2015年02月28日

涙が出るほどじゃないけど(´・_・`)  の巻

気になる雑誌の連載で雑談する会

無知「悲しい時 ( ノД`)   」

三畳間「悲しいときぃ(つД`) 」

教授「はぁ?」

雑誌部「いつここさんのモノマネですよ、たぶん(^_^;) 」

無知「楽しみにしていた吉田恵輔監督の連載《蝶のように舞い
      猫のようにニャ〜》が、渋谷すばるさんが表紙の『+act. 2015年
      3月号』で最終回になってしまった事を知ったとき」

三畳間「知ったときぃー 」

教授「で? 何か問題でも?」

無知「打ち切りじゃなくて監督側から連載終了を願い出たって・・・」

三畳間「弱冠、鬱っぽい感じの内容なのが・・・大丈夫かな?」

無知「【麦子さん】【銀の匙】が評論家から黙殺されたのが原因?w 」

雑誌部「関係無いとは思いますが・・・」

教授「気にするな(´-ω-`)  」

無知「吉田恵輔監督の近況が知れる貴重な連載だったから残念(´・ω・`) 」




三畳間「悲しい時 ( ノД`)  」

無知「悲しいときぃ(つД`)  」

教授「まだやるのか?」

三畳間「前野朋哉監督を逸早く大特集してくれた『acteur』が
       福士蒼汰さんが表紙の『アクチュール 2015年3月号』をもって
       休刊してしまう事を知ったとき」

無知「知ったときぃー」

教授「出版不況だから仕方が無いのでは?」

三畳間「カラーページじゃない方に掲載される俳優の人選が毎号
         通好みで楽しみだったんだけど・・・」

雑誌部「休刊の原因は何でしょうね?」

無知「ターゲットである10代20代の女性はジャニーズのタレントさんが
         充実してなきゃ購入してくれなかったのかなぁ?」




三畳間「悲しい時 ( ノД`)   」

無知「悲しいときぃ(つД`)  」

教授「どうせそんなに悲しくない話だろ(`д´)  」

三畳間「『週刊アスキー』で連載されていた《樋口真嗣の暮らしの手帖》が
       中川翔子さんが表紙の『週刊アスキー 2015年3月10日号』で
       最終回になってしまった事を知った時」

無知「知ったときぃー」

教授「ほら、悲しくない  m9っ`Д´)  」

雑誌部「悲しんでいる樋口監督ファンも居ると思いますが(´-ω-`;) 」

三畳間「この連載で映画【進撃の巨人】の言い訳を読めると
          思っていたのに(´ε` )  」

無知「人気が無くて、打ち切りなのかな?w  」

教授「【進撃の巨人】の製作委員会側からの圧力だったりして (^皿^) 」

三畳間「えぇ(゚A゚;)   」

教授「違うでしょ、違うでしょ!反論してよ、反論w  」

三畳間「・・・」




無知「『GetNavi 2015年4月号』にまんまとやられたなぁ( ´▽`)   」

雑誌部「シャア・アズナブルが表紙ですからねぇ(´・∀・`)  」

無知「いや、シャアじゃなくてモグタンの方に(*´v`*)  」

雑誌部「えっ?そっちですか?」

無知「モグタン世代としては注目せざるを得ないでしょ(*´ ω `*)  」

雑誌部「・・・」
posted by クロ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月27日

過激な作品を作る会社のオフィスは閑静な住宅街にあるんだね の巻

『キネマ旬報 2014年12月下旬号』で雑談する会

三畳間「カンパニー松尾監督が『キネマ旬報』に登場する日が来るとは
         想像も出来なかったなぁ( ´3`)  」

雑誌部「韓国映画特集にカンパニー松尾監督のインタビューを載せるのは
         『キネ旬』が攻めている証拠ですかね?w  」

無知「松尾監督、ウォン・カーウァイ監督とキム・ギドク監督を
          偏愛していたのか(゜ロ゜) 」

三畳間「偏愛しているからこそキム・ギドク監督の作品を結構ボロカスに
          言ったりできる?w  」

雑誌部「ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲った【嘆きのピエタ】を
       湧き出るものは果てしなくあるんだと思うんです。
        でも良い役者だったり、いい撮影条件で撮りたいという
        欲求は、まったく感じられない(笑)。カット割りとか編集も
        見ちゃいられないほど下手クソ。映像的に見たら素人以下
        というか、笑っちゃうような場面もたくさんある=v

無知「映画評論家が思っていても口に出せなかったような事を
          言っちゃうんだもんなぁw  」

三畳間「【春夏秋冬そして春】や【コースト・カード】に対する
           秀逸な指摘っぷりが最高だね(^皿^)  」

雑誌部「【春夏秋冬そして春】で子どもがイタズラしているのを見てる
       坊主の距離が、近すぎる。こっちは「お前、さっさと
       止めろよ!」(笑)ですよ。その辺が「まあいんじゃない、テキ
       トーで」っていう。【コースト・カード】も、社会的弱者の
       側から南北分断という悲劇を描いているわけですが、どう
       しようもなくVシネ感が漂っている(笑)。主演のチャン・ドン
       ゴンさえ戸惑っているっていう、その舞台裏まで透けて見えて
       しまう=v

無知「新作の【メビウス】も斬新な例えでwww   」

雑誌部「セットが安い、撮影期間も短い、そして例のオーバーアクト。
        ギドクの映画だからセリフがないのには慣れているんだけど、
        まるで90分ずっと、『タモリ倶楽部』の空耳アワーを見ている
        状態(笑)=v

三畳間「キム・ギドク=安達かおる論は『キネ旬』にノーカットで
           載せてあるのが信じられないww  」

雑誌部「ウンコ・オシッコ・スカトロと・・・女性読者がドン引きそうな話が
          『キネ旬』に載ったのは色々な意味で快挙!?」

無知「でも、松尾監督のWピース写真は『キネ旬』側の松尾監督への
          リスペクトが感じられない (゚ε゚) 」

雑誌部「「ひょうきんなカンジで」という筆者のリクエストに
            Wピースでこたえるカンパニー松尾=v

三畳間「キム・ギドク監督に同じリクエストしたなら問題ないけどさ」

無知「悪ノリ感は否めないでしょ(´゚ε゚`)  」
posted by クロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

