2014年10月31日

魅力は大画面と大音量だけじゃないんだってばよっ の巻

『ぴあ Movie Special 2014 Autumn』で雑談する会(2)

雑誌部「《映画好きの皆さんに緊急アンケート!
         映画館について聞きました!》で気になったアンケートの
         答えありました?」

無知「武田梨奈さん、新橋文化劇場に2本立てを観に行ってたとは
   スゴいな(゜ロ゜)   」

三畳間「中3か高1の頃に新橋に2本立てを観に行くって渋すぎるだろ(・з・)」

無知「何、観たんだろ?w  」




三畳間「英国人と日本人のハーフの中条あやみさんは
         フランス映画を目黒で観るのが好きなんだ(´・∀・`)  」

無知「目黒シネマか・・・まさか、新橋には行かないよね?w  」




雑誌部「西田征史氏の【里見八犬伝】のエピソードは
             ホラー映画では多そうですよね」

無知「前のめりになりかぶりついて鑑賞していた時、突如“大蛇の
        アップ”が映し出され、驚きのあまりひっくり返ったことが
        ありました。照れ臭かったものの、隣席のおじさんも同様に
        ひっくり返っていたので、互いに照れ笑いを浮かべ、なんだか
        ニヤニヤしながらその後映画を見続けたことを鮮明に覚えて
        います。この時、“見ず知らずの人と同じ空間で同じ作品を
        見て時間を共有する”という映画館で観る醍醐味を初めて
        味わった気がします≠ゥ」

三畳間「広末涼子さん主演の映画【秘密】の試写会の時に
隣の女性からビールをこぼされたのも今となれば
良い思い出だったりする(´ε` ) 」




雑誌部「田中要次さんのことを“(BoBA)”って表記してくれたのは
        GJですね(^ω^) 」

無知「態々表記してくれる雑誌も少なくなったからなぁ(゚〜゚) 」

三畳間「渡辺大和さんが“(黒猫チェルシー)”って表記されているから
        “(BoBA)”のことをバンド名と勘違いする読者
        居るんじゃないの?w 」
posted by クロ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月30日

みうらさんが あと4年でシルバー割引になるって・・・ の巻

『ぴあ Movie Special 2014 Autumn』で雑談する会(1)

雑誌部「《“映画の秋”といえば・・・・・・やっぱ 映画館でしょ!
          映画好きに聞く“映画館”の魅力》は良い特集ですね」

無知「みうらじゅんさんは新宿武蔵野館の魅力を語っているね(´・∀・`) 」

三畳間「今はほとんどの映画館が座席指定だけど、武蔵野館は
         指定じゃなくて整理番号順に席が選べるのが嬉しいよね。
         指定だとヘンなオッサンの隣になっても逃げられないし
         ねえ(笑)≠チて言うけど、みうらさんを知らない人は
         みうらさんの事を確実にヘンなオッサンだと思うでしょw 」

雑誌部「みうらさん、夢の【ルパン三世】2本立を希望していますね」

無知「小栗ルパンと目黒ルパンの2本立てってw 」

三畳間「初日の上映後に小栗さんと目黒さんがトークショーしたら
           間違いなく話題になるよね(´ε` )  」

雑誌部「みうらさんが昔は映画館って、もっと暗かった印象がある。
         子どもの頃は、なんとなく大人の匂いがして、ちょっと
         怖さもあって、ドキドキしたもんですよ≠ニ仰っていますが
         最近は映画館に来た親子連れが暗くて子供が怖がると
         親から映画館側にクレームがあるみたいですけど・・・」

無知「じゃ、映画館に来るな!って言ってはダメなんだよねぇ(´-д-`)」

三畳間「客商売だし、シネコンだったらクレーマーに屈して
           真っ暗にしない配慮をしちゃうか・・・」

雑誌部「映画館に行くというだけで、“大人の世界探訪”的なワクワク感も
        あったしね。パソコンなんかでダラダラ観ても記憶に
        残らないしすぐに忘れちゃうけど、わざわざ劇場に足を運んで
        観ることで、思い出が定着すると思うんだよね≠ニいう発言を
        今の若い人は理解出来ないかもしれませんね」

無知「パソコンでダラダラ観たって記憶に残るって反論されそう(´・ω・`) 」

三畳間「映画館までの行き帰りでの出来事もセットで記憶に残るから
          何年たっても思い出として記憶されているんじゃ?」

無知「映画館のロビーでポスターやチラシを眺めたり、お客さんを
        観察してみたり、上映後のトイレ待ちで漏れそうになったり
        パソコンで観てたら感じれない雰囲気を楽しめるって言うと
        面倒臭いって一蹴されそうだな(^_^;)   」





雑誌部「谷村美月さんの映画館デビューは【ドラえもん】なんですね」

無知「親戚のおばさんと最前列でのけぞるように【ドラえもん】を観たら
          一生記憶に残るか(^皿^)  」

三畳間「映画館での楽しみがビールって、まさかビールのCM狙っている?w」
posted by クロ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月29日

必然性があれば高校生でも可能なのである! の巻

『映画秘宝 2014年10月号』で雑談する会

雑誌部「《日活クラシックインタビュー》には
           柴田勲さんのインタビューが載っていますね」

無知「磯田さんの書いた《プロ野球選手の名演技列伝》に80年代、90年代の
          選手が載っていないのが残念だなぁ(´・ω・`) 」

三畳間「板東英二さんや長嶋一茂さんも取り上げて欲しかったねw 」

雑誌部「【川上哲治物語 背番号16】の宣伝記事なので、戦前から巨人
          黄金期までを取り上げているんでしょうけど(゚〜゚)  」

無知「野球映画のムック本を作って欲しいよ!
           結構需要あると思う(゚ε゚)  」

三畳間「野球マンガの実写版や黒歴史野球映画を網羅したヤツね(´・∀・`) 」

無知「【がんばれ!!タブチくん!!】とか、アニメ作品も網羅した資料的価値の
           高いムック本ならそこそこ売れると思うけどねぇ」





雑誌部「藤浦敦さんの連載《だんぴら一代》は
            今回も辛口な発言が満載ですね」

無知「市川崑監督をバッサリ(((゚Д゚;)))  」

雑誌部「崑ちゃんは見掛け倒しなんだ。能がないくせに才気走って
           つまんないものばっかり撮る≠ニ一刀両断ですね」

三畳間「熊井啓監督も(゚A゚;)  」

雑誌部「【黒部の太陽】を今見ると面白くもなんともないよ。
         熊井(啓)君の悪いクセが出て、やたらしつこくて
         長い(笑)≠ニ仰った後に熊井は話題性ばっかり追及して
         批評家にはもてはやされるけど、会社はちっとも潤わない。
         批評家とか新聞屋にウケが良くてもだめなんですよ。
         お客にウケないと。みんなそれを間違えちゃう≠ニ
         プロデューサーとしての苦言が(^_^;)  」

