイスクール】30周年特集》
        大トリは原作者のきうちかずひろ先生ですね」

無知「東映の前に日活も『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化を
        狙っていたんだ(゜ロ゜)   」

雑誌部「映画よりも先に日本テレビのバラエティ制作班からドラマ化の話が
      あったもののこれをやられちゃうと自分にとって損だな≠ニ
      きうち先生が判断し、断ったと( °_° ) 」

三畳間「その判断は正しかっただろうね」

雑誌部「漫画を原作にしてコメディタッチな明朗青春映画的なものを
      作りたい≠ニ日活から言われて日本テレビの時と同じく
      お断りしたと」

無知「きうち先生が映画をやるんだったら東映セントラルフィルムかディ
      レクターズ・カンパニーとか、そういう感じが望ましい≠ニ
      要望したら上手いことに両方合体した形のお話が
      来るというミラクルが!」

三畳間「日テレや日活からのオファーを断ってて良かった(´ε` ) 」

雑誌部「東映の黒澤さんから鈴木清順監督の【けんかれいじ】みたいな
      感じの映画にしたい≠ニ言われて、きうち先生は映画の
      【けんかれいじ】は観たことがなかった≠ェテレビドラマ版の
      『けんかれいじ』が大好きだったことから映画化をOKしたが
      その後、鈴木清順版を観たら、「あれ?自分が思っていた
      ものとちょっと違うな……」って(笑)≠ニいうオチがw  」

無知「結果オーライ?w 」



三畳間「きうち先生は原作者として映画に深く関わっていたんだ( ゚д゚) 」

雑誌部「オーディションに立ち会っているんですね」

無知「オーディションでは仲村トオルさんの事を強く押してたんだね」

雑誌部「脚本を作る上でもアドバイスをされていた≠閨A1作目で、
      今日子の家で泥酔したトオルとヒロシが歌う曲≠フ変更も
      きうち先生の指示だったと」

三畳間「今日子の家が造り酒屋って設定になってたのが驚きで≠ニ
      原作には無い設定に対してはクレーム入れなかった!?」

無知「原作者も怒らず、原作ファンも造り酒屋設定には
      それほど違和感が無かった?」



雑誌部「シリーズ5作目【高校与太郎音頭】に登場する、トオルたちの
      溜まり場のバス喫茶のマスターの役が泉谷しげるさんではなく
      菅原文太さんに最初はオファーしていたって驚きの
      事実が(°Д°;)  」

三畳間「シリーズ5作目でマンネリ化してきたから何か目玉が欲しいと思って
      菅原文太さんに出演のオファーをしようと思ったとしたら
      気持ちは理解出来なくもないが・・・」

無知「きうち先生がいやいや、菅原文太さんにこんなことさせちゃ
      いけない≠ニ言って、泉谷しげるさんが適役だと周りを
      納得させたと」

三畳間「泉谷しげるさんはこの顛末を知っているんだろうか?w 」

posted by クロ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記