2015年11月30日

ジェネレーションギャップよりも世間の目が怖い!?  の巻

『TV Bros. 2015年11月7日号』で雑談する会

雑誌部「岡村靖幸さんの連載《あの娘と、遅刻と、勉強と》の映画【みんな!
        エスパーだよ!】延長戦SP第3回には、園子温監督の悩みが
        語られていますね」

無知「吉高(由里子)の映画(【紀子の食卓】)を撮っている頃は
       40代半ばだったんで、吉高としゃべるのに別に苦は
       なかったんですけど、(【みんな!エスパーだよ!】の池田)
       エライザだと、53と19だから、だいぶ離れてますよね。
       これがフランス映画界だったら、OKじゃないですか。
       ゲンズブールとか。でも、日本の映画界ってのは儒教的な
       ところもあるから、「(あまりに年の離れた女優を撮るのは)
       不届きだ」って感じがするじゃないですか。そこがちょっと
       悩みですかね?(笑)=v

雑誌部「フランスでは問題視する人は居ないんですかね?w 」

三畳間「でも、日本映画界の大御所は還暦越えてからも若い女優を
         脱がせまくったりしてたりするからなぁ(*´3`*) 」

無知「進藤兼人監督や今村昌平監督、鈴木清順監督、大林宣彦監督・・・
       大御所だと不届きとは言われず、芸術だから問題無い?w 」

三畳間「逆に岩井俊二監督や行定勲監督、塩田明彦監督達は
         若手時代に10代の子を脱がしてても不届きだとは
         言われてなかったよね?w  」




雑誌部「園子温監督が語るオーバーワークの良さは
           共感される読者も少なくは無いと思います」

無知「撮影が終わってホテルに戻って書く作業って、本当にきついんです
          けど、それが逆に面白いものを生むんですよね=v

三畳間「ギリギリの精神状況の方が傑作誕生し易い!?」

無知「泣きながら文章書いている感じがすごくいいんですよ≠チてw 」

三畳間「詰め込んで三段重ねくらいにすると、1日に3回生きる感じが
          ある≠チて、一度は言ってみたいもんだ(゚〜゚)  」

雑誌部「やっぱりちゃんと詰め込んだほうがいいんだなと思って。
       そうじゃないと結局、セックスも面倒くさくなっちゃうから。
       駆り立ててこそナンボなんですよ。純な俺も出るし、性欲も
       出るし、とにかく詰め込まないと。ぼんやりぼんやりしてる
       だけになっちゃうからね=v

無知「今年もぼんやりしたまま終わっちゃうって   orz...  」

posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月29日

ゴミとお宝は紙一重!? の巻

『TV Bros. 2015年11月7日号』で雑談する会

雑誌部「今回の松尾スズキさんの連載《お婆ちゃん!それ、偶然だろうけど
        リーゼントになってるよ!!》は、共感してしまう読者が
        多そうな気がしますね(´・∀・`)  」


三畳間「捨てられない病には共感せざるを得ない( ノД`)  」


雑誌部「昔の手書きの台本∞大人計画でコントを作ってイベントで手売り
       していたVHS∞大学生の時に描いた課題のポスター≠ネどは
       “大人計画博物館”か“松尾スズキ記念館”を作った際に
       展示するべき貴重な品であり、捨ててはいけません
       よね(`・ω・´)  」


無知「ちゃんと保存出来る場所に纏めておかないとダメしょ(゚ε゚) 」


三畳間「松尾さんと同じで、捨てられないVHSの山が徐々にカビに侵食され
       10年以上前の『キネマ旬報』が黄色いカビでページが
       開かなくなったり、小中学生の頃に買ったコミックの山からは
       紙を食べる小さい虫が発生するし・・・」


無知「捨てがたいものにまつわる記憶との戯れ、これがあるから片付け
       なんて、最高にやっかいな作業と向き合える≠チて、松尾
       さんは言うけど、懐かしい病が悪化してテンションダダ下がり
       生活に支障が出るのが怖くて見て見ないまま15年も荷物を
       ほったらかしている・・・現状を変えたいんだが(^_^;) 」


雑誌部「細野晴臣さんと星野源さんの連載《地平線の相談》でも似た話が
         載っていますね」


三畳間「星野さんも掃除している時なんかに、ふと昔のパソコンを開くと
       楽しいんですよね≠ニ松尾さん同様に片付けの醍醐味である
       ロスタイムを楽しんでいるんだね」


無知「粗大ゴミ問題の流れから細野さんのDVDレコーダーとパソコン
         捨てられない話は共感しちゃうなぁ(´_`) 」


雑誌部「僕が一番困っているのは、古いDVDレコーダーとか。何台も
       何台もある∞しかも、ハードディスクにはまだ録画した
       映像が入ってる。それを別のメディアに移して、中身を
       全部きれいにしてって・・・・・・絶対にできない!
       だから全部取ってあるの。同じ意味で、パソコンも
       そうだね=v


三畳間「二度と観ないだろって他人に言われたら反論したいけど、実際には
       二度と観ないだろうし・・・VHSの山を捨てられないのも
       DVDにいつかは焼くつもりだったからで・・・」


無知「Macの起動音の話は懐かしい病が悪化するなぁw  」


雑誌部「『関ジャム 完全燃焼SHOW』の視聴者には伝わり難いネタ
         ・・・ですよね? 」


三畳間「“サッドマック”は知らないなぁ( ゚д゚)  」


無知「『アメトーク』で“マック芸人”やってくれないかな?w 」

posted by クロ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月28日

編集長!それ、確信犯だろうけど大事なモノを失っちゃうよ! の巻

『TV Bros. 2015年11月7日号』で雑談する会

三畳間「AKB48が表紙なのは別に良いけど・・・」


無知「ドラマや映画の宣伝でインタビューと表紙を飾るのは問題無いし
     DVDやCDの発売絡みでの広告付きのタイアップでインタビューと
     表紙を飾るのもテレビ誌としては問題は無いがパチンコ屋の
     広告絡みは(´・ω・`)   」


