2015年12月31日

日本は原作を平然と踏みにじり海外ドラマをパクる脚本家が重宝される!? の巻

再放送で雑談する会

無知「12月9日、福島テレビの[よじドラ]枠で放送された『世にも奇妙な
          物語 傑作選』で、永作博美さん主演の《サイゴノ
          ヒトトキ》を見ていて急に思い出したんだけど
          『世にも奇妙な物語』がパクられたって話題になった
          バスの話の映画って何だったっけ?」


三畳間「あぁ・・・えっ・・・と、『不定期バスの客』の事?」


テレビ部「清水浩監督の映画【生きない】が公開された時にネタ元だと
          言われて以降、再放送されなくなったと噂された作品
          ですよね?」


三畳間「主演のダンカンさんの初脚本作品だったこともあって一部の人が
           『不定期バスの客』をパクったんじゃないかと話題に
           してたな(・з・)  」


無知「先日放送された『世にも奇妙な物語 映画監督編』で、佐藤嗣麻子
       監督の『箱』が【リミット】のパクりだって話題になったけど
       【生きない】が公開された当時はツイッターもないから
       パクり疑惑が盛り上がらなかったから知らない人も
       多いか・・・ 」


三畳間「『世にも奇妙な物語』のパクり疑惑はレギュラー放送時から
       一部で言われ続けていたけど、週刊誌が話題にするような
       レベルのネタじゃなかったのか、『スーパー写真塾』や
       『熱烈投稿』みたいな雑誌の中の白黒ページの芸能ゴシップ
       コーナーで、テレビ好きのライターさんが『世にも奇妙な
       物語』が色々な映画やドラマからパクっている事を指摘して
       いたのは記憶にあるんだけど(゚〜゚) 」


雑誌部「2002年に『映画秘宝 volume29』で、山本弘先生が連載
       《トワイライトTV》の中でパクりを指摘されていましたね」


無知「『新トワイライト・ゾーン』特集の中で『世にも奇妙な物語』の
      パクりの多さを具体例を挙げて説明してくれてたっけw 」


三畳間「ちゃんと脚本家の名前も載せてたし(^皿^)  」


雑誌部「南野陽子主演の『遅すぎた恋人』(脚本:金谷祐子)は『新
        トワイライト・ゾーン』第1シーズンの『消えた少年』
        (脚本:リン・ベーカー)の露骨なパクり。小堺一機
        主演の『思い出を売る男』(脚本:林誠人)は、やはり
        『新トワ』第3シーズンの『記憶の値段』(脚本:J・M・
        ストラジンスキー)とラスト以外まったく同じ。桜田淳子
        主演の『8時50分』(脚本:小野沢美暁)のオチは、フレ
        ドリック・ブラウンのショートショート『黄色の悪夢』と
        同じ(日本人はサプライズ・パーティーなんてしません
        ってば!)・・・・・・他にも、スピルバーグが演出した
        『四次元への招待』や、名作『ジェニーの肖像』に似た話も
        あったっけ。こんな情けない番組がゴールデンタイムに
        堂々と放映される一方、その元ネタであり、はるかに
        レベルの高い『新トワイライト・ゾーン』がひどい扱いを
        受けていることが、僕には許せない=v


無知「『思い出を売る男』は『世にも奇妙な物語25周年記念!秋の2週
        連続SP〜傑作復活編〜』でリメイクされたけど、ネットで
        炎上することも無かった?」


三畳間「まぁ、炎上しても謝罪や弁解しないでスルーしてれば、すぐに
            話題にもならなくなるからなぁ(´-ω-`) 」


雑誌部「テレビドラマと映画のパクりネタでムック本を何冊も作れるくらい
            珍しい事じゃないですから・・・パクったのがバレても
            謝らないのが正解?」


無知「90年代まではバラエティやドラマがアメリカや欧州のテレビ番組を
          パクっているのも週刊誌で小さく話題にしているくらいで
          大騒ぎにはならなかったんだが(´゚c_,゚` )  」