邪悪なまでの面白さ? ダイナマイト級の衝撃? の巻

『キネマ旬報 2014年12月下旬号』で雑談する会

雑誌部「デイヴィッド・フィンチャー監督の【ゴーンガール】が
        表紙&特集されていますね」

無知「ベン・アフレックのデイヴィッド・フィンチャー監督への
         熱い思いが(´ε` ) 」

雑誌部「最初にデイヴィッドから出演依頼の電話をもらって、彼が
        監督なら、もし脚本が電話帳だったとしても読むつもりで
        いた(笑)≠ニいうくらリスペクトしているんですね」

三畳間「さらにフィンチャー監督を持ち上げまくっているし(^ヮ^)  」

雑誌部「監督というのは大きく2つのタイプに分かれる。専門的な技術に
        こだわる、ミュージック・ビデオやコマーシャルの世界から
        来た人。もうひとつは、役者や脚本家を尊重する人。
        通常、どちらかに偏るものだけど、デイヴィッドはこれまで
        会った監督の中で唯一、両方の特徴を持ち合わせた人だった。
        つまりエンジニアであり、アーティスト。
        噂と違って現場ではナイスで面白い人柄だった。
        ただの悪魔じゃなかったよ(笑)=v

無知「お世辞でもここまで言ってくれると嬉しいかもね(´・∀・`)  」

三畳間「【ゴーンガール】はキャスティングと照明と音楽に
     拘ったのか( ゚д゚) 」

雑誌部「キャスティングは全体の力学を想像し、チームを作るイメージだ。
         おたがいへの作用やバランスを重視する
        撮影に関しては、デジタルで最も問題になるのは
         照明で、ちょっとした光の変化で、リアリティ番組のような
         映像になる危険もある=v

無知「音楽は、トレント・レズナーへの信頼感がスゴいんだなぁ(・з・)   」






雑誌部「《今号の筆者紹介》で、桜庭一樹先生が悲しい話をしていますねw」

無知「【ハンニバル1】のDVDにとんかつソースが飛んでるのに
           気づかずデッキに入れてしまい、故障・・・・・・。=v

三畳間「悲劇だ (^皿^)   」


無知「《今号の筆者紹介》にはスゴいコラボが実現する話が(((゚Д゚;)))   」

雑誌部「NEW[CINEMA塾]もいよいよ佳境に入ってきた。
         1月は庵野秀明氏がゲストだ。
         彼とは宇部市出身、同郷なのだ=v

三畳間「宇部市が誇る二大監督の夢の共演(@゜▽゜@)   」
posted by クロ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月25日

ナイスな映画の話など の巻

『映画秘宝 2015年2月号』で雑談する会

雑誌部「【劇場版テレクラキャノンボール2013】の祝・DVD&BD化記念として
          カンパニー松尾監督のインタビューが載っていますね」

無知「10時間のノーカット版を上映したときは、お客が
          8人だったんだ ( ゚д゚)  」

三畳間「その後、劇場版をほとんど宣伝せずに公開するも
         ツイッターで拡散されて大ヒットするって奇跡が
         ドラマチックだもんなぁ( ´▽`)  」

無知「映画興行のルールをぶっ壊せたのも見事すぎ(@゜▽゜@) 」

三畳間「暗黙のルールなんて関係無いって言えなかったのを言ってくれた
         松尾監督の功績は非常に大きいでしょ(`∀´) 」

雑誌部「同じページで、平野勝之監督が村西とおる監督の映画を
        紹介していますね」

三畳間「AV界のオールスターの夢の誌面共演?w  」





無知「《CONTRIBUTORS》に載っている神武さんのD-VHSの悲劇は
          共感する人居るかな?w  」

雑誌部「見ようと思ったらブロックノイズだらけで途中から再生不能に。
        テープにデジタル記録はいちばん危険なのかも。とほほ=v

三畳間「BDやSDカードやUSBメモリでも
          悲劇は繰り返されるんだろうけどさ(´-д-`)  」



無知「《CONTRIBUTORS》には、古泉先生から驚くべきの報告が!」

雑誌部「子供と生活することになりまして、人生の後半戦がスタート
           しました!映画を一緒に観るのが楽しみです=v

三畳間「あれだけ子供と会っていない話をしていたから驚きが (゚A゚;) 」



無知「《CONTRIBUTORS》に載っている平野勝之監督の近況報告は
          秀逸の一言だね」

雑誌部「へそが臭い!!=v

三畳間「ダイイングメッセージじゃないよね?ww  」

無知「誰に向けてのメッセージなんだろ?w  」
posted by クロ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

映画に理論、理屈、能書き、まったく不要 の巻

『映画秘宝 2015年2月号』で雑談する会

雑誌部「藤浦さんの連載《だんぴら一代》が最終回とは
    残念ですね(´・ω・`)  」

無知「毎回貴重なエピソードが満載で面白かったのになぁ( ノД`) 」

三畳間「最終回に最近の日本映画をバッサリなのは流石だ(^皿^) 」

雑誌部「(最近の日本映画は)ほとんど観ない。
       若い監督の作品は全部、TVの影響があるからTV的でね。
       重箱の隅突くようなことしかできない。
       だったらTVを観ればいいんだ。わざわざ銀座や新宿まで
       足を運んで観る価値はないです。子供向けが多し、大人向けは
       文部省推薦みたいな内容。いい映画でためになる、ケチが
       つけようがないけど、たったひとつ、面白くない(笑)。
       人間の良いところも悪いところも描く、それが映画なのに=v

無知「仰る通り(´-ω-`)  」

三畳間「映画会社の社長、プロデューサー、うるさいお客の事も
         バッサリと斬ってくれている」

雑誌部「映画会社の社長は監督に引きずられてる。だからろくな映画が
       できません。プロデューサーもみんな御用プロデューサーだから
       自分の案なんてない。「千万人といえども我行かん」という
       気持ちがあればお客はついてくる。それが今は映画人のほうが
       お客についていってる。お客の希望に沿えば当たるように
       思ってるんでしょう。でも、こういう映画が観たいって図々しく
       希望を出すヤツって、ロクなもんじゃない。体面があるから教育
       映画とか、いい子が偉くなるような企画ばっかり。人殺しとか
       ゴロツキの映画とかが観たいとは、誰も言わないですよ=v