三畳間「『編集会議 2015年秋号』で、他のテレビ誌との違いや
          サブカルについて語っていたのに(´゚c_,゚` )  」


無知「最近のアイドルファンの弱みに付け込む2バージョン表紙も納得が
     いかないけど、そもそも『ブロス』でAKB48特集するって・・・」


三畳間「AKB48ファンが表紙をキッカケに『ブロス』を毎号
         買うはずも無いしさ(´゚ε゚`) 」


無知「『ブロス』で、結成10周年を祝う必要性ってあるのかな?」


三畳間「ライター雇わずに編集部がインタビューしている内容が無いインタ
      ビューとか、2ページも使う必要性が理解出来ない企画や
      資料的価値がありそうに細工した年表とかを求めている読者って
      定期購読している愛読者の中に居るか?」


雑誌部「AKB48の熱狂的ファンの人は中身に関係なく表紙に起用された時点で
      迷い無く購入すると思いますが・・・」


三畳間「休刊するよりも魂売ってでも確実に広告が入る方を選ぶことへの
        批判はしたくないけど・・・ 」


無知「数年前にテレ朝が深夜枠改革するときに『タモリ倶楽部』も終了させる
      方向だったのをタモリさんがサラ金のCMに出演してスポンサーを
      確保して番組を存続させたみたいにパチンコ屋の広告を
      載せてでも休刊させたくないって判断だとは思うが・・・」


三畳間「近い将来『クイックジャパン』の二番煎じと言われてもいいから
      『テレビブロス』を休刊させて『CULTURE Bros.』に絞る
      方向になるんだろうけど(´-ω-`) 」


雑誌部「若い読者でテレビ欄を目当てに購入しているって
          皆無でしょうからねぇ(^_^;) 」


無知「充実した読み物だけの『CULTURE Bros.』を月刊誌として売って
      くれた方がありがたいと考えている読者が少なくは無い?」

posted by クロ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月27日

ラブファンタジーホラームービー!? の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「黒沢清監督のインタビューが載っていますね」

無知「蒼井優さんがキャスティングされた理由がスゴい(゜ロ゜)  」

雑誌部「僕滅多にないんですけど、脚本書いているときから、これ絶対に
       蒼井さんに演ってもらいたいなと思って(笑)。
       当て書きに近かったですね。スケジュールは非常にタイト
       だったんですけど。まぁなんとかうまくハマって。
       案の定、えぇ。強烈な・・・・・・=v

三畳間「出演シーンが短い俳優を評価する特別な賞があれば
          間違いなく蒼井さんは選ばれる!?」



無知「黒沢監督のラブシーン撮影秘話は興味深いな ( °_° ) 」

雑誌部「大昔にピンク映画でやってたわけですが、そのあたりの辛い
       想い出もあり、自分はまったくそういうのを撮る才能が
       ないというのはわかっていたので。正直言って、最初は
       全然そういうのをやろうと思ってはいませんでした=v

三畳間「でも、プロデューサー側からの強い要望で実現した?w 」

無知「黒沢監督の演出で上半身を脱ぐまでやりましょう≠ニ言ったものの
      実にめんどくさい衣装≠着ていたがカットはいっさい
       割らずに、最初から2人とも脱ぐまで続ける≠ニいう演出に
       した為に衣装部と浅野さんと深津さんがどういう手順で
       やったらスムーズに、しかも自然に2人ともが上半身だけ裸に
       なれるか、相当練習≠オたんだ( ゚д゚)  」

三畳間「深津さんに対して黒沢監督が俳優はね、そうとなれば別に
      なんの抵抗もなくやってくれるので。素晴らしい女優さん
      でしたよ≠ニ絶賛されているけど黒沢監督が本気で口説けば
      深津さんがオールヌードも抵抗なくやってくれたんじゃ
      ないのかなぁ・・・」

雑誌部「いや、黒沢監督が今どき女優の裸で売る映画≠ヘ
           撮りなくないと仰ってますから(^_^;)  」

三畳間「深津さんが脱いでいたら黒沢作品としては【ドレミファ娘の血は
         騒ぐ】の洞口依子さんを超えるインパクトを残せた?」




無知「脚本に宇治田隆史さんの名前が( ゚∀゚ )  」

三畳間「黒沢監督と宇治田さんの共同脚本か(゚д゚)  」

無知「大阪芸大出身の脚本家だと向井さんばかりが注目されがちだが
       宇治田さんの才能にも注目するべきなんだけど・・・  」

posted by クロ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月26日

TVドラマの監督が映画を撮るということは、それはヒットしかありえない!? の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「大根仁監督のインタビューが載っていますね」


無知「主人公の親が出てこないのを大根監督がビーバップ方式≠チて
       言い方しているけど、これから定番になるかな?w 」


三畳間「映画を面白くするためのついていいウソ≠フ話は
          興味深い( °_° )  」


雑誌部「編集部の目立つ場所にあるアンケートのランキングも今はメールで
        共有しているので、あんなに堂々とボードに貼っていない。
        でもメールが来て、パソコンを開くのでは映画としては
        弱い=v