無知「後半の日活裏話も興味深すぎるねぇ」





雑誌部「《カナザワ映画祭2014》の最終告知には[期待の新人オールナイト]で
          上映される作品が紹介されていますね」

無知「高校生監督の映画で女優を脱がせるって信じられないな (;゚Д゚)  」

雑誌部「上野遼平監督の映画【瘡蓋譚】は妻の身体にできる腫れ物を
           食べる旦那の話≠ネんですね」

三畳間「思春期に裸婦デッサン以外で法律的に問題なく女性の裸を肉眼で
          見られることって無いと思っていた非モテ
          ボンクラ人間からすると驚きだ(^_^;)  」

無知「映画なら脱がせられるという発想は無かったなぁ・・・」

三畳間「い、今でも無理だけどさ orz...  」

雑誌部「女優を脱がせられない日本映画が多いのに・・・
           上野遼平監督、スゴいですね」

無知「大林宣彦監督の後継者になりえる?w 」

雑誌部「女優さんをヌードにさせる実行力と自らの変態性を堂々と
        映画にする腕力は必見≠ニ田野辺さんに言わしめてしまう
        ほどですが、大林監督のラインでは無いのでは?w 」

三畳間「この映画、上野監督の親や同級生からは好評だったのかな?
        内容が内容だけに感想言わずに口篭ってるのかな?w 」
posted by クロ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月28日

エクストリームな爆裂ラップ・ミュージカル映画が気になるよ の巻

『映画秘宝 2014年10月号』で雑談する会

雑誌部「中川翔子さんの連載《しょこたんの秘宝遊戯》には、園子温監督の
       映画【TOKYO TRIBE】に出演したときの裏話が載っていますね」

三畳間「叶美香さんが秘宝系だったとは(^皿^)  」

無知「美香さんは中川さんに対して【冷たい熱帯魚】や【パシフィック・リ
          ム】がいかに最高かをずっとお話されていました(笑)
          って、イメージが変わるなぁ(´ε` )  」

三畳間「成海さんの連載がいつの間にか叶美香さんの連載に変わっていたら
          どうしようw 」

無知「【TOKYO TRIBE】がソフト化される時に園監督と一緒に美香さんも
         『映画秘宝』はインタビューしなきゃダメでしょw 」






雑誌部「園子温監督と【TOKYO TRIBE】原作者の井上三太先生と
          田野辺さんの座談会が載っていますね」

無知「三人が集まったのは、クエンティン・タランティーノ監督の【パルプ
           フィクション】の試写会以来20年ぶりなのか( ゚д゚)  」

三畳間「あれ?ウチらもみんなで映画観たのって
           かれこれ20年くらい前になるのかな?」

無知「みんなで映画観たの・・・は、石井克人監督の【鮫肌男と桃尻女】
           だった記憶がうっすらと・・・」

教授「自分は忘れた(´-д-`)  」

三畳間「いや、最後は東劇で観た【ラッシュアワー】じゃなかった?」

無知「あぁ・・・そうかも(・з・) 」

三畳間「【日本沈没1999】の予告編と教授が東京離れる話をした記憶が
           あるし・・・違うかな?」

教授「知らん(´-ω-`) 」

無知「まぁ、確実に言えるのは21世紀になってから
           みんなで映画館には行っていないって事だw 」


三畳間「座談会では、井上先生と園監督の秀逸な悪ノリが(^∀^) 」

雑誌部「井上三太先生が【TOKYO TRIBE】での清野菜名さんの事を
        園さんのザーメンを顔にぶっかけられて、その濃厚パックで
         突かれて、光り輝きながら芝居してるんです。
         清野菜名さんなんて、まさにそれでしたよね≠ニ
         誤解を生む発言に続き清野菜名は、園子温に抱かれるべき
         です≠ニ爆弾発言w  」

無知「それに対して園監督がじゃあ、これからします(笑)≠ニ
           軽くボケた後に俺の野太いやつを、注入しないと
           ダメなんじゃないかなと≠チてw 」

雑誌部「一方、作品の中身について園子温監督は今回、出来上がりを
         観て、純粋な映画だなあと思いました。年末の賞も順位も
         期待しない。いい意味で野心がない、純粋な映画が
         撮れたなあと。面白く観られればそれでいい!ということ
         だけを追求できた気がして≠ニ仰っていますね」

三畳間「スポーツ新聞社主催の賞や『キネマ旬報』からは、黙殺されるかも
           しれないけれど、『映画秘宝』はベスト10に必ずや
           ランクインするでしょ?」

無知「清野さんはスポーツ新聞社主催の賞で
             新人賞獲れるんじゃないのかな?」

三畳間「園監督曰く彼女のすごいところは、普通の女優さんなら脱ぐ
         シーンに緊張感の全部を注ぐけど、彼女は全てのシーンに
         集中していたので「脱ぐシーンがいちばん楽だった」って
         ケロッとしてるんですよ。たしかに“脱ぐ”なんて動作の
         1つでしかないんですよね。昔からアクションをやっていた
         だけあって、そういうところがさっぱりしてていいなと
         思った≠ニいうくらい大女優の素質があるからねぇ」

雑誌部「ブルーリボン賞にはノミネートされるんじゃないでしょうか?」

無知「鈴木亮平さんが主演男優賞を受賞したら、ブルーリボン賞の
           司会している姿が見られるのかw 」
posted by クロ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月26日

無謀の先に希望がある!? の巻

『映画秘宝 2014年10月号』で雑談する会

三畳間「平野勝之監督の映画【白 THE WHITE】がDVD化していたなんて
           ビックリだよ(@゜▽゜@)  」

雑誌部「[平野勝之傑作選]として発売されていたんですね」

無知「全く事前情報が無かったし(´゚ε゚`)  」

三畳間「【美人キャスターの性癖 わくわく不倫旅行 わくわく不倫旅行2
         白 THE WHITE】って、タイトル並べただけで
         やっつけ感が半端無いけど、ノーカットで収録されているのは
         嬉しいけど未公開シーンなどの特典映像が無いのは
         少し残念な気も(・з・)  」

