2015年01月01日

歌手から俳優になり、映画も撮った30歳のMak監督 の巻

『映画秘宝2014年12月号』で雑談する会

雑誌部「《閉所恐怖症的 団地ホラー!【キョンシー】公開記念》として
           ジュノ・マック監督と高木完さんのインタビューが
           載っていますね」

三畳間「【リゴル・モルティス/死後硬直】の邦題が【キョンシー】に
            なったのは大人の事情?」

無知「【キョンシー】が香港で大ヒットしたことで、キョンシー映画の新作
          企画が5本くらい動いているって、スゲー便乗っぷりw 」

三畳間「便乗といったら、小惑星探査機[はやぶさ]の映画が3本同時期に
           公開されたことを思い出した(´ε` )   」


無知「高木さん、【業界くん物語 〜業界人養成ギプス〜】って作品に
           老師役で出演しているんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「高木完さんが演技している姿が観られるのは、【星くず兄弟の伝説】
          【SF サムライ・フィクション】だけじゃなかったんですね」


三畳間「香港の団地裏話には驚いた(゚A゚;)  」

雑誌部「香港にある団地の多くは、構造的に精神病院と同じような造りに
         なってるんです。一昔前には団地での飛び降り事件も非常に
         多かった≠ニ・・・」

無知「じゃ、団地に住んでいた人が精神病院から退院して団地に戻って
           きたら・・・なんだかんだで落ち着くのか?w」


三畳間「【キョンシー】は80%以上のシーンは、セットで撮影≠オ、約
            1.5トンの血のり≠使ったんだ( ゚д゚) 」

無知「1.5トンってスゴいなw   ギネスに申請しないのかな?」


三畳間「【キョンシー】のスタッフ、国際色豊かすぎるね(´・∀・`)  」

雑誌部「香港人はキョンシーに対して非常に強固なイメージ≠持っている
          からと、スタッフには音楽はイギリス人、編集は
          カナダ人、特殊メイクはタイ人、スチルはフランス人、音の
          仕上げはスペイン≠ネんですね」

無知「で、プロデューサーが清水崇監督か( °_° )  」

三畳間「日本映画界で最近国際色豊かなスタッフで撮った映画といえば
          実写版【ルパン三世】くらいかな?」

雑誌部「撮影地のタイ人スタッフや韓国のアクションチーム、撮影監督に
            スペイン人を起用するなどしていましたよね」

無知「映画に国境は無いんだから言葉の壁や文化の壁を乗り越えて
       面白い映画を作るために海外の優秀なスタッフにオファーする
       やり手プロデューサーが増えると日本映画界にとって
       良い刺激になると思うんだけどねぇ(´-д-`) 」
posted by クロ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記