無知「一般のお客にとっては違和感も無く、編集部事情に詳しい人が見ても
         許される範囲の演出でしょ?」





三畳間「映画【モテキ】に引き続き、監督自ら撮影するカンパニー松尾
        方式≠ナ小松菜奈さんを撮ったのは羨ましい(*´3`*) 」

雑誌部「階段ギリギリのスカートのところとか俺のカメラです。
         最後のシーンなんかは3時間くらい待ったのかな。
         珍しく粘って撮りました≠ニ」


無知「今回も映画監督の特権を行使したんだ (^皿^)   」


三畳間「庵野監督が【ラブ&ポップ】撮ったときに主演女優4人の
       パンチラ撮り放題だったってエピソードを思い出しちゃう
       なぁ(*´Д`) 」





無知「吉田さんから『まんが道』の実写化を提案されたたけど
          やんわりと断っているね(゚〜゚)   」


雑誌部「いやあ、ないない(笑)。∞トキワ荘を俺がやることはない
        でしょうね。 漫画家ものは【バクマン。】でこれだけ
        やったので許してもらいたいです=v


三畳間「トキワ荘の映像化は否定したけど【バクマン。】の続篇には
         可能性を残したと解釈出来る? 」

posted by クロ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月25日

一歩間違えれば撮影中に秀晴さんは死んでいた!? の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「《東宝DVD名作セレクション レアもの&初DVD化!》で
          気になった作品ありますか?」

無知「市川崑監督の映画【東京オリンピック】裏話は
          興味深いなぁ( ゚д゚) 」

三畳間「公式記録映画【東京オリンピック】が前オリンピック担当大臣の
      河野一郎が関係者試写で観た感想を、「ちっとも分からん」と
      マスコミにコメントしたことから一気に炎上≠オて
      たんだ(゜ロ゜)   」

無知「今ならネットでボロカスに批判されまくっただろうに・・・」

雑誌部「税金を使って記録性のない記録映画を作りやがってという
       一部のマスコミや市川崑嫌いの映画評論家による攻撃も
       あり、“芸術か記録か”論争を巻き起こした≠ェ結果的には
       観客動員数1960万人の記録的大ヒットとなり、東京五輪の収支
       決算における収益の9割がこの映画からもたらされた≠ニ」

三畳間「批判しまくった河野一郎議員と映画評論家が大ヒット後に
       どんなコメントしたのか知りたいよ (´゚ε゚`) 」







雑誌部「江頭2:50さんが連載で衝撃の『「ぷっ」すま』石垣島ロケ裏話を
         披露されていますねw  」

無知「石垣の塩を手のひらいっぱいに掴んで一気に飲み込んだって
          自殺行為だろ(´ε` )  」

三畳間「塩が喉に詰まって、飲み込むことも吐くこともできなくなったん
       だよ。そのうち目が白黒なっちゃって、それを周りはリアク
       ションだと思ってゲラゲラ笑ってるんだぜ!!ホント、あの
       ときは死ぬかと思ったよ!≠チて(^皿^)   」

無知「お蔵入りせずに放送されたのかな?」

雑誌部「余談ですが、江頭さんが『ビバリウムガイドNo.71』の表紙を
         飾られていましたねw  」

三畳間「この表紙、本屋で二度見したもん(゚A゚;)  」

無知「久々に子供が見たらトラウマになりそうな表紙を本屋で見たw 」

posted by クロ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月24日

完成しても公開されない埋もれた作品が山のようにあるんだよねぇ・・・ の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「斎藤工さんの連載《映画じかけのオレンチ》には
         残念な日本映画界の実情が載っていますね」


無知「佐々部清監督の作品でさえお蔵入りするのか(´・ω・`)  」


三畳間「【ゾウを撫でる】は小市慢太郎さんが主演なんだ(゜ロ゜)  」


雑誌部「ちなみに【ゾウを撫でる】は[お蔵出し映画祭2015]の
       コンペ部門に出品されていましたね」


三畳間「これで幻の作品と呼ばれなくて済む?w 」


無知「今回、最後に連載ではお馴染みの“P.S.”が無いのは、それだけ
       齋藤さんが佐々部清監督作品を語りたかった証拠かもね」






雑誌部「【ヒトラーの暗殺 13分の誤算】のオリヴァー・ヒルシュビーゲル
       監督のインタビューが載っていますね」


無知「ブライアン・シンガー監督の映画【ワルキューレ】について監督が
     とてもアメリカ的だと思った。ただ、ドイツ人の僕としては
      観るのがつらい。史実の間違いばかりが目についてね(笑)≠ニ
      答えているね」


三畳間「日本は、若い女性が時代考証がお粗末で史実の間違いが多い
     【パール・ハーバー】に涙を流して感動していたっけ・・・」


無知「まぁ、重箱の隅をつつくような映画の見方をするのは
        嫌なんだけどさ(^_^;) 」

posted by クロ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月23日

特撮オタクの夢が詰まった多幸感いっぱいのイイ現場だったのかよっ の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「今回の《パイパニック対談》のゲストは『ウルトラマンX』に
         出演されている百川晴香さんですね」

無知「『ウルトラマンX』の現場は楽しいのか( °_° ) 」

三畳間「昔の現場はオラオラ系で女優を泣かしてナンボだった≠フに
         最近はやさしい現場になったんだねぇ(´-д-`) 」

雑誌部「松坂桃李さんが『シンケンジャー』の現場は大変だったって
     『映画芸術439号』のインタビューで語っていましたけど・・・」

無知「男性と女性だと、現場での扱いは結構違う?w 」

三畳間「『ウルトラマン』、『仮面ライダー』、戦隊系だと
        それぞれ微妙に現場の厳しさが違うんだろうけど・・・」

雑誌部「田口清隆監督のことをカワイイです≠ニ言ったり、坂本浩一監督を
        女の子が大好き≠ニ言えちゃうくらいの関係だと現場は
         和やかでしょうね(´・∀・`) 」