無知「【白 THE WHITE】の思い出は・・・“『映画秘宝 2012年8月号』で
          雑談する会”の時に喋ったからいっかw  」

雑誌部「著名人の感想が載っているミニチラシはプレミア付きますかね?」

無知「乾貴美子さんが無事帰って来たらやらせるようなこと言ってた
        女どもが一向にやらせてくれないらしい。平野さんの無謀な
        旅は、そういった世の中の冷静さとの戦いではなかろうか?
        戦い続ける男・平野を愛す
        南Q太先生はかっちょ悪くて、でもとても真撃で、ちょっと
        びっくりな映画でした!
        しまおまほさんは平野さんって、モテるんだぁ。ふーん。
        女子は冒険家に弱いのかな
        ダンカンさんは映画として面白いとか面白くないとかは
        知ったこっちゃないけど、とにかく俺は感動に近い何かを
        覚えた。21世紀にはこういう人がドンドン出てきてほしい
  って、書いてあるだけだからプレミアは付かないでしょ」

三畳間「サブカル寄りの人からしかコメント貰えなかった?」

雑誌部「キャッチコピーは国道が秘境と化す∞なぜ?なんのために?
       監督、撮影、編集、被写体=平野勝之 犬9匹 猫3匹 キタキツネ
       1匹 世界初完全単独撮影。∞冒険の映画ではない、映画の
       冒険である。≠セったんですね」

無知「かつて天才チャップリンの多才ぶりは世間を驚かせ、【バッファロー
        '66】で監督主演を兼任しているヴィンセント・ギャロもその
        映画的才能を評価された。が、たったひとりで映画を完成
        させたものがいただろうか?正確な構図の画面の中で、平野
        勝之みずからが演じる主人公が自然と格闘し、疾走し、密やかな
        恋に心ときめかせ、悩み苦しみ、涙を流す。
        撮影も平野自身であることを誰が信じられるだろうか?
        アシスタントすらいない。平野勝之はたったひとり、厳冬の
        北海道を自転車で北上しながら、その危険極まりない旅を
        スペクタクルアドベンチャー映画として仕上げた≠チて
        チラシに載ってたけど、やっぱり【白 THE WHITE】に影響されて
        一人で自転車に乗って撮影したもんなぁ (´・∀・`)   」

教授「多忙だったけど、あれは面白素材だったから1分くらいに編集して
           短編コメディに仕上げてやっただろ(゚ε゚)  」

三畳間「教授の編集テクニックによって
         ちゃんと笑える仕上がりになってたっけ(^ヮ^) 」

無知「公園で一人で構図考えてカメラ置いて走りまくったりw
        完成披露試写会でも平野監督が一々カメラの回収するのが
        大変だった話していたけど公園で撮影しているときも誰か来ると
        盗まれるんじゃないかって心配で、心配でさ」

雑誌部「ちなみに完成披露試写会の招待状に書かれているのは氷点下20度。
         18年ぶりの大雪にみまわれた厳冬の北海道で、アイスバーンと
         化し、雪原との境界線すら見えなくなった国道を平野勝之が
         自転車で走り抜ける。全工程2328kmを単独走破しようとする男の
         ドラマを、荒々しい粒子による未体験の映像美が描き出す。
         アシスタントすらいない。平野勝之は、たったひとり、厳冬の
         北海道を北上しながら、その危険極まりない旅をスペクタクル
         アドベンチャー映画として仕上げた。新世紀の映画を予見する
         本作品を是非この機会にご高覧下さい≠ニ微妙にチラシとは
         違っていますね」

三畳間「厳冬の北海道は、スタートが1998年12月1日でゴールが1999年3月12日
           だから平野監督が確信犯で狙ってたとも言える?w  」

無知「そりゃ、夏場の北海道じゃ楽しいツーリングになっちゃう
          からね (゚〜゚)   」

雑誌部「12月23日から1月6日の間は盲腸のため手術、入院、停滞≠オていた
             そうですし、18年ぶりの厳冬も想定外だったんじゃ
             ないですかねぇ(^_^;)  」

無知「地吹雪、猛吹雪で自転車が丸ごと凍るくらいの寒さは
            想像していなかったかもね」

三畳間「今、【白 THE WHITE】観てもマネしたいって気持ちにはならないなw
           やるなら『水曜どうでしょう』のカブの旅の方にするw 」

無知「今ならデジカメ何台も使って一人で自転車で旅する姿を撮って作品
            作れるだろうけど厳冬の北海道は・・・  」




雑誌部「恩地日出夫監督の【生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件】も
           幻の作品だと言われてきましたが、ついにDVD化したん
           ですね」

三畳間「じゃ、『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』や『子供たちの
        復讐・開成高校生殺人事件』のソフト化の可能性も近い将来
        実現する?」

無知「他にも成田三樹夫さん主演の【怪談のおとし穴】が
              初DVD化されたって情報が載っているね」
posted by クロ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月25日

渾身のネタを祝詞のごとく読み上げられることに心血を注ぐ男達 の巻

『BRUTUS 2014年3月25日号』で雑談する会

雑誌部「《伝説のハガキ職人たちの同窓会》には、錚々たる顔ぶれが!」

三畳間「谷口さんだけが顔出しNGなんだw 」



雑誌部「ハガキ職人の皆さんが聞いていたラジオ番組の思い出について
          語られていますね」

無知「ビートたけしさん、とんねるずさん、伊集院光さんの番組は
        当時のお笑い好きの中高生で聴いた事が無い人を探す方が
        難しいと言っても過言じゃないくらい人気あったもんなぁ」

三畳間「大村さんの中学生の従兄が「面白いものあるぞ」と言って、荒川
           ラップブラザーズを聴かせてくれた≠チて、良い従兄が
           居たのが羨ましい( ^ω^)」

無知「荒川ラップブラザーズのCDは発売日の一週間前に入手できたのに
           自慢する相手がいなくてねぇ(゚〜゚)  」

三畳間「『全裸マンのテーマ』は、店頭でタイトルが恥ずかしくて言えずに
           予約できなくてさ(^_^;) 」



無知「ハガキ職人に憧れてナイナイさんとロンブーさんのANNに数年間
          ネタハガキ書いてたけど読まれたのは10枚くらいだもん
          なぁ・・・ 」

三畳間「ロンブーの方は2部の頃だったから採用されても何のノベルティも
           貰えなかったけど毎週ネタハガキ送ってたっけ(・з・) 」

無知「[点取り占い]で採用された時にナイナイのステッカー貰ったけど
            やっぱ、インパクトコンパクトはゲットしてみたかったよ」



雑誌部「ハガキ職人の皆さんの書き方、買い方、出し方の流儀が
           載ってますね」

無知「ポストの収集時間とか速達の話は今の中高生には理解出来ない?w」

三畳間「オートリバースあるあるで笑えるのは30代まで?w 」
posted by クロ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

