2015年02月01日

昨日の敵は今日の友!? の巻

『映画秘宝 2015年1月号』で雑談する会

雑誌部「山崎貴監督のインタビューの出だしが秀逸ですね(^皿^)  」

無知「敵!w」

雑誌部「(テーブルの上の本誌を見るなり)あっ、敵じゃないですか!=v

無知「【三丁目の夕日】や【ヤマト】ボロカスに言われていることを
        ちゃんと確認していた!?w  」

雑誌部「秘宝といえば敵ですよ!しょちゅう読んでは「また馬鹿に
         されてる!」と思ってますから≠ニ愛読者だったことを
         カミングアウトしていますね( ^∀^) 」

三畳間「山崎監督、冗談なんで気にしないでください≠チて言ってるけど
         腹の奥底では許していないでしょ?w  」

無知「【寄生獣】の宣伝とはいえ山崎監督が『秘宝』のインタビューにNG
        出さなかったのは何かしらの手打ちがあったのかな?w 」



雑誌部「最初は、寄生獣の内部が緑色に生物発光していた≠ニいう
      拓殖さんのアイデアは断念されましたが『先輩ROCK YOU』で
      断念した貴重な映像が放送されましたね (´・∀・`) 」

無知「ソフト化の際に特典として収録されるのかな?」



三畳間「川村プロデューサーの“ドS”っぷりを暴露している(´ε` )   」

雑誌部「バカ殺法の使い手≠ニ言えるくらい信頼関係は厚いんですね」

無知「プロデューサーが“ドS”で、CGスタッフが“クリエイティブ・ドM”
      だと無理難題に大して揉める事もなく円滑に進むんだ(^ヮ^) 」



無知「最初はR-15という条件で入ったのに、途中からPG-12しろと
      言われた≠ニいう大人の事情があったことを暴露したのは
      原作よりも過激な描写がヌルいって感じた人に対して
      PG-12作品にしては頑張った方だと許して欲しいって事かな?w」

雑誌部「言い訳ではなく事実を仰っているだけだと思いますが・・・」



三畳間「『秘宝』読者が山崎監督に対して
             好感度アップしてしまう発言も!?」

雑誌部「切株描写をやりたくて仕方なかったんです!でも、なかなかそれを
          要求される企画がなくて。【ALWAYS 三丁目の夕日】では
          できないじゃないですか=v

無知「『秘宝』読者が好む映画の真逆の映画ばかり作っているから
           この発言にビックリした読者多いんじゃないのかな?」

雑誌部「僕自身、本当はすごく秘宝的なことがやりたくて今日まできてる
        わけですよ。いままでやる機会がなかっただけで≠ニ
        言われると今までのイメージを根底から覆されてしまうんじゃ
        ないでしょうか?」

三畳間「山崎監督、現場で楽しかった思い出の一つが死体作り≠チてw」

雑誌部「特殊メイクを担当された藤原カクセイさんと死体作りに没頭し
         スタッフからは死体タイム≠ニ言われていたんですね」

無知「切株描写を褒められたら山崎監督から本音が( ´3`) 」

雑誌部「秘宝さんに褒められると客が来ないんじゃないか・・・・・・=v

三畳間「やっぱりボロカスに言われたことを根に持っているでしょ!?w」

無知「『映画秘宝』がベタ褒めした映画が大ヒットしたって事が
          少ないのは事実!?w  」

三畳間「インタビューの最後には
           山崎貴監督から笑撃のお願いが(@゜▽゜@)  」

雑誌部「秘宝さんも、これを機にちょっと優しくしてください!=v

無知「やっぱりボロカス批評に傷ついてた?w  」

三畳間「監督本人は『秘宝』側の人間だとわかったけれど次の映画が
         また真逆のお涙頂戴路線ならボロカスに批判するでしょ?」

無知「岩田編集長になってから次々と確執があった人達と和解しているから
          これからは厳しい発言控える可能性も?」

雑誌部「[ハクサイ]でイジられるような作品なら
            批判や酷評も仕方が無いと思いますが・・・」
posted by クロ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記