三畳間「冨田監督との関係について百川さんの発言には事務所NGが無い!?」

雑誌部「冨田監督はとにかく私のことが好きなんですよ
        スタッフさんかに「冨田監督に近付かないで」と
         言われるくらい≠ニ衝撃発言が(((゚Д゚;)))   」

無知「冨田監督は色々な意味で大丈夫なのか?w 」

三畳間「スタッフ側からも警戒されるくらい百川さんに冨田監督は
         メロメロだった?w 」



無知「対談の最後の方で百川さんが卓球の曲しか歌わないアイドルグループに
       所属しているって、理解するのに一瞬戸惑う事実が(´ε` )  」

雑誌部「『熱々ピンポンショー』ってタイトルだけだと卓球を若干
        バカにしている感じがしますが・・・」

無知「テレビ東京の“世界卓球”の仕事のオファーを狙っている?」

三畳間「卓球に特化することで中国人ファンを増やそうとしている!?」

無知「【ピンポン】や【卓球温泉】など卓球映画だけを上映する映画祭を
      作って、百川さんのグループにゲストで来てもらって『熱々
      ピンポンショー』を熱唱してもらいたいなぁ(´∀`) 」

posted by クロ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月22日

眉毛がなくてもカッコいい!? の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「成海璃子さんが連載《キミにRICOメン》で
         今後の目標を発表されていますね(@゜▽゜@)  」

無知「私、目標ができました。本木さんと共演できるようにこれから
      頑張ります≠チて、すぐに塚本監督作品で実現するんじゃ
      ないの?」

三畳間「成海さん、【双生児】の本木さんの怪演っぷりを絶賛しているね」

無知「この映画は本木さんの魅力に尽きます!スーパーきれいな方でした。
        観たあとでつい画像検索しちゃったぐらい(笑)=v

雑誌部「堤幸彦監督も『エンタミクス 2015年10月号』で本木さんのことを
      昔から心根が変わらず、超マジメですね。
       役者としては、日本一の俳優史上随一の怪人≠ニ評価されて
       いましたよね」

三畳間「そろそろ日本映画専門チャンネルで《24時間まるごと本木雅弘》を
          放送するべきじゃないの!?」



無知「成海さん、ファンクが大好きなんだ(゜ロ゜)   」

雑誌部「ファンク好きの成海さんに岡村靖幸さんが【ジェームス・ブラウン
       〜最高の魂を持つ男〜】をお薦めしてくれたんですね」

三畳間「成海さんの母が私たちも若い頃は仕事帰りに毎日のように
      ディスコに行ってたから。璃子がおなかの中にいたときは、毎日
      ユーロビート聴かせてたのよ≠チて言うくらいだから
      もしかしたら『ソウルとんねるず』に成海さんの母が出演
      していた可能性ある?w 」

無知「鶴瓶師匠の『巷の話』に火野正平さんがゲストの回で
       『ソウルとんねるず』に出演して優勝した女性が
   登場したっけ(^ヮ^) 」

三畳間「個人的には洋楽ほとんど聴かないからジェームス・ブラウンの存在を
      知ったのは『カップヌードル』のCMだったことを思い出したw」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月21日

誰ひとり勝者がいないハリウッド暗黒史に残る事件とシンクロする日本映画界 の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「《映画史上最大の事故物件!?“FF騒動”の顛末》を読むと日米で
          似た悲劇が起きていたことがわかりますね(゚A゚;) 」


三畳間「アメリカでも悲劇が・・・  」


無知「【ファンタスティック・フォー】は、批評家からボロカス、監督が
       Twitterで炎上、暴露話が連日報道され、興行的に大惨敗で
       大赤字って・・・ 」


三畳間「関係者の発言の迷走っぷりと責任転嫁と矛盾する言い訳って・・・
          ほとんど【進撃の巨人】と一緒だ(((゚Д゚;)))  」


雑誌部「キシオさんが【FF】はボタンの掛け違いでその夢物語がどこまで
     破綻するか示したケースである。低予算で【クロニクル】を思い
     通りに作った監督は製作に軋轢が付き物の大作に適応できな
     かった。そして監督のビジョンを尊重すると言いながらスタジオは
     結局“大人の事情”だけで動いていた。将来を嘱望された若き映画
     作家が歪んだスタジオシステムの中で崩壊する地獄変・・・・・・
     夢の都の虚飾と闇をこれでもかと象徴している≠ニ仰っていて
     【進撃の巨人】とは少し違いますけどね」


三畳間「樋口監督は特撮屋としてはトップクラスの監督だけど
     大作映画の監督には向いていないし、東宝が中島哲也監督を降板
     させた“大人の事情”の頃から迷走していた企画だし、【進撃の
     巨人】はハリウッドに実写化の権利を売っていた方が良かったの
     かもねぇ」


無知「ジョシュ・トランク監督は次回作として監督する予定だった
      【スター・ウォーズ】のスピンオフを降板させられたけど
      樋口監督は【シン・ゴジラ】の監督をやるんだよね(^_^;) 」


雑誌部「【ガメラ】の新作の方を楽しみにしましょうか?w 」


三畳間「【ファンタスティック・フォー】と【進撃の巨人】は色々な意味で
         2015年を代表する映画として語られる事になる!?」


雑誌部「ちなみに『キネマ旬報道 2015年11月下旬号』の《NEWS 日本
       BOX OFFICE》の[オープニング記録一覧]には【ファンタ
      スティック・フォー】の衝撃の1日1スクリーン平均の動員
      人数が発表されています(-_-)  」


