2015年11月10日

現在の漫画が描かない部分を描いた映画 の巻

『キネマ旬報 2015年9月下旬号』で雑談する会

雑誌部「映画【バクマン。】特集は充実しすぎていますね(@゜▽゜@) 」

無知「大根仁監督とブルボン小林先生の対談面白い( ^∀^)」



三畳間「ちゃんと漫画家役を演じれるように役作りさせていたから
         主演男優賞も狙える!?」

雑誌部「実際プロと同じレベルのスピードや作画は無理でも、姿勢とか
         形は本物にしたかったので2〜3ヵ月練習≠オた事で
         違和感が無かったんですね」



無知「『ブロス』の連載ではサンプリングだと言っていた、ちばてつや先生の
     『トモガキ』引用シーンをもう堂々とパクらせていただきました
     (笑)≠チて、素直に言っちゃってるね(^皿^)  」

三畳間「せっかくサンプリングって便利な言葉で誤魔化せていたのにさw 」



雑誌部「ブルボンさんから原作から映画に移行させる時の
         取捨選択が、ほぼ全て“正解”だと思うんです≠ニ
         絶賛されていますね」

三畳間「ほぼ“不正解”の映画もあるからなぁ(´-д-`) 」

雑誌部「絶対にタイトルを言わないでください(^_^;)  」

三畳間「言わないし、言わなくても大体の人が答えを知ってるだろうしw 」



無知「【バクマン。】の脚本は20稿まで書き直してるんだね(゜ロ゜)  」

雑誌部「7〜8稿まではほとんどの原作キャラクターが残っていました=v

三畳間「ソフト化の際に特典として初期段階の脚本を収録してくれたり
         しないかな?」



雑誌部「ブルボンさんが気になったサイコー&シュージンの連載が
        始まってもアシスタントがつかない。
        それと親の不在ですね、家庭ことが全然描かれていない≠ヘ
        気になってしまった人も少なくないでしょうね」

無知「マンガやアニメだと、ご都合主義で親の存在に全く触れないパターンは
        多いけど違和感を感じさせないなら何の問題も無いけどね」

三畳間「家庭のシーンを無理して作って流れが悪くなるんなら
          描かないほうが良いし(・з・) 」

posted by クロ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記