無知「ご尤もすぎる (゚〜゚)   」

三畳間「有名小説家や脚本家も一刀両断 (゚A゚;) 」

雑誌部「宮部みゆきだ東野圭吾だ、すぐ薄っぺらな流行作家の原作を映画に
       してるから、映画も薄っぺらになっちゃう。芯がしっかりして
       ないんですよ。とくに脚本家がヘタです。TVの脚本家が映画のホン
       書く、たとえば倉本聰くん、山田太一くんだって所詮はTVの作家
       だから、映画の脚本やったら構成がまったくダメ≠ニ言えるのは
       日本映画関係者では藤浦敦さんくらいでしょうねぇ・・・」

無知「佐藤純彌監督の【桜田門外ノ変】を秀逸な一言で斬ってるし」

雑誌部「期待したんだけど、大根でしたね。大根にスが入ってました。
        どうにもしょうがない。今は時代劇をきちんと撮れる監督は
        いなくなった=v

三畳間「そんな藤浦さんが撮りたい映画は二・二六事件の映画化なのか」

無知「神山監督も二・二六事件を映画化したいって言ってたよね」

三畳間「【忠臣蔵外伝 四谷怪談】と【四十七人の刺客】が
      同時期に公開されて話題になったり[はやぶさ]の映画が3本
      公開されたりしたんだから二・二六事件も神山監督と藤浦さんに
      撮ってもらって同時期に公開したら話題になるんじゃないの?w」

雑誌部「例えに使った映画がコケていますが・・・」

三畳間「あ・・・確かに(^_^;)  」





無知「《CONTRIBUTORS》に書いてある藤木さんの提案は
         賛成だな(´・∀・`)  」

雑誌部「藤浦さんには不良毒舌トークタレントとして
          ブレイクしてほしい!=v

三畳間「『サンデーモーニング』の張本さんみたいなポジションで
        日本映画界を一刀両断するコーナーを『めざましテレビ』や
        『王様のブランチ』では無理だろうからMXテレビかCSの番組で
        実現してくれないかなぁ(´ε` )   」
posted by クロ at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月24日

2014年8月に何かあったかが気になる大御所俳優 の巻

『映画秘宝 2015年2月号』で雑談する会

雑誌部「夏木陽介さんのインタビューが載っていますね」

無知「2014年は2回入院していたんだ(゜ロ゜)  」

三畳間「各局の医療番組からオファー殺到しそうな体験してたんだね」

雑誌部「ドリルで頭に穴を開けられてさ、血を牛乳瓶1本ほど抜かれて
         ベッドに寝かされて。で、5日もしたら全機能が回復した=v

無知「回復したからって直ぐにクラシックカーイベントに参加しようとする
         って、スゴいね(^_^;)  」



三畳間「昔の東宝のエピソードも面白いよね(^ヮ^)  」

雑誌部「守衛が森繁久彌さんを知らないなんて信じられない話や
       松本幸四郎さんがエキストラと勘違いされた話は驚きますね」

無知「作戦シリーズの製作費の裏話もスゴい(@゜▽゜@)   」

雑誌部「エキストラや馬の数、火薬代、ぶっ壊すために建てたセットとか
         今のお金に換算すると軽く7〜8億円は超えていた=v

三畳間「東宝の戦争映画裏話も興味深い」

雑誌部「東宝の戦争ものは、ほとんど御殿場。今は太平洋クラブのゴルフ
       コースだね。撮影していたころは自衛隊の訓練場所で、戦車の
       テストコースでもあったんですよ。昼休みになると
       その自衛隊の連中が近づいて来てね、「馬に乗らせてくれ」って
       言うから「じゃあ、ちょっと戦車に乗っけてくれたらいいよ」と
       無謀な交換条件を出して(笑)。けっこう和気あいあいと
       やってましたよ=v

無知「まさか、戦車に乗っちゃった!?w  」

三畳間「【暗黒街の対決】で使用したバイクの裏話は時効?w  」

雑誌部「白バイで暴力団の一味を追いかけるシーンがあるんだけど、あれ、
       ハーレーダビッドソンの技術を応用した“陸王”っていうオーバイ
       ブランドのものなんです。前年に生産が中止され、なかなか手に
       入らず、宇都宮の警察署にあった本物を借りて付いていたサイド
       カーの部分をはずして、土手と陸橋を走った=v

無知「警察に本物を借りようとするのもスゴいけど、貸してくれた警察も
        スゴい(´ε` )  」

三畳間「警察もユルかった時代の良い話だね ( ´▽`)   」



雑誌部「三船敏郎さんの最後にやりたかった企画が【孫悟空】だったのは
         知りませんでしたね(゚д゚) 」

無知「悟空のメイクアップをして衣装を着た写真≠ェあるってことは
         実現直前まで企画が動いていたんだ( °_° )   」

三畳間「共演者が豪華すぎ(((゚Д゚;)))  」

雑誌部「三蔵法師がドリュー・バリモア、猪八戒は関取の高見山、沙悟浄
         には、サミー・デイビスJr.を予定していたらしい=v

無知「これが実現して、世界のミフネの遺作になっていたら映画の歴史も
         大分変わっていただろうに・・・」

雑誌部「制作中の三船敏郎さんのドキュメンタリー映画が完成したら
          再評価されて、三船ブームが起きるかもしれませんね」
posted by クロ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

オプティマナンチャラ の巻

『映画秘宝 2015年2月号』で雑談する会

雑誌部「《吹替秘宝》には、玄田哲章さんの貴重なインタビューが
          載っていますね(´・∀・`)   」

無知「【トランスフォーマーオプティマスプライム】の日本語吹替版
         オーディションに玄田さんも参加しなきゃダメだったって
         驚いちゃうねぇ (;゚Д゚)  」

三畳間「玄田さんクラスでもオーディションされるんだ(゜ロ゜)   」

雑誌部「苦労したエピソードとしてすべて個別に収録して本国でダビング
       しますから、ディレクターでさえ完成するまでどうなるか
       わからないんです∞日本だけではなく、各国の吹替すべてを
       本国でダビングしているそうです。だから、ちゃんとやれた
       だろうかと試写会が怖かったです。最初の【トランスフォー
       マー】のときなんか、試写を観たディレクターが感動して
       泣いちゃってね。そういう意味では、安心して収録できたのは
       ナレーションくらいかな(笑)≠ニ仰られていますね」

無知「大変だねぇ (゚〜゚) 」

三畳間「玄田さんが語る吹替と字幕の比較の話は興味深いね」

雑誌部「ボブ・ホープのコメディ映画を高校生の頃にテレビで観て笑いが
        止まらなくなったのに字幕版で見直したら全然笑えなかった
        ことで吹替のスゴさに気付かれたと」