1987年3月31日午前3時過ぎに1000人も集まった最終回 の巻

『BRUTUS 2014年3月25日号』で雑談する会

雑誌部「《『中島みゆきのオールナイトニッポン』という伝説。》には
          伝説と呼ぶに相応しい逸話が紹介されていますね」

無知「最終回にデーモン小暮がラジオなのにフルメイクで登場した
          って(´ε` )   」

三畳間「閣下に怒られるぞ (^皿^) 」

無知「熱狂的なリスナーが1000人も集まっていたんだから世を忍ぶ仮の姿では
         局に入れない恐れもあっただろうし、最終回に引き継ぎとして
         登場するんだから正装で行くのは当然かw 」

三畳間「[みゆきのあくしゅ券]を今でも毎日携帯しているリスナーって
          居るのかなぁ?w 」



雑誌部「NHK第1放送で毎月最終火曜日に放送されている
          『みうらじゅんのサントラくん』が紹介されていますね」

三畳間「10年くらい前のJ-WAVE、“ちんぽ”は2回までだった!?って
           言わなくても良い情報がwww  」

雑誌部「J-WAVEで安齋肇さんと、エロネタ連発のヒドい番組やってたん
        ですけどね。俺が(笑福亭)鶴光超えをしたかったもんで。
        おしゃれなJ-WAVEであえてエロネタをやるというパンク
        番組。「放送中、“ち○ぽ”は2回までにしてください」
        なんて、ディレクターに叱られてさ(笑)=v

無知「FMで下ネタw 」

三畳間「『みうらじゅんのサントラくん』だって、NHK第1放送なのに
         畑中葉子さんがゲストの時に[後ろから前から]を3回も
         流した(^∀^)  」

無知「上層部から怒られないのはスゴいなw 」



雑誌部「《ディスクジョッキーのココロエ。》では、ピーター・バラカンさん
           と森本千絵さんの対談が載っていますね」

無知「日本でラジオ聴く習慣を持っている人は6%未満なのか(゜ロ゜)  」

三畳間「ここ数年ラジオちゃんと聴いてないなぁ(´・_・`)  」

無知「ホコリまみれのアイワのWラジカセは
             震災の時に使ったっきりだし・・・ 」

三畳間「聴いてみたいラジオ番組は多いんだけどさ(´・ω・`)  」
posted by クロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月23日

魅惑の声の主が気になるよ の巻

『BRUTUS 2014年3月25日号』で雑談する会

雑誌部「5年ぶりのラジオ特集《なにしろラジオ好きなもので2》で
           気になった記事ありましたか?」

無知「[電波の向こうの、ラジオスター列伝]には、知らなかったトリビアや
          懐かしい病が悪化する話が載っているね(´・∀・`)  」

三畳間「徳川夢声が“彼氏”という呼び方を作ったの知らなかった( ゚д゚) 」

雑誌部「昭和初期にラジオで発した造語≠セったんですね」

教授「常識では?」

三畳間「・・・」



無知「土居まさるさんは、世代的にラジオよりも『ヒントでピント』の
            イメージが強すぎてw 」

三畳間「象印賞(^皿^)  」

無知「懐かしい病が ( ノД`)  」

雑誌部「それだけで懐かしい病が悪化するのは1970年代生まれまでですよw」



三畳間「伊集院さんが作った“芳賀ゆい”は、ラジオじゃなくて
            エロ雑誌の特集で知ったんだよなぁ(*´3`*) 」

無知「架空アイドルって斬新だった( ´▽`)  」



雑誌部「“究極の選択”や“10回クイズ”“恐怖のヤッちゃん”は
         ラジオを聴いてなくても知っているくらいの社会現象に
         なってましたよね」

無知「“あなたも体験 恐怖のヤッちゃん”は書籍化もされ28万部の
         売り上げとなった。後には映画化もされ、三宅自身も
         ゴミを出しするヤッちゃん役で出演≠チて
         スゴいな(゜ロ゜)  」

三畳間「ラジオのコーナーが映画化されるってバブルだから出来た?」

雑誌部「【恐怖のヤッちゃん】は、金子修介監督で
          映画化されていたんですね」

無知「あ、主演の山本陽一さんは先日放送された『爆報!THEフライデー』で
         久々にテレビ出演してたの見た!」

三畳間「今はラジオ番組から映画化って無理でしょ(´-д-`) 」

教授「いいえ、そんな事は無い!【神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories
         〜】は、劇場版が2作も作られ、海外ロケもしているぞ!!」

三畳間「そ、そうなんだ・・・」

無知「声優さんのラジオ番組なら固定ファンが居るから映画化したり
         海外ロケも出来ちゃうのか・・・」



三畳間「“バイリンガルブーム”で紹介されているクリス智子さんは
        『月刊やさい通信』の人ってイメージしか無かったw 」

無知「FMを聴いてないから存在を知らなかった(゚〜゚)  」

三畳間「てっきり、糸井さんの知り合いのコラムニスト的な人なのかと
           思ってたしw 」

雑誌部「確かにクリスはクリスでもペプラーや松村の方は
          有名ですけど・・・ 」
posted by クロ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月22日

みんな、川島君をチヤホヤしようよ! の巻

『TV Bros. 2014年10月11日号』で雑談する会

雑誌部「【ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ】
           公開記念として、劇団ひとりさんとおぎやはぎさんの
           インタビューが載っていますね」

三畳間「小木さんと矢作さんの劇団ひとりさんへの絶賛っぷりが
           スゴい(^皿^)  」

無知「小説家にして映画監督、さらには映画主演俳優なのに特別扱い
        されないってw 確かに不思議なポジションになってるなぁw 」

三畳間「劇団ひとりさんと同じく、小説も書いている映画監督で俳優としても
           活躍している人って誰かいたっけ?」

無知「そりゃ、芸人としての大先輩である北野武監督が居るじゃないか!」

三畳間「そうだったw 他には居たっけ?」

雑誌部「他にも岩井俊二監督や園子温監督、辻仁成氏が」

無知「演劇の人は多才な人が多いから小説も書けて、監督もするし
           俳優も出来るって人多いか(゚ε゚) 」

三畳間「そう言われてみると三谷幸喜監督、松尾スズキ監督、宮藤官九郎監督
            前田司郎監督って、すぐに名前が思い浮かぶな」


無知「結局、海外で賞を獲れば、劇団ひとり監督の事をマスコミは
          雛壇芸人扱いから手のひらを返しして
          特別扱いするんでしょ(´-д-`) 」

三畳間「楽屋もタレント用から特別応接室になる?w 」

雑誌部「【キス我慢選手権】は、流石に海外で受賞するの難しいですよねw」

無知「アジア圏ならウケそうな気もするけど(´ε` )   」

三畳間「じゃ、とりあえず何の有り難味も無い日本アカデミー賞の話題賞を
           組織票で受賞させる事から始めよう!w  」

雑誌部「海外よりもまずは国内からw  」

無知「【キス我慢選手権】をブルーリボン賞側が無視しちゃうの
         勿体無いけどなぁw  」

三畳間「どちらにせよ【キス我慢選手権】を差別することなく
            正しく評価する賞が今回こそは現れる事を祈るw 」
posted by クロ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月21日