三畳間「何かの雑誌の企画で放送作家さんの座談会があって
          人気番組のネタ元を指摘しあっていたくらい
          日本のテレビ番組はパクりが多かったことを
          初めて知ったのが20数年前」


無知「ネットが普及し、番組の権利も厳格化されてパクりに厳しく
          なったからこそ、昔の価値観で安易にパクっていると
          痛い目にあう?」


三畳間「今は視聴者に気付かれずにパクれた時代と違って
            放送直後から拡散されるからねぇ(^_^;) 」


無知「脚本家にとっては嫌な時代になっちゃったのは間違いない(-_-)」

posted by クロ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月30日

映画はキャメラマンにも注目しなきゃダメなんだってばよっ! の巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「【007 スペクター】公開記念でサム・メンデス監督のインタビューが
           載っていますね」


無知「カメラマンへの拘りがスゴいな(゚A゚;)   」


雑誌部「カメラマンは僕にとって非常に重要な存在。スタッフのなかでは
       最高位だ。彼らのおかげで映画のクオリティががぜんアップ
       するし、本当に重要だ。選ぶ基準は、僕と同じテイストを
       もっていること。その点、僕ほどラッキーな監督もいないかも
       しれない。最初はコンラッドで、次がロジャーという、映画
       史に残る名カメラマンと組むことが出来た。そしてホイテマは
       年齢的にはまだ若いが、そのふたりと同じ才能を感じさせるん
       だ。彼は若いのに、ちゃんと自分の意見をもっていて、それを
       僕にもぶつけてくる。それは、コンラッドとロジャーも同じだ=v


三畳間「カメラマンが映画の出来を左右するような存在だとは思っていない
          人が少なくないだろうから、サム・メンデス監督の発言は
          カメラマンにも注目するキッカケになるかな?」


無知「三浦賞を大きく紹介してくれる媒体がもっと増えてくれれば
         良いんだけどなぁ(´゚ε゚`)  」


三畳間「「ロジャー・ディーキンスが【007 スペクター】のカメラマンを
          やらなかった理由がステキすぎる(@゜▽゜@)  」


雑誌部「実は【スカイフォール】のとき、コーエン兄弟の映画を断って
       くれたんだ。今回もまた兄弟と重なってしまいロジャーにこう
       いわれたんだよ、「二度もコーエンの仕事を断るわけには
       いかない。私はこれまで12本の作品で組んでいるんだから」
       ってね。ロジャーとコーエン兄弟は、現代最高の監督×カメラ
       マンコンビだよ。その仲を僕が壊すわけにはいかないだろ?
       本当に涙を呑んで諦めたのさ(笑)=v


三畳間「俳優のキャスティングで色々揉める話はよく聞くけど、カメラマンの
          奪い合いは珍しいんじゃないの?w 」


無知「常連というか、専属に近い関係だと思われたカメラマンや照明マンが
        変わっていると何かあったのかと勘繰りたくなる事はあるけど
        その裏には美談があるのかもしれないねぇ(^ω^)   」

posted by クロ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月29日

限られた時間を有効に使える人と使えない人 の巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

無知「Perfumeの連載《たちまち、語リンピックせん?》では
          “今年のうちにやりたい事”を3人が発表しているね」


雑誌部「西脇さんが今の布団を捨てます≠ナ、樫野さんがキッチンにある
       調味料を極力使い切ります≠ナ、大本さんが読んでない漫画が
       結構たまってるから、それを読み終えます=v


三畳間「漫画は3人ともたまっていて大変なんだ (゚〜゚)   」


雑誌部「樫野さんは週刊少年ジャンプが15冊、単行本が30冊ぐらい
          たまっていて、西脇さんも少女漫画が10数冊≠
          たまっているんですね(´・∀・`)  」