無知「  壁|]ロ゚;)))ガタガタ!!   」

posted by クロ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月20日

アナタは素敵な週末を過ごす男女のドラマを見てみたいですか? の巻

『TV Bros. 2015年10月24日号』で雑談する会

雑誌部「《Culture Bros.》で気になったモノありますか?」


無知「トミカとカップヌードルがコラボした[ドリームトミカ 日清カップ
          ヌードル]は斜め上すぎて驚いたな(゚A゚;)   」


三畳間「悪ふざけじゃなくて本気なのがスゴい(^_^;)  」


無知「自動車メーカーもコラボに参加して、観光用の2階建てオープン
      バス≠ニいうコンセプトを現実化させたら世界中で話題に
      なる思うけどなぁ(´ε` )  」





三畳間「大島千春先生の『いぶり暮らし』は
           来年にはテレビドラマ化されていそうな・・・」


無知「夜食テロ番組として、深夜枠で実写化する可能性は
           ゼロじゃないでしょ!? 」


雑誌部「原作のイメージを壊さないフリーターの巡とカフェで働く頼子≠
           演じられる若手俳優も居ますが・・・」


無知「既に“燻製ブーム”作ろうと大人達が
           実写化に向けて動いているかもね (゚〜゚)  」

posted by クロ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月19日

声をかけるタイミングが悪かっただけ・・・だと思いたい の巻

『TV Bros. 2015年10月24日号』で雑談する会

雑誌部「BSプレミアムで放送される岐阜発地域ドラマ『ガッタン ガッタン
      それでもゴー』の特集では岩井秀人さんと松尾スズキさんの
      対談が載っていますね (´・∀・`) 」


無知「本来なら、この二人が表紙を飾っているべきなんだけど(´゚ε゚`)」


三畳間「『ブロス』読者にとって夢の対談でしょ(@゜▽゜@) 」


無知「演劇ファンなら歓喜する組み合わせを主演女優が
      薄いリアクションだったってエピソードが秀逸だなぁ(^皿^)」


雑誌部「『ガッタン ガッタン それでもゴー』主演の谷村美月さんに
      松尾スズキさんが「岸田賞作家が3人いるんだよ」って
      言ったら「はぁ・・・・・・」って。あの興味のなさ、すご
      かったね(笑)。視線がケータイに戻る早さが=v


三畳間「喜ぶのも嘘くさいけど、相槌程度のリアクションはマズいと思うw」


無知「谷村さん、よっぽど疲れていたんだろうね・・・たぶんw 」

posted by クロ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月18日

アメリカ代表であり、ブラックホールは従兄弟 の巻

『TV Bros. 2015年10月24日号』で雑談する会

三畳間「恒例のドーピング企画の表紙か(´゚c_,゚` )  」


雑誌部「乃木坂46の西野七瀬さんと白石麻衣さんの表紙を2バージョン
        作ったんですね」


三畳間「売り上げが確実に上がるんだろうから毎月2バージョンの表紙を
       やりたいのはわかるけど、熱狂的ファンに頼りすぎだろ」


無為「中身で勝負するより表紙で誤魔化す方が楽して儲かるけど
      長い目で見たら損することに気が付いて欲しいよ(^_^;) 」


三畳間「ちょっと気になったのは西野さんのプロフィールに
            謎の情報が載っているんだけど(´ε` ) 」


雑誌部「好きな『キン肉マン』の超人はペンタゴン≠チて (^皿^) 」


三畳間「えっ!? 西野さんは『キン肉マン』好きって事?」


無知「乃木坂46ファンなら西野さんの『キン肉マン』好きは
           有名だったりするのか? 」


三畳間「ペンタゴンを選ぶって、ちゃんと『キン肉マン』を読んでいるのが
           分かるチョイス!?w  」


無知「1994年生まれだと親が『キン肉マン』のファンで家に
            『キン肉マン』のコミックでもあったとか?」


三畳間「それとも元彼が『キン肉マン』好きだったとかじゃないと中々
        1994年生まれがハマるキッカケが無いと思うが・・・」

posted by クロ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月17日

江戸時代、浮世絵を包み紙に使っていたらしいけど・・・ の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「【天空の蜂】特集には、堤幸彦監督のインタビューが
         載っていますね」

三畳間「堤監督、大学生になっていたの知らなかったなぁ( ゚д゚)  」

無知「地理学を学んでいるんだ」

無知「【悼む人】の大コケに触れてるね(^_^;)  」

雑誌部「不条理な死が蔓延している時代に必要な物語だと思いました。
      技術的な経験は一回捨て、初めてのカメラマンとひとつずつ話し
      合いながら、デビュー作的なアプローチで作りました。
      興行については残念でしたが・・・・・・=v

三畳間「【イニシエーション・ラブ】の賛否両論にも触れているし」

雑誌部「魅力的な80年代を見せたい。その一点です。詰め込めるだけ
      詰め込み、むしろそれ以外のところは省いて、お金払って
      見に来てくれたお客さんにこれでもかとお土産を持って帰って
      もらいたいと思う貧乏臭さというか(笑)。映画好きの皆さん
      には、“やり過ぎだ”“終わり5分はいらない”“なめんなよ”
      という発言までいただきましたが(笑)。【20世紀少年】も
      【BECK】も極端な賛否両論でしたが、それは僕のいいところ
      でも、悪いところでもあると思っています=v