史上最高のリーダーの軌跡の25年 の巻

『TV Bros. 2014年10月11日号』で雑談する会

無知「《読めばだいたい分かる!テレビの前で24時間密着 愛は地球を
         救ったのか?》は『24時間テレビ』をエンディングの
         10分前からしか見てないからこういう企画は助かる」

三畳間「ネットではイジっていない細かい部分も載っているから
       『24時間テレビ』を見ていない読者は楽しめたんじゃないの
       かな?」

無知「《道重さゆみ年表》は、全く興味が無かったけど暇つぶしとして
        読み始めたら意外に面白いし、誰かに言いたくなる
        トリビアも多めで良かった(´・∀・`)   」

三畳間「《ウィキ直し!》に続いて、芸能人の《年表》とテレビ番組を
          24時間チェックする企画をレギュラー化して欲しいw 」

無知「《年表》は、水道橋博士の時も読み物として面白いと思ったけど
       興味無かったアイドルでも楽しめちゃう作りになっているから
       色々な芸能人の年表を作って欲しいなぁ(^ω^)  」

雑誌部「熱狂的ファンと膨大な資料で作る、読み物として楽しめる年表を
        発表出来る芸能人はそんなに多くないと思いますけど・・・」

無知「年表は《ウィキ直し!》と違って手間暇かかって大変だろうけど
        月イチで良いのでレギュラー化を希望します <(_ _)> 」

雑誌部「レギュラー化は難しいと思いますけど・・・」

三畳間「じゃ、『クイズ アナタの記憶』をパクった企画でも可(^皿^)  」

雑誌部「可じゃありませんよ!w パクったらダメです(^_^;)  」

無知「それにあの面白さを誌面で再現するのは難しいよ (゚ε゚)  」

三畳間「確かに秀逸な問題と絶妙な編集とツボをくすぐるガヤがあればこそ
          あの面白さになるわけだけど・・・じゃ、『PON!』の田畑
          藤本さんの“ご本人クイズ”をパクろう( ^∀^)」

無知「それも誌面だと微妙な感じになりそう(´・ω・`)  」
posted by クロ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月20日

焼き傷には焼き傷、打ち傷には打ち傷をもって償わなければならない の巻

『TV Bros. 2014年10月11日号』で雑談する会

三畳間「《COMIC》で紹介されている渡邊ダイスケ先生の『善悪の屑』は
           実写映画化するんじゃないのかなぁ(´・∀・`) 」

無知「三池崇史監督とかで?w 」

三畳間「21世紀版『必殺仕事人』『ザ・ハングマン』として
           今なら結構需要あるでしょ? 」

無知「理不尽な事件に怒っている人は観に行くだろうから
         実写化したらヒットするかもね(゚ε゚)  」

三畳間「余談だけど『善悪の屑』が紹介されているすぐ下に『かわうその
        自転車屋さん』が紹介されているギャップがスゴいな (^皿^) 」

雑誌部「事件の被害者遺族の依頼によって、“復讐屋”となる主人公たちが
         たいした罪にも問われずのうのうと生きている加害者を
         粛清していくという<}ンガの下に自転車と動物たちを描く
         ほのぼのショートストーリー<}ンガが紹介されているのは
         確かにギャップがありすぎますねw  」

三畳間「何かの手違いで『かわうその自転車屋さん』を三池監督で
          実写映画化されたりしないかな?w  」

雑誌部「ありえません(´-ω-`)  」
posted by クロ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

糞、ふん、フン ヽ(´ー`)ノ  の巻

『TV Bros. 2014年10月11日号』で雑談する会

雑誌部「今回、表紙が電気グルーヴさんですね」

無知「近所の本屋で、まさかの完売に驚いたし(@゜▽゜@) 」

三畳間「完売っていっても、いつも『ブロス』を5冊しか仕入れてない
          本屋の話じゃ(^_^;)  」

無知「いつもなら3冊は必ず売れ残るのに今回は発売日から数日で完売したから
         電気グルーヴファンが近所に5人は居ることが確認出来たw 」

雑誌部「5人以上居ると思いますけど・・・」

三畳間「天久先生のインタビューネタは今回も秀逸だなぁ (´ε` )   」

無知「今回もニヤニヤが止まらない会話があるねw  」

三畳間「ちょうど爆笑田中さんの片玉をネットオークションで落札したの。
         これはラッキーだった∞そのツイッギーが瀧だったんだよ
         僕たちは二人とも加トちゃんの嫁になりたいんだ
         テクノロジーからエコロジー、その先にあるスカトロジー=v

雑誌部「セクハラから死刑への流れもニヤニヤが止まらないですねw 」

三畳間「塗糞の儀≠ヘ、誰か映像化してくれないかなぁ (^皿^)  」

無知「サスケの糞≠ヘマンガ化したら小学生が喜びそう( ´3`)  」

三畳間「今回のインタビューを読んだ読者は鈴木則文監督の【パンツの穴】が
           観たくなったんじゃないかな?w  」

無知「あと、【バブルへGO!! タイムマシンはドラム式】も?w 」
posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月19日

ヒットが義務づけられた正月映画を任された監督 の巻

『AERA 2014年6月16日号』で雑談する会 後編

雑誌部「石井裕也監督のプロフィールで気になったところありましたか?」

無知「山梨県生まれ、埼玉県育ちって知らなかったな(゜ロ゜) 」

三畳間「勝手に千葉や神奈川ってイメージがあったw 」



無知「1989年にジャングルジムから落ちて左腕を複雑骨折した事が
         トラウマになっているのか (・з・)  」

雑誌部「知らないうちに今も腕をかばっている。
          このケガ以来、僕は何かをかばいながら生きてきた=v

無知「イケメンしか言っちゃいけないようなセリフっぽい(^皿^)  」



三畳間「1991年に母親を亡くしているんだ・・・ 」

無知「37歳って・・・早すぎるね(´・ω・`)  」



三畳間「2010年に満島ひかりさんと結婚した事をあまり公の場で
           話題にしない理由を語っているね」

雑誌部「ダサくて恥ずかしい。
         インタビュアーも、妻が有名だから聞くんですよね。
         全員に奥さんのことを聞くインタビュアーなら僕は答えます。
         でも僕をそっちの角度から見ようとする人には、攻撃的に
         なるか防御的になる=v