無知「購入したままの『ユリイカ』やムック本を早いとこ片付けなきゃとは
         思っているんだけど・・・」


三畳間「3人みたいにケータイが楽しすぎて購入した漫画を読めないでいる
          って悩みは共感している人多いでしょ(・з・)  」


無知「ずっと読めてない楳図かずおさんの『14歳』っていう、すごい
        面白いんだけど、お風呂で読んでると吐きそうになるくらい
        絵が凄まじい漫画≠のっちは誰から勧められたんだろ?」


雑誌部「年内に読み終えたい『蒼天航路』は10年くらい前にファンの人に
          もらった≠ニいうことは『14歳』もファンの人が?」


三畳間「10年前に『蒼天航路』をプレゼントしたファンの人は、引越し
        した時に捨てずに持っていることの嬉しさとまだ読んでいない
        悲しさが入り混じった複雑な心境なのかな?w 」

posted by クロ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月28日

秋元センセイに怒られる前に[訂正とお詫び]するのかなぁ?w の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

三畳間「[MOVIEスケジュール]の【DOCUMENTARY of HKT48(仮題)】の
          監督名が“指原莉乃”じゃなくて“指原梨乃”に
          なっているけど、さっしーファンは『エンタミクス』側に
          クレーム言ってないの?w 」


雑誌部「『エンタミクス』の[MOVIEスケジュール]をチェックしている
          指原さんのファンは皆無なのでは?w 」


三畳間「まぁ、名前の変換ミスは模造する握手会のレポートよりは
          悪質性は無いけどw 」


無知「[MOVIEスケジュール]は、読まずに飛ばしている読者の方が
          圧倒的に多いと思う(´-д-`) 」


三畳間「HKT48に興味が無い人が[MOVIEスケジュール]の担当なら
           変換ミスに気付かない・・・か」


雑誌部「『エンタミクス2015年11月号』から間違ったまま掲載され続けて
           いるのに誰も気付いていないみたいですね(^_^;) 」


無知「『11月号』から・・・クレームがゼロ? インタビュー記事の
         誤字・脱字のチェックは厳しいだろうけど
         [MOVIEスケジュール]は編集長もチェックしてない?」


三畳間「『エンタミクス』読者で[MOVIEスケジュール]を重宝している人でも
          監督の名前のミスは・・・気付かない?」


雑誌部「名前の変換ミスは珍しい事では無いですし・・・そもそも
         ブログで誤字・脱字が多いからあまり強く言える立場では
         ないですし(^_^;)  」


三畳間「すぐにブーメランで返ってくるかw 」


雑誌部「作品名や監督名、俳優の名前の凡ミスは多々ありますので( ノД`)」


無知「指原さんのファンも名前の間違い程度なら許してくれる・・・
          はずw  」


三畳間「映画が公開される時に指原さんが梨を持って『エンタミクス』の
            表紙を飾れば丸く収まる?w   」


雑誌部「『ザ・テレビジョン』のレモンみたいな感じで?w 」

posted by クロ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月27日

偶には殿がさらわれても良いのでは? の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「今回のレトロゲーム特集は《何度でも何度でも呼ぶよ 永遠の
           さらわれ姫》ですね」

無知「『忍者じゃじゃ丸くん』『じゃじゃ丸の大冒険』は未だに
           BGMが頭の中で流れることがあるよ(´▽`)  」

三畳間「『忍者じゃじゃ丸くん 銀河大作戦』なんてあったのか(^皿^)  」

無知「地球に墜落した銀河大王と出会ったじゃじゃ丸。
          宇宙へ飛び出し、ロボット軍団と戦う超展開へ≠チて
          あさっての方向に行き過ぎだろ(´ε` )   」

三畳間「【13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ】から宇宙が舞台になった
         【ジェイソンX 13日の金曜日】みたいな迷走っぷりだなw 」