無知「堤監督作品を低評価する人の気持ちもわかるけどね(´-ω-`)  」

三畳間「映画を年に1本しか観ない程度の人なら堤監督作品を怒ることは
          ないんだけどw 」





雑誌部「《今号の筆者紹介》で気になった情報ありましたか?」

無知「宇田川幸洋さんの近況が秀逸だ(´ε` )  」

雑誌部「叔母(86)の談話「戦前のキネマ旬報は紙がよくて、うちで
            売ってた味噌を包むのにつかった」=v

三畳間「褒めているのが内容じゃなくて紙質なのが良いね(^皿^) 」

無知「恩地日出夫監督の近況には新作情報が(´・∀・`)  」

雑誌部「遺作のつもりで【わらびのこう・蕨野行】を撮ったが・・・・・・
         【遺作パート2】を準備中=v

三畳間「今後【遺作リターンズ】【遺作フォーエバー】とか
          シリーズ化するんじゃないの?ww 」

posted by クロ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月16日

老若男女が劇場に足を運んでも100億円の壁は越えられない!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「《NEWS日本 BOX OFFICE》で気になった情報ありますか?」

無知「【ジュラシック・ワールド】が興収80億円超えか( ゚д゚) 」

雑誌部「最終的には90億円を越える見込みですよ」

三畳間「でも、配収が83億円だった【ジュラシック・パーク】が
      興収にすると128億円だったって知ると【ジュラシック・ワー
      ルド】が4DX・IMAX・3Dとかの割り増し料金で興収が100億円を
      超えないのは数字的に物足りないって思うのはおかしいかな?」

雑誌部「ちなみに【ミッション:インポッシブル】が配収36億円で
      興収に換算すると約65億円、【M:1-2】が興収97億円で
      【M:1-3】が興収51億5000万円、【ミッション:インポッシ
      ブル/ゴーストプロトコル】が興収54億円で、【ミッション:
      インポッシブル/ローグ・ネイション】が50億円を超えました
      から【ジュラシック・ワールド】が数字的に物足りない
      というのは贅沢かもしれませんね(゚〜゚)  」

無知「結局、2015年は100億円超え作品は誕生しなかったってことに
           なりそうだね(´・ω・`)   」




雑誌部「《NEWS アメリカ BOX OFFICE》で気になった情報ありますか?」

三畳間「アメリカで【ピクセル】コケてたんだ(゜ロ゜)   」

雑誌部「サンドラー出演作の通例は、一般観客からの支持は確実で興行
      成績は良好というものだったが、【ピクセル】は違ってしまって
      いる=v

三畳間「批評家から出演作が必ず酷評されるけど、【ピクセル】も
       25セント(作品着想の元となっているゲームの料金に
        相当)の価値もない≠ニ一刀両断されているし(゚A゚;) 」

無知「日本では初登場1位にもなったんだけどねぇ(´゚c_,゚` )  」

三畳間「アダム・サンドラーを前面に宣伝しているアメリカと違って
        日本独自の『パックマン』を使った宣伝によって
        初登場1位にはなったけど、その後の口コミが期待を
        下回ったのは、元ネタのアメリカでヒットした
        ゲームについての知識が無いから友達に
        オススメしづらかったんじゃないかなぁ(´゚ε゚`) 」

無知「レンタルで借りる人は多そうだけどね(´ー`)  」





雑誌部「《NEWS アジア》で気になった情報ありますか?」

無知「中国映画史上オープニング興収歴代ダントツ1位のメガヒット映画
     【捉妖記】の美術が種田陽平さんって、もう少し日本のメディアが
     紹介してくれも良さそうだけどなぁ(゚ε゚)  」

三畳間「ハリウッド映画なら大々的に取り上げたはず(´-д-`) 」

無知「まぁ、日本で公開される時には
          ちゃんと話題にしてくれるんだろうけどさ・・・」

posted by クロ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月15日

プロデューサーや編集者の思想が作品に大きく影響を与える!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「川村元気プロデューサーと相田聡一『週刊少年ジャンプ』副編集長の
        対談が載っていますね(´・∀・`)   」

無知「川村プロデューサーも『DEATH NOTE』の映画化を
     狙っていたんだ( ゚д゚)  」

三畳間「ワーナーの方が先に映画化の権利を手に入れていたんだね( °_° )」

無知「もしも、東宝で実写化してたら社会現象になっていただろうか・・・」

雑誌部「『バクマン。』は早くから映画化に向けて動いていたんですね」

無知「テレビドラマ化する可能性もあったのか(゜ロ゜) 」

三畳間「数年後に日テレが日曜のドラマ枠で『バクマン。』をやる可能性は
          ゼロじゃないでしょ?w  」



雑誌部「川村元気プロデューサーが【バクマン。】には、【キッズ・リター
      ン】と『SLAM DUNK』のラストシーンに対するオマージュを
      捧げたと仰っていますね」

無知「大根監督は『トモガキ』をパクったと言ってたけど・・・」

雑誌部「映画【バクマン。】を見たお客さんも『トモガキ』だと気付く人は
         少ないでしょうね(´・ω・`)  」

無知「みんな『SLAM DUNK』の方を思い浮かべるか・・・」



三畳間「『DEATH NOTE』を最初に担当した吉田幸司さんの発言は興味深い」

雑誌部「もしも僕が『バクマン。』をつくっていたら、こういう作風には
         ならなかったと思う=v

無知「編集者の影響力が、読者が思っている以上にあることがわかる
         発言でしょ」

雑誌部「相田さんの『バクマン。』を読んで、『DEATH NOTE』は
        両先生と僕の3人による共作なんだと言い切れる自信を
        持つことができた≠ニ言い切れるくらいですから」

