2015年09月10日

一度しかない人生なんだから何にハマろうが自由だろ、ボケ (`3´)  の巻

『月刊 創 2015年8月号』で雑談する会

雑誌部「《映画会社の二極化と今後の行方》には、テレビアニメの総集編が
        映画化されている理由も載っていますね」

無知「デジタル化によってテレビアニメを編集しなおして
        劇場アニメに作り替えることが可能になった≠ゥら
        なのか( ゚д゚)  」

三畳間「【弱虫ペダル】って作品の事は全く知らないんだけど
         テレビアニメの総集編を2週間限定で上映したら
         女性ファンが殺到するくらい大人気なんだ( °_° ) 」

雑誌部「放送されたアニメを再編集し、10分程度新しいカットを入れた
         ものを90分程度に仕上げた作品≠ナも
         熱狂的な【弱虫ペダル】ファンは観に行くんです」

無知「新しいカットが何なのか確かめたいってファンも多いだろうけど
      グッズが欲しいという熱狂的ファンはさらに多そうな・・・」

雑誌部「3日間で興行収入4800万円と1館当たりの売り上げは大きい。
       しかも劇場入場者にキャラクターたちの缶バッチを
       プレゼントしたのですが、これが人気を博して、TOHO
       シネマズ新宿では初日に上映回数を18回にも増やして
       フル回転させました。テレビアニメのファンである
       20代から30代の女性が95%以上を占めるという、この
       作品ならではの展開でした=v

三畳間「缶バッチなんて原価数十円なのに・・・ボロ儲け・・・
      いや、ファン心理を巧みに操った見事な戦略だ(^皿^)  」





無知「AKBグループのドキュメンタリー映画も東宝事業部にとっては
        美味しい作品なんだね」

三畳間「おニャン子やモー娘の頃とは違って、今のアイドル業界の映像
         ビジネスは上手すぎ」

雑誌部「この1年ほどをとっても、AKB48のほかに
       SKE48、乃木坂46、NMB48、HKT48など、関連映画が
       2〜3ヵ月に1本公開というペース=v

三畳間「安定した数字が見込めるから映画館側からも歓迎されるか」

無知「熱狂的ファンが多いアイドルの舞台裏に密着した映像を編集して
      公開するって、言い方は悪いけどローリスク、ハイリ
      ターンな・・・いや、ちゃんとしたドキュメンタリー映画に
      仕上げる難しさは重々承知しているけど(^_^;)  」

雑誌部「製作費という面では、確かにハイリターンなのかも・・・」

三畳間「好きなアイドルの舞台裏を見てファンは満足し、所属事務所や
         映画館も懐が潤って誰もが幸せになれる?」

posted by クロ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記