無知「ジャッキーの映画を字幕で観たらつまんないのと同じか (・з・)  」







雑誌部「和地真智子さんのインタビューが載ってますね」

無知「【団地妻 ニュータウン暴行魔】の監督である北川徹が磯村一路監督の
          変名だったって知らなかったなぁ( ゚д゚)   」

三畳間「磯村監督、【がんばっていきまっしょい】を超える作品が誕生する
         気配が全く無いのが残念だよ(´-д-`)   」


無知「和地さん、20歳下の妹が居るんだ( ゚д゚ )  」

三畳間「ロマンポルノから引退したのも妹さんのことを思って・・・」

雑誌部「妹が幼稚園で、園児のお父さんたちが映画や雑誌を見るわけ
         ですよ。で、幼稚園に行けなくなってしまって、それを弟から
         聞かされて、これは辞めなきゃいけないと=v

無知「インターネットが無かった時代でも
      噂が広がるのは早いからねぇ(´・ω・`)  」
posted by クロ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月22日

【ザ・コミットメンツ】を観てから劇場へ行く方が良い? の巻

『TV Bros. 2015年2月7日号』で雑談する会

雑誌部「【味園ユニバース】特集には山下敦弘監督と赤犬のインタビューが
          載っていますね」

無知「元・赤犬のメンバーだったアキラ先輩の話読んだら『紙兎ロペ』を
         思い出しちゃった( ^∀^) 」

雑誌部「アキラ違いですよ(^_^;)  」

無知「ちなみに今号の読者プレゼントには『紙兎ロペ』のシールブックが
         2名様に当たるって・・・話が逸れちゃったねw  」



三畳間「山下監督、学生時代は阪本順治監督や井筒和幸監督とか関西弁
       映画マスターたちがいるので、自分はうかつに手を出せない≠ニ
       思っていたのが今回、主演の渋谷さんと脚本家の菅野さんが
       居たことで実現したんだ( ゚д゚)   」

雑誌部「シナハンに行った時、脚本家の菅ちゃんに俺が一方的に大阪の
        想い出話をバンバンして(笑)。自分にとっての大阪が
        そのまんま映ってるかもしれない≠ニ仰っているということが
        菅野さんを信頼している証拠?w  」

無知「菅野さんって初耳だけど、山下監督とは初仕事だよね?」

雑誌部「菅野友恵さんは、向井康介さんと【陽だまりの彼女】の脚本を
       書かれていたり、隠れた名作扱いされている谷口正晃監督版の
       【時をかける少女】の脚本家でもあります」

三畳間「 へぇ(゜□゜)  」

無知「若手の女性の監督が話題になることはあっても
        若手の女性の脚本家は取り上げてもらう機会が少ないから
        どこかで特集組んでくれないかなぁ(゚〜゚)   」



三畳間「インタビュー最後の二階堂さんのエピソードが秀逸すぎw  」

雑誌部「二階堂ふみちゃんが高円寺辺りにペンペンズのライブを観に行った
         らしいんですよ。その時、モタコ君がステージでおしっこ
         しちゃって。それで二階堂がドン引きして、「あのバンド
         どうかと思う」みたいな(笑)。でもふたり、今回の共演時に
         ちゃんと和解してました(笑)=@」

三畳間「和解出来て良かった (´ε` )   」



無知「【味園ユニバース】を観た後には、本田隆一監督、山本浩司さん主演の
        映画【東京ハレンチ天国 さよならのブルース】を観て欲しいw 」

雑誌部「大阪芸大オールスターズの音楽映画を比較して楽しむ人は
          少ないんじゃないでしょうか?」

三畳間「山本さんが熱唱する[東京・ア・ゴーゴー]が未だに耳に残ってるけど
          【味園ユニバース】の後に観ちゃうと・・・ 」

無知「渋谷さんの歌声に負けてないと思うんだけどなぁw  」
posted by クロ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

カメのイメージが根底から覆る話!? の巻

『TV Bros. 2015年2月7日号』で雑談する会

雑誌部「《WORLD Bros》で気になった情報ありますか?」

無知「インドが・・・ 」

雑誌部「この国の人は川に何でも流します。糞尿、お祭りの道具、食べ物の
          残りかす、何でもです=v

無知「さらに (||゚Д゚)ヒィィィ(゚Д゚||)  」

雑誌部「貧困層や一部の宗派は未婚の女性や子どもの遺体は
           火葬せずに、そのまま流していたのです=v

無知「火葬せずに流しちゃうのか・・・  」

三畳間「日本でも昔は水木しげる先生のマンガでも紹介されていた
         生まれたばかりの赤ん坊を小さな俵に入れて海に流す
         間引きがあったり、子犬や子猫も川に流したりしていたって
         話は聞いたことがあるけどさ・・・  」

雑誌部「120体以上の遺体がガンジス川の川岸に大量に打ち上げられ、ハゲ
          タカやカラスが遺体をつつく、阿鼻叫喚の風景≠ヘ
          想像もしたくないですよね」

無知「   壁|]ロ゚;)))ガタガタ!!  」

三畳間「恐ろしや(((゚Д゚;)))  」

雑誌部「大量に打ち上げられた原因が地元の人曰くカメが減った≠ニいう
          のも驚きですね(゚A゚;)  」

無知「亀が遺体を食べているって・・・ 」




三畳間「歌舞伎町の人のアイヌ話は強烈だなぁ(゚ε゚)  」

無知「『創 2015年3月号』の小林先生と香山先生の対談を読んだ人に
   読んで欲しいコラム?w  」

三畳間「アイヌのおじさん達の下ネタをマンガ化したり映画化したりすると
       イメージが変わって難しいアイヌ問題も少しやわらかくなる?w 」

雑誌部「さらに誤解されますよ(^_^;)  」
posted by クロ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月20日

恥ずかしがらずにモジモジせずにこっちを向けよ! の巻

『TV Bros. 2015年2月7日号』で雑談する会

雑誌部「【劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス】公開記念特集には
        《ムーミンとトーベ・ヤンソンの基礎知識 〜トーベ生誕
        101年、ムーミン70年までの流れをすべて解説!〜》という
        資料的価値のある特集も載っていますね」