無知「『大魔界村』のエンディングでスリーサイズを発表するって
           誰得なんだろ?w  」

三畳間「B83W50H89のスレンダー美女≠チて発表されても(´・_・`) 」

雑誌部「クリアしたことへのご褒美? サービス?」




三畳間「『U.F.O.仮面ヤキソバン ケトラーの黒い陰謀』は
        一部の世代にとっては色々言いたくて堪らないゲーム?w」

無知「寝袋欲しかった(^ω^)  」

三畳間「寝袋といえば、ダウンタウンの松本さんが日清から貰った寝袋を
          引越しの際に捨てたのを拾った人が『ガキの使い』に
          出演した記憶が・・・ 」

雑誌部「引越し業者の人がゴミ捨て場から持って返ったんでしたっけ?」

無知「ちょっと脱線するけど、ケトラー役のデーブ・スペクターさんが
        出演していた岩井俊二監督の『ゴーストスープ[完全版]』を
        中古DVDワゴン市で見つけて、100円で入手出来たので
        23年ぶりに見たら、髪がロング時代の鈴木蘭々さんの
        可愛さにビックリした(@゜▽゜@)  」

雑誌部「小さいブラウン管テレビで見ていた23年前じゃ
           鈴木蘭々さんの可愛さには気付けなかった?w 」

三畳間「今のタレントさんで例えるなら市川紗椰さんとSHELLYさんと
            ホラン千秋さんを足して5で割った感じ?w  」

無知「5で割るってw 」

三畳間「『GHOST SOUP』は今観てもあんまり古さを感じないでしょ?」

無知「引越したばかりの設定だから時代を感じさせるモノが映っていないし
            マンションの部屋と万引きシーンのお店とお祖父さんの
            住んでいた古い民家くらいしか映っていないのも
            古さを感じさせない要因かも」

三畳間「映画でも連続ドラマでも無い、深夜の単発のドラマ枠で作られた
          中に映画以上の完成度のドラマが放送されていた時期も
          あったんだけど・・・」

無知「岩井俊二監督の名作が放送されていたのもフジテレビの深夜ドラマ枠
            だったし、片岡K監督の『私の叔父さん』もフジテレビの
            深夜枠で放送されたけどさ・・・今は(´・ω・`)  」

三畳間「フジテレビの深夜が一番面白かった頃はバラエティもドラマも
           充実すぎたんだが・・・」

posted by クロ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月26日

メリーさんの羊は・・・ 巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「今回のミルクマン斎藤さんの連載《“邦題つけたい”放題》の
       【ひつじ村の兄弟】の批評の中で英題の【RAMS】の流れから
       興味深い話が書かれていますね(゜ロ゜) 」


無知「“RAM”は“雄羊”だけど、【羊たちの沈黙】の原題にある羊は
      “LAMB”で、カタカナ化すればやっぱり“ラム”。でもこれは
      ラムチョップのラムでつまり“仔羊”、キリスト教的には
      “神の子羊=イエス”をも意味する訳だ。かたや“RAM”の方は
      海外エロサイトを覗いてると頻出する単語でもあって、ずばり
      “性交”の意味もある。ただゲイ系で使われることが多いような
      気がするのは僕だけか? 体毛が多い同志だから?? じゃあ
      “SHEEP”は生物学的な一般名詞としての“羊”なのか???=v


三畳間「勉強になるなぁ(´・∀・`) 」


雑誌部「RとLじゃ意味が違ってしまう可能性が?」


三畳間「英語だけじゃなく日本語でもひらがなの“ひつじ”と片仮名の
       “ヒツジ”と漢字の“羊”を使い分けて使って居ないけど
       これからは微妙なニュアンスを伝えるときに使い分けないと
       ダメ?」


