2015年07月14日

こっそり読んでいたマンガの方が記憶に残るよね? の巻

『エンタミクス 2015年8月号』で雑談する会

雑誌部「『うしおととら』の藤田和日郎先生インタビューが載っていますね」

無知「藤田先生、筋肉少女隊のファンだったんだ(゜ロ゜)  」

三畳間「TVアニメ化される『うしおととら』の主題歌を筋少が担当するのは
        藤田先生からのご指名だったんだね(@゜▽゜@)  」


無知「藤田先生が『うしおととら』を子供に見て欲しい理由が
        素晴らしい ヽ(´∀`)ノ   」

雑誌部「連載当時、主な読者層は高校生以上だったんですよ。ちょっと
     きついシーンもあるんですが、やっぱり少年漫画は少年に読んで
     欲しいんですよ。『うしおととら』を描いている時、石ノ森
     章太郎先生や永井豪先生の作品など、自分が小さい頃に憧れていた
     漫画が頭の中でガンガン鳴り響いていたんです。ちょっと残虐
     だったり、エッチだったり、大人に隠れて読まなきゃいけない
     ようなものこそが漫画だと思っていて、道徳の教科書描いて
     るんじゃねえぞ!だけど、“いいこと”言ってるぞ!という思いを
     原稿にぶつけていました。うちの父親は教員で、漫画家になろうと
     した時も猛反対されたんですよ。これを教科書だなんて言ったら
     きっとすごく怒るでしょうね(笑)。でも、世代を繋ぐ、きっかけ
     の本になれたら嬉しい。暴力とか女の子の裸とかよろしくないと
     されるものでも、子供が“父親が好きだったもの”として触れる
     ことで、「ああ、親父も自分と同じようにこういうのが好きだった
     のか」って通じ合えると思うんです。僕も親ですから、まだ
     早い、見せたくない、ってシーンもありますけどね(笑)。まあ
     それを含めて信頼を育むコミュニケーションツールに使って
     くれたらいいですねえ=v

三畳間「マンガ否定派、規制派の人には届かないのかなぁ、藤田先生の熱い
       このメッセージは(´・ω・`)   」




雑誌部「アニメ版『うしおととら』の西村聡監督のインタビューが
       載ってますね」

三畳間「原作者がアニメ化されると全ておまかせするパターンもあるけど
      藤田先生の場合、細かい要望を西村監督に伝えているんだね」

無知「眉毛や髪形の他にも女の子のキャラの体型まで指示が
       あったんだ( ゚д゚)  」

雑誌部「酷い目に遭うことも多いキャラなので、幼い体型だと痛々しく
     見えるという理由≠ナ、脱いだらスゴいグラマーということに
     変更されたんですね」

三畳間「設定が中学生なのに脱いだらスゴいって(^_^;) 」

posted by クロ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記