無知「昭和版の『ムーミン』、封印作品扱いされているのが
   残念だよなぁ(´・ω・`) 」

雑誌部「あまりにも原作とかけ離れた内容だったためにトーベからの
         承認を得ることができず、幻の作品となってしまった=v

三畳間「CSで再放送も出来ないから完全に封印作品!?」


無知「何年か前に懸賞でムーミングッズ当たったけど
         プレミア付かないかな?」

三畳間「何当たったんだっけ?」

無知「[ニッポンハム]のムーミンマグネットと
          何の懸賞だかは忘れちゃったけどマグカップ」

三畳間「あぁ、どっちもプレミア付きそうな感じはしないね(´-д-`)  」

無知「確かに大量に作られているだろうか無理か・・・」

三畳間「『ムーミン』っていって思い出すのは民間人が高校生の時に
       スナフキンのTシャツを着ていたイメージが強すぎて(^ヮ^) 」

民間人「そうか?」

三畳間「未だにスナフキン=民間人ってイメージが頭に残っている」

民間人「記憶にねぇし(´゚c_,゚` )  」

三畳間「証拠写真が無いからなぁ・・・ 」
posted by クロ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月19日

才能のピークが80歳代!? の巻

『TV Bros. 2015年2月7日号』で雑談する会

雑誌部「大根仁監督が連載《中春スケッチブック》で、クリント・イースト
          ウッド監督をベタ褒めしていますね」

無知「84歳なのに今が監督としての絶頂期って言えちゃうのが
          恐ろしい(゚A゚;)   」

三畳間「黒澤明監督の晩年と比較したら圧倒的にイーストウッド監督の
         スゴさがわかるよね (´・∀・`) 」

雑誌部「信じられないような傑作をほぼ1年に1本作る量産体制に入ったのは
        2003年の【ミスティック・リバー】からだが、そのどれもが
        ウディ・アレンのように「1年に1本」作れるような題材では
        ないのだ。【ミリオンダラー・ベイビー】【父親たちの星条旗】
        【硫黄島からの手紙】【チェンジリング】【インピクタス】
        【ヒア・アフター】、そして【ジャージー・ボーイズ】。
        どれもが、普通の監督だったら10年に1本出るか出ないかの
        クオリティだし、準備も仕上げも時間が掛かるものばかりだ=v

無知「日本は・・・ あ、大林宣彦監督が居るじゃないか!」




雑誌部「《左手で描いた世界地図》で、TOKYO MXテレビのことを2006年の
         地デジ化前までは、誰にもその存在を知られていなかった≠ニ
         酷い言い方されていますね(^皿^)  」

無知「学校から帰ってくると丁度放送していた都知事の記者会見ノーカット
          見るの楽しみだったけどな(^ω^)  」

三畳間「『電リク! BEAT BOX!』見てたのは覚えている( ´3`)  」

無知「まぁ、18年前に試写会プレゼントが良く当たったのは
          誰も見ていない証拠なのかもしれないけどさw  」
posted by クロ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

無駄に買いまくったプラカラーの処分に困った事を思い出す の巻

『TV Bros. 2015年2月7日号』で雑談する会

雑誌部「今回の《COMIC》は、コトヤマ先生の『だかしかし』が
          紹介されていますね( ´▽`)  」

無知「『だがしかし』は色々な雑誌で紹介されまくっているってことは
           そろそろアニメ化か実写化の話が発表されても
           おかしくないよね?」

三畳間「『だがしかし』も気になるけど、同じページで紹介されている
         『1丁目のタイムカプセル 機動戦士ガンダムより』も
         気になるでしょ(´ε` )  」

無知「80年代に“ガンプラ”にハマった世代には堪らないマンガって
          言われたらチェックしたくなるなぁ(´・∀・`)  」

雑誌部「兄貴のガンプラを壊して右往左往したり、劇場版3部作にワクワク
         したりとガンダムに夢中になった少年たちの懐かしい
         “あるある”が満載≠ネんですね」

三畳間「この手のマンガを読んじゃうと
       確実に懐かしい病が悪化するから気をつけないと( ノД`)  」





無知「《BS&CS digital》に驚くべき番組の情報が(^皿^)   」

三畳間「『トムとジェリー 10時間ホリデースペシャル』って(@゜▽゜@) 」

無知「『トムとジェリー』を10時間見続けるのは
            ある意味で罰ゲームでしょ?w 」

三畳間「放送時間が30分だからまた見たいって感覚になるのに
          10時間って嫌いになっちゃいそうw  」
posted by クロ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月18日

名前ぇ それはぁ 燃える生命 ひとつの地球に一人ずつ一つぅ の巻

『テレビブロス 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「《WORLD Bros》で気になった話題ありますか?」

無知「インドが(^皿^)  」

雑誌部「国民の半分以上が野グソをしている国≠チて、インパクトある
          事実が!?」

三畳間「国のキャッチコピーとしては秀逸だけど、明らかな
          イメージダウンでしょ(´ε` )   」

雑誌部「新しい首相が昨年就任して、まず訴えたのが2019年までに
          全世帯にトイレを普及させる≠ニ宣言したんですね」

三畳間「日本だって、水洗トイレの普及がまだ全世帯に行き渡っていない
       からこそ、21世紀の今でもバキュームカーが走っているんだよ
       なぁ(・з・)  」



無知「ドイツのキラキラネーム話も面白いね(´・∀・`)  」

雑誌部「名前がメルセデス・ベンツ≠フ女子大生の話が
          紹介されていますね」

三畳間「親がクルマ好きだからって(^_^;)  」

無知「親の勤め先が[オペル]ってw  小話としては見事だけどさ(^ヮ^) 」

三畳間「父親のだってこんなに安くメルセデス・ベンツが手に入る方法は
          ほかにないでしょ?≠チて、理由が酷すぎw 」

無知「一発で名前を覚えてもらえるメリットよりも
          イジられ続けるデメリットの方が大きいでしょ?」

三畳間「日本でも苗字が豊田や本田、鈴木の人の中にはクルマ好きの親が
          キラキラネーム付けちゃったりしてるんだろうね」

無知「『こち亀』で、フェラーリ大好きな親の話で
          子供の名前がスゴかったって記憶があるんだけど・・・」

雑誌部「 <我が夢フェラーリの巻> ですね 」

無知「それそれ(@゜▽゜@)  」

雑誌部「退職金を前借してマイホームを売ってテスタロッサを購入した
        親が子供の名前を出井野(デイノ)∞手酢田老差(テスタ
        ロッサ)≠ニ趣味で付けた話」

