2014年11月29日

ブラックユーモア満載の異色ホームドラマの神がかった演出と音に注目 の巻

『映画秘宝 2014年11月号』で雑談する会

雑誌部「島田歌穂さんのインタビューには
           『がんばれ!ロボコン』裏話が載っていますね」

無知「ロボットの着ぐるみの中の人の話は興味深いね(´ε` )  」

三畳間「夏は地獄だけど、冬は温かくて快適だったのかw 」

無知「ロボコンは2人体制で、殺陣師の方と20代前半くらいの役者さんが
         演じていたんだねぇ」

三畳間「ロボコンを演じていた、キレのいい動きをする殺陣師と
         味のある役者さんは今も業界に残っているのかな・・・」





雑誌部「今回の藤浦さんの《だんぴら一代》は、裏話中の
             裏話ですね(@゜▽゜@)  」

三畳間「日活撮影所売却騒動の真相は衝撃だな(((゚Д゚;)))  」

無知「【金融腐食列島 呪縛】みたいな感じで映画化出来ないかなぁ(・з・) 」

三畳間「この裏舞台の遣り取り、映画化しないのは勿体無い(´゚ε゚`)  」





雑誌部「森田芳光監督の【家族ゲーム】と根岸吉太郎監督の【遠雷】の
         Blu-ray発売記念記事には興味深い情報が
         紹介されていますね」

無知「待望のBD化だから画質に目がいきがちだけど
           音のスゴさにも注目しなきゃダメだね (´・∀・`)   」

雑誌部「直井さん曰く沼田家の父(伊丹十三)の車内のラジオ音、銀色の
       球体が滑り落ちる音、空き地でのバスのクラクション、とにかく
       食事の音、生活音、吉本がビンタ前に鼻をすする音、沼田家母
       (由紀さおり)が聴くレコードの無音処理、そして飛行機の音や
       ヘリの轟音、全編に渡って「不穏」を増幅する、細部まで計算
       し尽されたサウンドスケープは圧巻だ≠ニ」

三畳間「森田監督が【家族ゲーム】撮ったのって、33歳なのか・・・」
posted by クロ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記