無知「そもそも使い分けるような機会に遭遇しないし(^_^;) 」


三畳間「吉田羊さんの“羊”は“RAM”なのか“SHEEP”なのか・・・
          気になっている人は居ないかw 」


無知「羊といえば、フジテレビの深夜に流れていた[STRAY SHEEP]を
          未だに思い出しちゃうなぁ( ´▽`)  」


三畳間「未年だから『ストレイシープの大冒険』をフジテレビが再放送したら
           再評価のキッカケになりそうな (´゚ε゚`)  」

posted by クロ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月25日

飴と鞭を使い分ける監督が気になるよっ の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《このネタを観のがすな! お正月ムービー(得)ポイント 一斉
          公開》で気になった作品はありますか?」


無知「【仮面ライダー×仮面ライダーゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦
        ジェネシス】に出演した西村和彦さんのインタビューには
        貴重な話が載っているね」


雑誌部「西村さんが20歳の時に『仮面ライダーBLACK』のオーディションに
           落ちていたとは知りませんでしたね( ゚д゚) 」


三畳間「その後に『超獣戦隊ライブマン』でデビューしたんだ」


無知「『ライブマン』の時の金田監督の演出がww 」


雑誌部「死ぬ気でやれ! 本番! でも死ぬなよ! 用意スタート
        って、厳しさにやさしさを織り交ぜた演出ですね(^皿^) 」


三畳間「こんなことを直前に言われたら
           笑っちゃって芝居が出来なくなるだろw  」

posted by クロ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

ドライブシュートよりも悪い奴を成敗する時代劇の方が魅力的だろ!? の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《初恋エンタ》の松岡昌宏さんのインタビューは面白いですね」


無知「『キャプテン翼』にハマらずに時代劇に夢中って(´ε` )  」


雑誌部「『必殺仕事人』『水戸黄門』『大江戸捜査網』『遠山の金さん』
        『暴れん坊将軍』は何度も再放送されていて見る機会は
        多かったですけど、当時の小学生が『キャプテン翼』に
        ハマらず時代劇に夢中だったのは珍しいかもしれませんね」


三畳間「松岡さんが時代劇デビューした『大忠臣蔵』で共演した
         川谷拓三さんからの何気ない一言が( ノД`)  」


雑誌部「打ち上げで川谷拓三さんから「松岡君、これからも時代劇
       やってね」って言っていただいたんです。その頃、川谷さんって
       俺の中では“どん兵衛”のCMのおじちゃんだったけど、今でも
       その言葉は俺の宝物です=v


無知「世代的に川谷拓三さんは俳優と認識する前に“どん兵衛”の
         CMのイメージが強すぎてたのは間違い無い(^ω^) 」


三畳間「山城新伍さんと一緒にCM出てる面白いオジサンと思っていたから
          映画を観てギャップに驚いたし(´・∀・`)  」


無知「『天までとどけ』で大木実さんを知った後に映画を観て
          驚くパターンと同じかなw  」


三畳間「『爆報 THE フライデー』で『天までとどけ』特集
          やってくれないかなぁ ( ´▽`) 」

posted by クロ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

A面とB面の説明をしなきゃダメな時代? の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《初恋エンタ》に松下奈緒さんのインタビューが載っていますね」