無知「当時は純粋に笑えたけど今やこんな名前も実際にありえなくないって
          時代になっちゃったことの怖さが・・・」

三畳間「“悪魔くん騒動”が懐かしいよ(´-д-`)  」
posted by クロ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月17日

実写化することを大喜びするファンは少ないんじゃないのかな? の巻

『テレビブロス 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「《亀んのヒーロー参上!!これがティーンエイジ・ニンジャ【ミュー
          タント・タートルズ】だ!!》には、ジョナサン監督と
          リポーター役で出演しているミーガン・フォックスの
          インタビューが載っていますね」

無知「ミーガン・フォックスが日本のアニメで実写化して欲しい作品の話を
         しているね(´・∀・`)  」

雑誌部「『セーラームーン』と『カウボーイビバップ』を実写化して
         欲しいなあ。『セーラームーン』の実写化なんて、みんな
         大喜びじゃない? 私はスクールユニフォームを着るような
         年齢じゃないから無理だけど=v

三畳間「2003年にTBSで北川景子さんが出演した『セーラームーン』の実写版を
          ミーガン・フォックスが見たら何て言うだろうか?w  」

無知「海外の『セーラームーン』ファンが実写化版を見たら
          コレじゃない感が半端無いんだろうなぁ(^皿^)  」

三畳間「『カウボーイビバップ』は何年か前に
             ハリウッドで実写化の話あったような?」

雑誌部「2009年にキアヌ・リーブス主演で実写版の映画の制作が
          発表されましたけど・・・一応プロジェクトは今も
          進行中らしいですけどね」

三畳間「【AKIRA】の実写版が実現に向けて動き出したから『カウボーイ
          ビバップ』も何かしらの動きがあると良いんだけど」
posted by クロ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月16日

俺が宣伝しなくても映画館に観に来いよ!? の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「映画【この世で俺/僕だけ】公開記念として、池松壮亮さんとマキタ
         スポーツさんのインタビューが載っていますね」

三畳間「池松さんが俳優が出演した映画の宣伝をすることに一言
          物申しているけど大丈夫かな?」

雑誌部「作品についてはスクリーンに映っているものがすべてだと
          思っているので。ほかのところでいろいろ話すのは
          野暮ですよ≠ニ仰られていますね」

三畳間「映画の見所を教えてくださいって頭の悪い質問する司会者が
            未だにいるからねぇ(´-д-`)   」

無知「マキタさんがゆえにこの対談も本編の話が極端に少ないんだよ。
        でもブロスだったら大丈夫。それがこの雑誌の良さだし、俺も
        そっちのほうが全然いいと思う≠チて、映画の宣伝としては
        全く影響力が無いとも捉えられる褒め方をしているし(^皿^)  」

雑誌部「すげえいい雑誌ですね。ただそういう雑誌も機会もどんどん減って
       いるのは事実です。どっかの誰かが「映画の宣伝も役者の仕事」
       って決めちゃって、でも「本当にそれって正しいの?」とは
       言えない空気があって≠ニ色々と物議を醸すでしょうが
       正直すぎる疑問ですね」

三畳間「宣伝しなきゃ映画館に足を運んでもらえないのも事実だし、劇場で
       上映後にトークショーやったりするのも出演した役者が映画館で
       作品を観て欲しいとの思いでやる仕事の一つではある」

無知「バラエティ番組に宣伝の為に出演するのは
         全く宣伝の意味が無い場合も少なく無いけどね(´゚ε゚`) 」

雑誌部「テレビ番組に電波ジャックするくらい出演しても
            コケる作品の方が多かったりしますし・・・」

三畳間「マキタさんも高倉健さんでさえ、晩年はテレビに出て宣伝してた
        でしょ。もはや役者はそういう場面でも存在感を発揮しないと
        いけない時代なんだよ。ただ話をひっくり返すようだけど、俺は
        雑誌のインタビューでは見所とかグイグイしゃべっちゃうけど
        ね(笑)≠ニ、丸く収めようとw  」

雑誌部「時代が時代なら宣伝に協力したくないって捉えられて、業界中から
        生意気だと判断されて干されてしまう可能性もありますからね」

無知「こういった発言は池松さんが若いからこそ言える特権みたいなもんだと
       業界関係者の方達が温かい目で見てくれればいいんだけど・・・」
posted by クロ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

審査員に愛娘を見せに行ったらついでにグランプリも! の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「【ワンダフルワールドエンド】公開記念として《橋本愛 蒼波純
          愛と純のピュア・ラブ対談》が載っていますね」

無知「蒼波さんのデビューのきっかけ話には衝撃の事実が!!」

雑誌部「グランプリを受賞した[ミスiD2014]に応募したキッカケが
       お母さんが審査員をしていた吉田豪さんのファンで、それで
        ・・・娘を見せたかったみたいで・・・≠ニビックリする動機で
        応募したんですね(゚A゚;)   」

三畳間「そんな動機がキッカケになってグランプリを受賞しちゃうって
            スゴすぎ(´ε` )  」



無知「橋本さんが語る現代の若者論が興味深い(´・∀・`)  」

雑誌部「もはや誰もが芸能人なんだなって思います。モデルさんや
        女優さんは、お仕事なので映り方や撮られ方を分かっていて
        当然ですけど、いまはもう普通の女子高生でも完全に
        分かっています。かつてのように何も考えずにみんなが
        笑顔でイェーイってピースしている写真は撮れないんですよ。
        自撮りにしても、自分の魅力を最大限に写す方法を誰もが
        熟知している時代になり、無垢な存在がどんどん減って
        きている=v

三畳間「今の子達は生まれたときから撮られている世代だからねぇ(゚〜゚) 」

無知「今の子達は自分の顔に自信があるのがスゴいよ・・・絶対自撮りなんて
          したいと思わないよ(´゚c_,゚` )  」
posted by クロ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月15日

封印された56分 の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「今回の《松江の押し入れ》は『TV Bros. 2014年12月6日号』で
       大根仁監督が話題にした田代まさしさん主演、市川準監督の
       中編映画【クレープ】ですね(@゜▽゜@) 」