無知「まぁ、編集者が設定やストーリー作りに参加し作品の内容に
      大きく関わっているなら共作と呼んでも何の問題も無いけど」



三畳間「川村プロデューサーの“色”が出ているエピソードも興味深いな」

無知「【告白】と【悪人】では【告白】の方が川村プロデューサーの色が
         出ているんだね」

雑誌部「プロデューサーの色が出るのが良い場合もありますが・・・」

無知「色がわかるほどの影響力を発揮するプロデューサーは
          会社倒産させたり、業界から干されたり・・・」

雑誌部「川村プロデューサーは大丈夫でしょうけど(^_^;)  」

三畳間「【バクマン。】の編集会議のシーンは丸々カットする可能性も
      あったのに川村プロデューサーがカットさせなかったんだ」

雑誌部「大根さんからは「どうする、切る?」って話も出たんですけど、
           僕は「いえ、残しましょう」と=v

無知「その判断は正しいことが証明されたね」

三畳間「【悪人】のイカの目に寄っていくカットも散々文句言われたのに
          カットしなかったのは、川村プロデューサーの色を
          残したかった?w  」

posted by クロ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月14日

王道嫌いの邪道マンガ家が文句を言いながらも評価した映画です!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部《漫画家 山本直樹が観た映画【バクマン。】》は
         いきなり自虐ネタから始まっていますね(^_^;) 」

三畳間「アンケート1位とったこともないし1500万部売ったこともないし
       『少年ジャンプ』編集部に行ったこともなければ『少年
        ジャンプ』40年ぐらい読んでいない、でもそこそこは
        食えている“そっちじゃない方”のマンガ家が映画【バク
        マン。】の感想を書きますよ≠チて (^皿^)  」

無知「最初に自虐を言うことで、山本先生を知らない【バクマン。】世代
         からの批判を押さえる効果はあるだろうけどw 」

三畳間「大根仁監督の脚本と演出の残念な部分を指摘しているね」

雑誌部「もうちょっと笑いの量を増やすだけで逆に苛酷さも
      伝わるし、もっと主人公たちに感情移入できたのに、と思う。
      CGがんばってるけど、地味な執筆シーンをはしょるため?
      などと感じてしまう。感情移入の重要な要因となるべき恋愛
      という横糸も、【渇き】以来見た小松奈菜は超絶可愛いけど、
      笑うとちょっとだけブサイクになるところもまたさらに可愛い
      けど、結局物語的には余計な感じになってしまってる=v

三畳間「指摘は理解出来るけど・・・2時間の尺にまとめるには
          仕方が無いんじゃないかなぁ(´・_・`)  」

無知「漫画家である山本先生から見た【バクマン。】のマンガ製作についての
          ディティールは興味深いね」

雑誌部「Gペンは確かに難しい。ペン自体がね。俺は10年プロでやって
      結局ペンから逃げてデジタルに行った。あとミスノン(修正
      液)なつかしー、とか、鉛筆でしか描いたことない人がいきなり
      スクリーントーン削れるの? とか、生原稿の表面を素手で
      触っちゃイカーン、などなど。まあ人によって描き方ずいぶん
      違うから=v

三畳間「『漫勉』を見てても、マンガの描き方の違いは漫画家によって全然
        違うからねぇ」

無知「週刊連載でアシスタント無しというのはあり得ないかな? 『愛と
      誠』のながやす功の他は、あまり聞いたことがない。まあ
      それも物語の伏線になってるんだけど≠ニ、やっぱり本職の人は
      アシスタント無しという部分が気になってしまうんだね」

雑誌部「大根監督もいくつかつかなくてはいけないウソのうちの、一番
      大きなウソをついたところですね。生命線となるリアリティの
      部分は徹底的に詰めたんですけど、あとの映画の構造として、
      感情の盛り上がりをクライマックスに収斂させていくために
      あえて決断しました≠ニ仰っていますよ」

三畳間「アシスタント無しに違和感を感じない世代の子達をターゲットに
         しているなら正解だけどね」

雑誌部「山本直樹先生も悪人が出てこないのも物語的に正解だし、現在
      普及しているデジタルマンガ描きをあえて無視してアナログに
      こだわったのも大正解≠ニ仰っていますし」

無知「デジタルマンガに触れると余計な説明が増えるし、ストーリーが
         ブレちゃうし、2時間に収まらなくなるし(´-д-`)  」

雑誌部「最後にエンディングも、ただの成功物語じゃない「それも『少年
      ジャンプ』リスペクト?」と思わせる『SLAM DUNK』的な
      終わり方でほっとした≠ニ川村プロデューサーのオマージュを
      評価していますね」

posted by クロ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月13日

今までにない新しいマンガ家映画になった!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「『バクマン。』作画の小畑健先生のインタビューが載っていますね」

無知「編集者と漫画家の関係について聞かれた小畑先生が編集者は
     原作者であり初めての読者であり、冷静な視点から作品を
     ジャッジしてバランスをとってくれたりする、陰で支える
     三番目の作者。漫画を創るチームの一員だと思います≠ニ
     語っていることから編集者と良好な関係だってことがわかるね」

三畳間「無能な編集者をボロカスに批判する漫画家も
       少なくないからなぁ(・з・) 」



雑誌部「小畑健先生が好きな映画は【トキワ荘の青春】【東京物語】
         【遙かなる山の呼び超え】なんですね」

無知「漫画家として【トキワ荘の青春】はハズせない?」

三畳間「【トキワ荘の青春】は当時劇場まで足を運びました。トキワ荘の
      作品は創作してる人を映画を撮る人達がリスペクトしている
      ものばかりなので本当によい作品になっていると思います≠チて
      言うくらい評価しているみたいだし」