無知「満島ひかりさんは石井監督のことを偶に触れるけどね (´・∀・`) 」

三畳間「《食わず嫌い》でも話題にしてたっけ(´ε` )   」

無知「以前、樹木希林さんからストレートに聞かれて困っていたよねw 」






雑誌部「吉田豪さんの連載《読まずにはいられない》で、中川翔子さんの
          『ねこのあしあと』が紹介されていますね」

無知「最後の中川家の業みたいなものだとしか思えなくなる≠チて・・・」

三畳間「言い得て妙だけど(^_^;)  」
posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月18日

フレームの外の役者にも注意を払わないと映画はよくならない の巻

『AERA 2014年6月16日号』で雑談する会 中篇

無知「大阪芸大卒業後に日本大学大学院の芸術学研究科に入学していたの
          知らなかったなぁ(゜ロ゜)  」

雑誌部「石井監督曰く芸術学を専攻したが、何もしていなかった≠ニ
          仰っていますね」

三畳間「でも、日本大学大学院時代に【ガール・スパークス】を撮って
          いたんだ (・з・) 」

無知「その頃の石井監督の愚痴が紹介されているね(^ヮ^) 」

雑誌部「桂米紫さんに対して当たる映画だったら、セカチュウでも
          ピカチュウでも何でもやるよ≠ニ言ったと(^皿^)  」

無知「この愚痴、共感する映画人は多い?w 」


三畳間「【ガールスパーク】を[CO2]で審査員をしていた時に見た孫さんが
       石井は放っといても、東宝の青春映画のエースになるよ≠ニ
        予言していた!?w 」

無知「その頃、石井監督は孫さんから忘れられない一言を言われたのか」

雑誌部「今の石井とは仕事はしない、と。凶暴なエネルギーが
        爆発している。穏やかで澄み切ったものが出てきた時、俺は
        パックンさせてもらう≠ニ言われたんですねw 」

無知「【あぜ道のダンディ】や【ハラがコレなんで】を立て続けに発表した
        石井監督を孫さんがちっちゃい予算でウニャウニャばっかり
        やっとったら、こいつ伸びひんのとちゃうか=Aと思っていた
        頃に【舟を編む】の企画が動いていた」

三畳間「じゃ、【舟を編む】でパックンされちゃったって事?w」

雑誌部「孫さんが、オリジナル脚本でしか映画を撮ってこなかった石井監督に
          対して、【舟を編む】の監督にオファーしながらも脚本は
          渡辺謙作監督に依頼した理由が興味深いですね」

無知「僕はね、石井は脚本に問題があると思っていた
        自家中毒的になっとる気がしたんです。
         自分がよう分かっとることを細かく掘り下げてしまう癖が
         あった。僕は石井に一度、引きの感覚で物語の全体像を
         見せたかった=v

三畳間「これが監督を育てる一流のプロデューサーの仕事だ(@゜▽゜@) 」

無知「映画監督に対して的確なアドバイスが出来ないと本来
          プロデューサーは務まらないのに・・・一流は
          日本映画界に少ないし(´-д-`) 」

雑誌部「さらに孫さんは若いスタッフしか知らない石井に、一流の仕事を
          見せよう≠ニいう親心で、カメラマンや照明スタッフに
          ベテラン勢を起用してくださったんですね」

無知「日本映画界の将来をちゃんと考えてくれているなぁ (´・∀・`)  」

三畳間「孫さんと石井監督と渡辺監督の3人で脚本作りをした結果
          日本アカデミー賞を総ナメか・・・スゲーな( ゚д゚)  」

無知「熾烈を極めた脚本作りの裏話も載っているね」

雑誌部「渡辺の方が年齢もキャリアも上やけど、石井は何でもズバッと
         言うんです。「全然分かってませんね」「分かってへんのは
         お前の方や」とか言い合いながら3人で爆笑してました=v

三畳間「神経ズブといなぁ、石井監督は(´ε` )  」
posted by クロ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月17日

恋愛は資本主義に利用されているから気に食わないんだってばよっ の巻

『AERA 2014年6月16日号』で雑談する会 前編

雑誌部「今回の《現代の象徴》は、石井裕也監督ですね」

無知「石井監督が日本アカデミー賞授賞式で笑顔がなかった理由を
           明らかにしているね(°д°)  」

雑誌部「何かねえ、最近本音みたいなものを言ってもしょうがない気が
         するんです。受賞して「“うれしくない”と言ったら
         ひんしゅくを買う。でも“やったあ、わーい”と喜んでも
         ひんしゅくを買うんですよ。だから当たり障りなく
         終わらせよう≠ニしていたんですね」

三畳間「今はマスコミだけじゃなくネットでも揚げ足取りする人が
          多いからねぇ(´-д-`) 」



無知「石井監督、映画業界を志した本当の理由がw 」

雑誌部「インタビューなんかでは面倒なので、よくチャップリンを見て
        映画を志したと言っていますが、実はそんなにくっきりした
        理由じゃないんです≠ニ今までのインタビューは説明が面倒
        臭いから捏造していた?w 」

三畳間「川越東高校時代に美術の授業で、チェコの実験映画作家の
           ヤン・シュバンクマイエル監督の作品を見たのが
           キッカケなんだ(゜ロ゜)  」

無知「美術の先生が映画に興味無い人だったら石井監督が映画界を
           目指さなかったかもしれない!?」



雑誌部「大阪芸大で最も影響を受けた恩師は誰かと聞かれて中島先生です
           と、即答するくらいの存在なんですね(´・∀・`)  」

無知「中島監督に影響を受けた芸大出身映画関係者が多すぎるもんなぁ」

三畳間「中島貞夫監督は、学生時代から石井監督の才能に
     気付いていたのか (゚д゚)   」

雑誌部「当時の石井はバラバラな感じがあったけれど、間違いなく才能が
           あった。特にタイトルについては抜群だった。【むき出し
           にっぽん】なんて、見たくなるよね≠ニ仰っていますね」

無知「【反逆次郎の恋】【ガール・スパークス】【ばけもの模様】
          【川の底からこんにちは】【あぜ道のダンディ】
          【ハラがコレなんで】ってタイトルは、全部
          自分でつけてたんだ( °_° ) 」

三畳間「【むき出しにっぽん】って、インパクトあるもんなぁ (・з・)  」

無知「【むき出しにっぽん】を完成させた石井は、卒業までの
           2ヵ月ほどで次の【反逆次郎の恋】を撮る≠チて・・・」

三畳間「スゲーな(゚A゚;) 」



雑誌部「落語家の桂米紫さんは、石井監督の自主映画時代の長編すべてに
           出演しているんですね」

無知「芸大時代の石井君は、周囲からちょっと異端児扱いされていました。
       特に女の子の受けが悪かったですわ≠ニ学生時代の黒歴史的な
       一面を暴露されているね(^皿^) 」