無知「『ブロス』が誇る、日本映画界に影響力あるお二人が
       話題にしたって事は、動かなかった何かが動いたりしない
       もんかね?」

三畳間「市川監督側の権利者はDVD化に反対する可能性もあるでしょ?」

無知「態々触れて欲しくない作品だったりするのかもしれないけど・・・」

三畳間「【クレープ】よりも市川監督作品で未DVD化なのが残念がられている
         【大阪物語】の方を先にソフト化に向けて動いて欲しいんだけど
       ねぇ(´゚ε゚`) 」




雑誌部「《〜東京都北区赤羽で過ごした2014年、夏〜 俺たちの
        スタンド・バイ・ミー》では、清野とおる先生、山田
         孝之さん、山下敦弘監督、松江哲明監督の豪華インタビューが
        載っていますね」

無知「この四人の写真を表紙にしなかったは勿体無いなぁ(゚〜゚) 」




雑誌部「今回の《ウィキ直し!》は下田美咲さんですね」

無知「出演した映画【ザ・ザ・ザオペレッタ】がお蔵入りし、未完成の
         ままって・・・  」

三畳間「監督、誰だろ?」

無知「撮影の途中で制作中止になったのかな?」

三畳間「テリー・ギリアム監督の【ロスト・イン・ラマンチャ】みたいな
           感じで、撮り終えた素材だけでも公開すること
           出来ないのかね?w  」
posted by クロ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

都内有数の異空間の二代目オーナーが語る濃すぎる話 の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「《バレンタイン目前!ラブホテル特集》には、亜美伊新さんと
          じぇんじぇん先生のインタビューが載っていますね」

無知「じぇんじぇん先生のラブホテルのお客の“あだ名”のエピソードが
          興味深い(´ε` ) 」

雑誌部「毎回部屋で髪を切って床を髪の毛だらけにしていく通称[美容師]、
         ポカリスエットを必ず飲んでいく[ポカリ]とか(笑)。
         あと、あえぎ声がでかいから[ヒンヒンハンハン]という
         あだ名を付けられている常連さんもいます(笑)=v

三畳間「お客さんの声が結構聞こえているって話しも面白いなぁ(^ヮ^)」

雑誌部「デリヘル利用のお客さんもいるので、「ああ、これは営業
       絶頂、営業エクスタシーだね」なんて話をしたり(笑)。
       女の人の声で「吹いちゃう〜〜!吹いちゃう〜〜〜!!」と
       いうのが聞こえてくると、部屋をビショビショにされたくない
       から「吹かないで〜!お願いだから吹かないで〜!」って
       祈ってますね(笑)=v

三畳間「ラブホテルコメディ映画に使えそうなエピソードでしょ(^皿^)  」




雑誌部「《日本初のSMホテル「アルファ・イン」を訪ねて》は
         資料的価値があるインタビューですね」

無知「小学生の頃、毎週見ていた『独占!女の60分』で取材されてたんだw 」

三畳間「村上龍監督の映画【トパーズ】や飯島愛さんのAV撮影に使われたとか
         岡村靖幸さんの[アルファイン]やサザンオールスターズの[愛と
         欲望の日々]の歌詞に使われているとかスゴいなぁ(゜ロ゜)   」

三畳間「最近は海外のお客さんが多いんだ( °_° )  」

雑誌部「韓国・中国・ヨーロッパ・アメリカ・・・・・・国際電話で
       予約してきたり≠ウらに海外の取材も来ますよ。先日は
       ポーランドのインターネットTVの取材を受けました≠ニ
       海外からの人気がスゴいんですね」

無知「日本だと問題が無い十字架がタブー扱いされているとは
    知らなかった( ゚д゚)    」

雑誌部「アメリカから取材に来たときも十字架はカットされてました。
       侮辱している・冒涜している、という風に映るらしいです=v

無知「フランスなら表現の自由が重んじられるからカットされない?」



三畳間「放置プレイのエピソードは衝撃すぎる(((゚Д゚;)))   」

雑誌部「部屋で縛られている男性を2時間放置した女王様はロビーで
       時間を潰し、部屋に戻って30分後にはチェックアウトされるん
       ですね(゚A゚;)   」

無知「全く理解が出来ない世界の話だから興味深いけど・・・ 」

三畳間「オーナー曰く“放置プレイの達人”ってw  」

無知「オーナーが驚くことがなくなってしまった理由が・・・  」

雑誌部「女装の方も多いですし、あとは人体改造の人・・・・・・
        ボディ・ピアスやインプラントしてる人とか、スプリット・タン
        とか(笑)≠ニ色々な人がいらっしゃるから驚くことが
        なくなっていまったんですね」

三畳間「じゃ、吉高由里子さん主演の映画【蛇にピアス】を観ても
         オーナーは驚かなかったんだろうなぁ(゚ε゚)  」



無知「このホテルの場所がスゴい場所にあるんだね(@゜▽゜@)  」

雑誌部「ロシア大使館とアメリカンクラブの真裏なので、週末になると
       右翼の街宣がたくさん来るんですね。それに機動隊がセットで
       付くわけですよ。時間帯によってはホテルを機動隊に囲まれる
       こともある≠謔、な場所にあるんですね」

三畳間「じゃ、ロシア大使館を盗聴するCIAも利用してたりしないのかな?w」

無知「30年前のスパイ映画じゃないんだからw  」



雑誌部「メンバーズカードの話は考えようによっては素敵すぎる
          良い話と捉えても良いんでしょうか?w  」

無知「オープンのときに父親が作ったメンバーズカードがあるんですけど、
       それは有効期限がないので、それを持ってくきて使う常連さんが
       今もいるんですよ。35〜6年前に配ったもので、もうボロボロに
       なっているんですけど、それを持ってるといまだに割引がきくと
       いう(笑)。不思議ですよね≠チて、スゲー (;゚Д゚)   」

三畳間「常連さんにインタビューして欲しい(`∀´)  」

無知「『ドキュメント72時間』か『NONFIX』で実現出来ないかなぁ?w 」
posted by クロ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月12日

大盛況でも無視するって・・・何か大きな力が動いているの? の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「松尾スズキさんが連載《お婆ちゃん!それ、偶然だろうけど
       リーゼントになってるよ!!》で、2014年の10大ニュースを
       発表されていますね」