雑誌部「好きな監督が小津安二郎監督、山田洋次監督というのは
        意外ですかね?」

三畳間「小畑先生の作品を読んでいる読者は小津監督・山田監督の映画を
        一度も見た事が無いって方が多数派じゃないかな?」

無知「【トキワ荘の青春】の市川準監督の名前は挙げていないね(´・ω・`)」

雑誌部「好きな俳優が笠智衆さんと言っても平成生まれは
          ポカーンでしょうね 」

無知「世代的に笠智衆さんは映画よりも烏龍茶のCMの印象の方が
          強かったりするな(^_^;) 」



雑誌部「もしも続篇が製作されるとすれば、どの作品に登場して
      欲しいですか?≠ニの質問に小畑先生は平丸一也の『ラッコ
      11号』。もちろん新井浩文さん主演です≠ニ答えていますね」

三畳間「パイセンが大喜びする発言でしょ(´ε` )  」

雑誌部「余談ですが『TVガイドPERSON VOL.39』の新井浩文さんのインタ
       ビューには、山本浩司さんを絶妙にイジりながらリスペクト
       している事が語られていますね(´・∀・`)  」

無知「インタビュアーの人も山本さん好きなのが伝わるね(^ヮ^) 」

三畳間「『TVガイド』で思い出したけど『TVガイド スター名鑑2016』に
          山本浩司さんが載っていないのは納得出来ないぞ!」

雑誌部「数々の映画やテレビドラマに出演されていますから
            実績は申し分ないはずなんですが・・・」

無知「『TVガイドPERSON』で、新井さんと山本さんの対談を
            実現させるべき m9っ`Д´)   」

雑誌部「難しいと思いますよ・・・」

posted by クロ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月12日

日常がドラマチックに描かれたことで日々の仕事が有難く感じられる!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「《『週刊少年ジャンプ』編集者が観た映画【バクマン。】》には
          意外な事実が語られていますね(゜ロ゜) 」


無知「『少年ジャンプ』編集部に女性は歴史上居ないって驚いたな( ゚д゚) 」


三畳間「昭和の『ジャンプ』には女性の編集者は必要無かったかもしれない
      けれど、今の時代、女性の編集者が居たほうが『ジャンプ』の
      歴史を大きく変えるキッカケになりそうだけど・・・」


無知「『ジャンプ』編集部には男性しかいない!!≠チて大きく書かれた
     上に男性編集者二人の写真が載っていると色々と勘違いする人も
     居そうだけど(´ε` ) 」


雑誌部「ゲイカップルだと勘違いする読者は居ませんよ(^_^;)  」


三畳間「あと『ジャンプ』編集部では編集長と呼ばれることが無いってのも
          驚いたよ!」


無知「名字にさん付けです≠チて事実は、マンガ好きは
           知りたくなかった事実でしょ?w 」


三畳間「取材した『キネマ旬報』だって実際に部下から“編集長!”と
         呼ばれている編集長はほぼいないのが現実≠チて
         言っちゃっているし・・・」


無知「なぜか『スーパーワイド』で大木凡人さんが亀山さんの事を
      “編集長”って、言っていたのを思い出しちゃうし(^皿^) 」






雑誌部「《大根仁、キャスティング四十八手!》では、演劇界の精鋭を集めた
         キャスティングに注目していますね」


三畳間「編集会議のシーンは将来お宝映像になる!?」


無知「【バクマン。】を演劇ファンはニヤニヤしながら楽しめるって
        事か(^ヮ^) 」

posted by クロ at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年11月11日

漫画・小説を炎上させずに実写映画化出来る監督は貴重!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「大根監督とブルボンさんの対談で『少年ジャンプ』の早売りしている
      本屋があるってエピソードは、80年代から90年代くらいまでの
      子供にとっては、あるあるネタですよね(^ω^)」


無知「大概、近所じゃなくて ちょっと遠い場所にあるんだよなぁw 」


三畳間「県境に住んでる友達が隣の県の本屋は1日早いぞって話を
       教えてくれてたときの羨ましいさったらスゴかったもん」


雑誌部「大根監督が小学生が本屋から『少年ジャンプ』を持って飛び
      出す・・・・・・というテンションはもはや存在しないかも
      しれない。あれは僕の時代の歓喜の風景であり、もっと言えば
      “理想”です≠ニ仰っていますが・・・」


三畳間「今は小学生がスマホでマンガ読む時代だからなぁ (゚〜゚)  」


無知「“早売り”で盛り上がれるのは・・・30代まで?」






雑誌部「対談の最後にはブルボンさんが中村真理子先生の『ギィルティ』を
         大根監督で映画化することを勧めていますね」


三畳間「10年間無人島にこもって、映画のシナリオを書いた男の話≠チて
         面白そうじゃんか( ゚∀゚ ) 」


無知「【バクマン。】の続編にも期待しているけど・・・どうだろ?」


雑誌部「興収20億円の壁を越えると可能性ありそうですけどね」


三畳間「対談の最後の最後でブルボンさんが自分の小説の映画化を打診して
         終わってるw  」


雑誌部「長嶋有先生の小説で大根監督が撮ったら
         面白くなりそうな作品というと何がありますかね?」


無知「根岸吉太郎監督で【サイドカーに犬】、中村義洋監督【ジャージの
          二人】が既に映画化されているけど・・・」


雑誌部「『タンノイのエジンバラ』『夕子ちゃんの近道』『エロマンガ島の
       三人』『ぼくは落ち着きがない』『佐渡の三人』など・・・」


三畳間「原作者側からの売り込みだから映画化の話はスムーズに進む
        だろうから来年には何かしら発表される可能性ある!?」

posted by クロ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記