三畳間「同級生は、石井監督が女優と結婚するなんて
           想像もしてなかっただろうねぇ(´ε` )  」
posted by クロ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月15日

賛辞を惜しまないんだってばよっ の巻

『映画芸術 446号』で雑談する会(5)

雑誌部「他に《日本映画 ベストテン&ワーストテン》で
               印象に残った発言ありましたか?」

三畳間「細谷さんの【恋の渦】の批評がスゴいな(@゜▽゜@) 」

雑誌部「今の、東京に生息する居場所なき男女の欲望とセックスを
        まるで、覗き見してるようにリアルにみせた大根仁監督に
        すべての映画人は大いなる嫉妬を持ったことでしょう≠ニ
        大絶賛していますね」

三畳間「確実に次回作のハードルは上がったでしょ(´ε` ) 」




無知「荒井さんが【もらとりあむタマ子】の向井さんの脚本に対して
           お褒めの言葉を( ^ω^)  」

雑誌部「向井、娘もいないのにうまいもんだな、と
               父親側で見ている俺は感心する=v

三畳間「向井さんはメールで荒井さんにストレス発散で好きなことした
         ら、やっぱり昔と同じようなことになってしまいました。
         全然成長できていません≠ニ書いたそうだけど、荒井さんは
         同じ事に磨きがかかっていると評価してくれているし」

無知「【恋の渦】も荒井流でベタ褒めしているね( ゚∀゚ ) 」

雑誌部「こんなバカな連中を二時間も見るのかと、見始めてイヤになった。
          我慢して見てると、うーん、面白い。
          大根仁は芝居をちゃんと映画にしている。
          これ、若者言葉も含めて、俺には書けないと思った≠ニ
          演出と脚本を高く評価されていますね」

無知「荒井さんが途中で観るのを止めなかったのは
       大根監督が『映画芸術』の座談会に参加していたから?w 」

雑誌部「全くの無名の監督だったら
          我慢せずに退出していたかもしれませんね(^_^;) 」





三畳間「【祖谷物語 -おくのひと-】の批評を書いた山川直人監督の近況に
            新作短編映画【ばあちゃんのパンツ】≠チて
            スゴいタイトルの新作情報が書かれている! 」

無知「どんな内容の映画なんだろ(^皿^) 」

三畳間「【パンツの穴】や【OH!ノーパンツ・ガールズ】とか
         パンツ絡みの映画を集めた映画祭を開催してくれない
         かなぁ(*´3`*)  」

雑誌部「需要はあるのかもしれませんが、実現しませんよ(´゚c_,゚` ) 」
posted by クロ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月14日

審査員特別賞を受賞した人の方が化ける? の巻

『MEKURU VOL.2』で雑談する会

雑誌部「『MEKURU』が注目する6人の女優のインタビューで
           気になった方はいますか?」

無知「山崎紘菜さんは今後の活躍が楽しみな女優だなぁ(´・∀・`) 」

三畳間「大林宣彦監督の現場で直訴したってスゴい(゜□゜) 」

雑誌部「高校生役で出演した【この空の花】の現場で自分の出演シーンが
        なくても現場に居たいとプロデューサーに直訴したんですね」

三畳間「こんな積極的な行動されたら次回作でも起用されるの
           当然か(゚ε゚) 」

雑誌部「スタッフ側も心を鷲掴みされちゃいますよね( ´▽`) 」


無知「大林監督曰くプロダクションも先に決まっていたテレビの仕事を
          降板させて、僕の映画一本に賭けてくれました≠ニ
          山崎さんの事務所の大英断があったと」

三畳間「ギャラの良いテレビの仕事よりも映画を選ぶとは
          役者を大事にしている事務所なんだなぁ」

雑誌部「ちなみに所属している事務所は東宝芸能です」

無知「あ、じゃ、事務所というよりか、マネージャーが優秀なんだ(^皿^) 」

雑誌部「語弊があるような言い方しないでくださいw 」

三畳間「だって[東宝 シンデレラ オーディション]出身の女優で
            目立った活躍している人って数人でしょ?」

無知「コネ使って映画に出演出来ても消えちゃう人は
            消えちゃうからねぇ(´-д-`)  」


三畳間「大林監督の苦言が・・・」

雑誌部「近頃はタレントさんを“商品”と考えて、ファンの人との写真
        撮影を断ったりして妙に管理したがる事務所もありますが、
        そういう所は僕の方でお断り≠ニ仰っていますが」

三畳間「AKBのPVの仕事を断ってないのは・・・ 」

無知「映画では起用しないってことじゃないの? 」

雑誌部「山崎さんの事を僕もせいぜい永生きして紘菜を撮り続けて
           やらなくちゃ、と思っております∞将来が楽しみな
           女優さんであるのです≠ニ仰っていますね」

無知「これからの大林作品のミューズは山崎さんに決定?」

三畳間「じゃ、脱ぐ可能性が高い? 次の次の作品あたりかな?w  」


雑誌部「小さな野望と大きな野望を聞かれて、小さな野望が今年中に映画を
           200本観たい≠ナ、大きな野望が日本アカデミー賞で主演
           女優賞を獲ること≠ネんですね」

無知「主演女優賞は数年以内に叶うんじゃないの? 」
posted by クロ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月13日

DEATHなんです。 の巻

『MEKURU VOL.2』で雑談する会

雑誌部「BABY METALに10の質問をしていますが
       キャラ設定がしっかりしていたりブレていたりして
       面白いですね( ^∀^) 」

無知「2問目の「10代でよかった」と思うことが何かあれば
       教えてください=@のSU-METALの答えがw 」

雑誌部「世を忍ぶ仮の姿では学生なので、制服を着たまま行動できるので
       服を選ぶ手間が省けて楽ですね(笑)=v

三畳間「デーモン閣下みたいなキャラ設定なんだ(´ε` ) 」

無知「4問目の10代のうちにかなえたい「野望」はなんですか?≠フ
       MOAMETALの答えは子供らしさが垣間見えて微笑ましいw 」

雑誌部「キッザニアに行きたいDEATH!キッザニア大好き!!
          3人でプリクラを撮りに行きたい!
          あとは空を飛んでみたいな〜=v

三畳間「キャラ設定が厳しいんだか、ユルいんだか
             わからなくなるな (^皿^)  」

無知「ウィークポイントがメンバー全員おつまみが好きなので、控え室が
           おつまみくさくなること(笑)≠チてのも
           正直すぎて(^ヮ^)  」

三畳間「キャラとのギャップがw  」

無知「まぁ、設定がユルい方がイジりやすいのかな?w  」
posted by クロ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月12日