無知「年末恒例の企画だったのを忘れちゃっていても
          特に問題視する読者も居ないでしょ(^∀^)  」

三畳間「7位と2位の演劇界に対するオブラートに包まない批判が!w 」

雑誌部「『ラストフラワーズ』は多分自分史上最大のお客さんを動員した。
        演劇界的には例によってほぼほぼ無視されました
        9年ぶりの再演『キレイ』はキャストの評判もそうとう
        よく毎回立ち見が出る盛況。が、これも、もちろん、劇評すら
        でなかったよ。あはは≠ニ恨み節が(´ε` )  」

無知「演劇に詳しくないからわからないけど無視は酷い(´゚c_,゚` ) 」

三畳間「お客が入っているから、無視するような評論家なんて
         気にする必要性無いし (^皿^)   」

無知「4位にも愚痴がw  」

雑誌部「10年ぶりの長編小説『私はテレビに出たかった』が評判は
         良いのに、どんどん売れている予感がない。
         おもしろいのに、まじで!≠ニ仰っていますが・・・ 」

無知「今は小説も映画化かマンガ化しないと売れない?」



三畳間「ちなみに次のページで箭内道彦さんが連載の中で
       偶然の話をしているけど、松尾スズキさんの連載タイトルを
       意識したネタじゃないよね?w 」

雑誌部「言い掛かりですよ(^_^;) 」
posted by クロ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年02月11日

蛇口を捻るだけで入浴剤入りのお湯が出るなんて知らなかったよっ の巻

『TV Bros. 2015年1月24日号』で雑談する会

雑誌部「【さよなら歌舞伎町】のロケ地である ホテル アトラスの
          支配人のインタビューは面白いですね( ^ω^)  」

無知「ラブホテルで女子会するってスゴい時代になったなぁ(°д°)   」

三畳間「男性3人で利用するときは要相談なんだ(´ε` )  」

無知「支配人が不思議なお客さんの話をしているね」

雑誌部「男性お1人で1ヵ月連泊された方がいましたね
       ほとんど外出もせず部屋に籠もってて、どういう意図なのか
        支配人の私も正直理解出来ません(笑)=v

三畳間「想像を掻き立てられるエピソードだよね(@゜▽゜@)    」

無知「ラブホテルを舞台にした深夜ドラマを作るんだったら必ず使ってみたい
          エピソードでしょ( ´▽`)  」

三畳間「今、ラブホテルを舞台にした深夜ドラマ作るなら
           昔のイメージのまま作ったらダメだね (・з・)  」

雑誌部「酔って歩きながら勢いや成り行きで来るようなケースは皆無です
           と支配人が仰っているのは驚きですよね( ゚д゚)   」

無知「勢いや成り行きって、ラブホテルが舞台の深夜ドラマの初回のオープ
           ニングにしてもおかしくない状況が今じゃありえない
           設定だったりするんだねぇ・・・  」

雑誌部「昔は男性主導でパッと見てパッと決めて入るみたいな感じで
       したけど、今は女性が主導権を握って携帯片手に冷静に情報
       比較しながら入る時代にシフトしてますね≠ニ支配人が
       仰っていますね」

三畳間「時代が変わったことを知らないままドラマ化したら
          リアリティが無いってネットで炎上しちゃうから
    気をつけないと(゚〜゚)    」

無知「利用したことがないのにイメージだけで脚本書いたりしたら実は
       部屋の選択ボタンを押すのって、ほとんどが女性なんですよ。
       まあ男性の場合、最終的な目的意識が別のところにあるんで
       部屋へのこだわりがないとも言えますが(笑)≠チてことも
       知らずに男性がボタン押すって脚本に書いてしまうかもね」

三畳間「一昔前ならホテル代は男性側が払って当たり前でしたが、今は
       平気で割り勘とか女性が全額支払うなんていうケースもザラ
       って話もリサーチせずに書いたら一昔前の感覚で脚本
       書いちゃうでしょ・・・  」


雑誌部「支配人がラブホテル業界に入って真っ先に驚いたことが
         最後に載っていますね」

三畳間「平日の昼間なのに満室になる!!  」

無知「週末なら昼間に満室になってもおかしくないって思ってたけど
          平日に・・・スゴいな(°Д°;)   」


雑誌部「別枠には《「ホテル アトラス」支配人が驚愕した ラブホ事件簿
            ベスト3》が発表されていますね」

三畳間「1位[シャワーヘッド事件] 2位[東京ばな奈事件]
            3位[廊下でハッスル事件]   」

無知「1位のシャワーのヘッド部分やシャンプーを並べるトレーを
       持ち帰った客が居たって事件は・・・同業者の仕業の可能性は
       無いのかな?」

三畳間「もしくは、よっぽど理想通りの水量が出るシャワーだったから
          持ち帰りたくなったのか?w  」

無知「2位の事件は深夜ドラマ化にピッタリな事件だね」

雑誌部「地方から来たと思わしきカップルが入室後に「ちょっと
       外出します」と財布だけ持って出て行ったきり、帰って
       来なかったという事件。「道がわからなくなって戻って
       これないのかな?」と心配する支配人だったが、結局二度と
       戻らず。部屋に残された荷物と大量の東京みやげを目の
       当たりにし、「逆に怖くなりました」とは支配人談=v

三畳間「これは色々な解釈が出来るからホラーにもコメディにも出来そうで
           深夜ドラマでやったら話題になりそうだね」

無知「3位の廊下の監視カメラの存在を知らずにスワッピングするカップルの
       話も途中で監視カメラに幽霊やカップルとは無関係の第三者が
       映っていたりするって話にすれば30分の深夜ドラマとして
       成立しそうな・・・  」

三畳間「関西ローカルかメ〜テレとかで作ってくれないかなぁ、ラブホテル
           舞台にした深夜ドラマ (´゚ε゚`)  」

雑誌部「関東ローカルでは難しいですかね?」

三畳間「エロ無しだったらテレ東でも成立しそうな・・・ 」

雑誌部「ちなみに15年ほど前にテレビ朝日で『ただいま満室』というドラマは
          ラブホテルを舞台にしてたそうですよ」

三畳間「ん〜・・・全く記憶に無いな(^_^;)   」

無知「ラブホテルを舞台にしたオムニバスドラマにビビる大木さんが
       『世にも奇妙な物語』のタモリさんのポジションで出演して
       もらえばネットで話題になるの間違いないんだけどねぇw 」

三畳間「ビビる大木さんといえば、ラブホテルでトークの練習をしていた
           という迷言が未だに忘れられないけどさwww  」

無知「大木さんがダメなら岡村孝子さんでw 」

雑誌部「・・・」
posted by クロ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記