2015年05月07日

監督曰く、初めて人様にオススメできる実写アクションになっている の巻

『TV Bros. 2015年4月18日号』で雑談する会

雑誌部「【THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦】公開記念として
        押井守監督のインタビューが載っていますね」

無知「製作費も、これまで僕が日本で作った実写のなかでは最高だった
      って・・・実写の製作費が最高って言い方だと10億円以下の
      可能性もある?」

雑誌部「公式の情報ではありませんが
       総製作費は20億円と言われていますね」

三畳間「【首都決戦】の他に中編映画規模の全7章が含まれた20億円でしょ?」

無知「実写最高って言ってもハリウッドより一桁少ないからねぇ(゚〜゚) 」

雑誌部「ちなみに【イノセンス】が製作費20億円と言われていましたね」

三畳間「20億だと押井監督の実写作品としては【アヴァロン】の3倍?」

無知「押井監督に100億円預けられるパトロン現れないかなぁ?w 」



三畳間「押井監督が師匠から言われた金言はアニメ業界を目指す人には
        大事な言葉?」

雑誌部「僕たちの仕事の基本は、若い人たちの夢のキャラクターを
        生み出し、願望を叶えることにある=v

無知「アニメ業界だけじゃなく、実写側の人間にも耳が痛くなる金言が」

雑誌部「自分で日記に書いているようなことを映画にするな=v

三畳間「じゃ、近日公開される【夫婦フーフー日記】は・・・」

雑誌部「タイトルに日記がついているだけ、無理やり火のないところに煙を
       立てるのは止めて下さい! 」



無知「[TVブロス新書]の記念すべき第一弾が押井監督の『友だちはいらない』
      って、売れるかな?w 」

三畳間「[TVブロス新書]が売れれば『ブロス』の休刊が先延ばしされる?w 」

雑誌部「そもそも休刊の予定なんてありませんよ(`・ω・´)  」

三畳間「火のないところに煙を立てるつもりは無かったんだけどw 」

posted by クロ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記