見せパンは禁止!? の巻

『映画秘宝 2014年10月号』で雑談する会

雑誌部「【TOKYO TRIBE】特集には、YOUNG DAISさんと
           清野菜名さんのインタビューが載っていますね」

無知「清野さんの後ろ回し蹴り秘話が( ^∀^) 」

雑誌部「私の得意な技のひとつなんです。できるまで何度も練習した
         技で、昼間に練習するのは恥ずかしかったので、夜に1人で
         公園に行って蹴っていました(笑)=v

無知「警察官に見つかったら100%職務質問されるな(´ε` ) 」

三畳間「夜の公園で後ろ回し蹴りしている女の子が居たら怖くて
          声かけれないなぁw」

雑誌部「中川翔子さん主演の映画【ヌイグルマーZ】では、武田梨奈さんの
           吹き替えを演じてらしたんですね」

三畳間「しょこたんが演じたヌイグルマーの吹き替えも
           清野さんがやってたんだ( ゚д゚) 」

無知「『ピチレモン』のファッションモデルがアクションシーンの吹き替え
          しているってスゴすぎ (゚A゚;)  」


雑誌部「【TOKYO TRIBE】でも園子温監督はパンチラに対するこだわりが
          あったんですねw 」

三畳間「パンチラに対して清野さんは私は抵抗なかったです。むしろ
         蹴るときは一瞬なので、見えなかったら意味がないなと
         思い、わざと大きく動いたり、足の角度を高めに
         設定したりしまいた。でも園さん曰く“食い込みが
         足りなかった!”(笑)≠ニ園監督の秀逸な発言を
         暴露してるね(*´3`*)  」

雑誌部「ちなみに映画【ホットロード】主演の登坂広臣さんが表紙の『ALEX』
        という雑誌で、園子温監督とYOUNG DAISさんがインタビュー
        されているんですけど、インタビュアーが女性だったからか
        ミニスカートの女性は普通アンダーパンツをはいているという
        指摘をうけていましたね」

三畳間「園監督、パンチラよりもケツ派発言(^皿^) 」

無知「“食い込みが足りない”っていうのは、ケツ派だからこそ言える
         発言とも解釈出来るかw 」
posted by クロ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2014年10月11日

左右狂い跳びの正しいやり方を知りたがるグラビアアイドル の巻

『映画秘宝 2014年10月号』で雑談する会

雑誌部「今回の《激突!パイパニック対談》のゲストは、映画【鬼灯さん家の
           アネキ】主演の谷桃子さんですね」

三畳間「オーケンが前野朋哉さんを絶賛しているのが嬉しいなぁ(´∀`)  」

雑誌部「前野朋哉さんがめちゃくちゃよかった!谷さんとの掛け合いが
         最高!!∞28歳で高校生役に違和感ゼロ!たぶん
         46歳までは童貞高校生役ができそうだね≠ニ
         ベタ褒めですね」

無知「46歳で童貞高校生を演じられそうだと思えてしまうのが
     スゴいよ(´ε` )  」

雑誌部「このままだと竹内力さんが37歳の時に15歳の高校生役を演じた
          【岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説】を超える
          伝説を前野さんは残せそうですもんね(^∀^) 」



無知「原作のマンガを全く知らないけれど原作ファンが怒っているって話は
        小耳にはさんでいたから大槻さんの援護射撃発言が嬉しい」

雑誌部「この手のお話って主役の男の子がイケメンの場合が多いんですよ。
         それに対して今回の映画のスゴイとこは共演の前野くん!
         こういうガチで冴えなくて童貞っぽい見てくれのキャラ
         だから、絶対みんなが共感できますよ≠ニ仰ってますね」

三畳間「でも、原作ファンはキャスティングに対して激怒したけどね(゚〜゚) 」

無知「原作はイケメンなんだよね?」

雑誌部「ですね(^_^;) 」

無知「大槻さんが例えで言った、郷ひろみさんが演じるはずだった
            『男おいどん』の逆パターンになったんだよね、今回の
            キャスティングは・・・」

三畳間「でも、このキャスティングはプロデューサーの確信犯だった!w 」

雑誌部「大森プロデューサー曰く僕が個人的にイケメンってのが
          大っ嫌いだからです≠ニ断言してますねw 」

無知「でも、最初のキャスティングでは原作通りの二枚目俳優だった!」

三畳間「それを大森Pが男性のお客さんに親近感を持ってもらいたかった
       のと、意外に前野くんみたいな“癒し系三枚目”キャラが
       今の映画にあまりいなかった≠ゥらだと吐露しているね」

無知「山本さんのポジションを見事に前野さんが奪った?w」

雑誌部「山本浩司さんは三枚目を演じさせたら日本でトップクラスだと
           思いますが、癒し系では・・・  」

三畳間「原作者の方が怒っていないんだったら実写化を黒歴史と
       決め付けられちゃうの残念だよね(´゚ε゚`) 」

無知「原作ファンからは総スカンされちゃったけど、原作を知らない人が
       徐々に口コミで広げて、数年後に再評価される可能性がある?」

三畳間「数年後に[前野朋哉映画祭]が開催されるくらい、前野さんが
          ブレイクするはずだから ( ´▽`)  」



雑誌部「今泉力哉監督作品に大槻ケンヂさんが出演されていたんですね」

無知「 【たまの映画】ね 」

三畳間「オーケン演出で撮影されてたとは知らなかったw  」



雑誌部「グラビアアイドルが必ず一度は変な水着を着る話では、笑撃の
          エピソードが披露されていますね(@゜▽゜@)  」

三畳間「谷さんが茨城県出身ということだけで水戸名物のワラ納豆のワラ
          水着≠着たってスゲーな(*´3`*) 」

雑誌部「ちゃんと納豆工場へ行って、ワラ納豆に囲まれて撮ったんです≠ニ
          笑撃すぎる事実w  」

無知「ワラ納豆のワラ水着グラビアは世界初でしょ?w  」

雑誌部「企画した『sabra』編集部側もスゴいが承諾した谷さんの事務所側も
          スゴいですよね」



三畳間「谷さんのプロフィールに書かれている映画デビュー作品のタイトルが
          何気にスゴいことに気付いたw  」

雑誌部「 【ALLDAYS 二丁目の朝日】 」

三畳間「便乗映画丸出しじゃんか(^皿^)  」

雑誌部「村上賢司監督の作品ですね」

無知「あ、そうなんだ (゚д゚)  」

雑誌部「ゲイの映画なんですね」

無知「だから二丁目なのかw 間違ってレンタルで借りてきちゃうのを
          狙っているのがミエミエのタイトルとパッケージすぎる」

三畳間「谷さんにとって出演したことは黒歴史じゃないんだね」

無知「江頭2:50さんを神だと思っている谷さんにとっては、黒歴史どころか
           自慢出来る作品なんじゃないのかな?w  」
posted by クロ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記