無知「子供の頃に読んでいた漫画が『墓場の鬼太郎』!!」


三畳間「グロテスクで敷居は高いけど、実は家族の絆を描いた
          良い話で、すっかり魅了されちゃいました≠チて
          本当かよ!?」


無知「『ゲゲゲの女房』に出演していたからじゃなくて?」


雑誌部「手塚治虫先生の『火の鳥』『ジャングル大帝』も
            読んでいるんですね(´・∀・`)   」


三畳間「1985年生まれで水木しげる先生や手塚治虫先生の漫画って
          珍しいよね(゜ロ゜)  」


無知「子供の頃に少女マンガは身近になかったのかな?」




三畳間「小学校高学年の放送委員のエピソードは時代を感じる?w 」


雑誌部「毎日お気に入りの曲をカセットテープに録音していました=v


無知「1985年生まれだと、まだカセットテープに録音世代か( ゚д゚) 」


三畳間「『エンタミクス』の21世紀生まれ読者は、カセットテープもCDも
           MDも知らないでしょ?」


無知「つい最近、ソニーの最高級カセットテープが紹介された雑誌を読んだ
          ばかりだよ(´・ω・`)   」


雑誌部「『ステレオ時代 VOL.5』ですね」


無知「『コンパクトディスク』の特集も載っていたけど、CDが消えるなんて
          20年前は想像もしてなかったよ・・・パッケージ
          メディアは消え行く運命だけど少し寂しいよね」

posted by クロ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

インタビューは早送りするけど、設定は重要視するでしょ? の巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「岡村靖幸さんの連載《あの娘と、遅刻と、勉強と》は、今回で
           園子温監督との対談が最終回になりましたね」


無知「最終回に“オカズ”の話題で盛り上がるって(^皿^)  」


三畳間「園監督が童貞期間が長いと、セックスに対する憧れが自分の中に
         だいぶ残るんですよね。だから、いまだに「オナニーは
         オナニー、セックスはセックス」という、ものすごい分離が
         あって。(オナニーの)ネタの中に、この地球上に存在しない
         登場人物もちゃんといるんですよ≠ニ驚くべき告白がw  」


無知「しかも態々その子のためにストーリーも作るんですよ。その子が
        どんなシチュエーションで、どうしてセックスに至るかって
        いう。セックスしてるだけじゃだめなんですよ。
        前のストーリーがないと。だから25分くらい経って「やっと
        セックスだ!」と思って(笑)≠ニ、映画監督らしく
        ストーリーを重視することをカミングアウトしているし」


三畳間「前園さんと同じ?」


雑誌部「『ワイドナショー』でAVはストーリーを重視していると
            前園さんは言っていましたけど・・・」


無知「園監督、30年近くその子一筋って、スゲーな(´ε` ) 」


三畳間「名前は無いのに姉貴が居る設定なのが(^∀^) 」


無知「姉を初恋の相手の名前にしちゃっているのもスゴいw  」


三畳間「園監督の妄想を山本直樹先生で漫画化出来ないかなぁ(*´3`*)」

posted by クロ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

今、購買欲が強いのはアイドルとアニメファンだけなの!? 巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「《20年の時を経て再び NHKスペシャル『新・映像の
         世紀』で、過去から今を読み解く》は、僅か2ページの
         特集ながら読み応えがありましたね(´・∀・`)   」


無知「NHKのプロデューサーとディレクターが語る裏話が
   興味深すぎる( °_° )   」


三畳間「裏表紙の広告とのバーターでやった内容ペラペラの『モンハン』
           特集と比べたら・・・比較しちゃダメか(・з・) 」


雑誌部「・・・」


三畳間「“Merry 狩り'smas!”って、1ミリも面白くないコピーで
        無理やりクリスマス感を出しているくらいなら思い切って
        『新・映像の世紀』第3集で紹介するヒトラーを表紙にする
        攻めっぷりを見せて欲しかったよ(´-д-`) 」


雑誌部「それは、昔の『ブロス』でも難しいと思いますが・・・」


三畳間「流石に無理すぎか(^_^;)  」


無知「大根仁監督も連載《中春スケッチブック》で『ブロス』の表紙について
          個人的見解を言ってるね」


雑誌部「記憶はおぼろげだが、ここ1年のブロスの表紙&特集はアイドルか
         アニメか星野源のローテーションで、星野源にいたっては、
         ファンクラブの会報誌か!?ってほどの厚遇っぷりである。
         おそらくブロスは今、新たなサブカル層に向けて転換期を
         迎えているのだろう=v


三畳間「尖がったイメージを捨てて、売れるためには今までのサブカル好き
         読者を切ってしまうことに躊躇しない姿勢は評価すべきだが
         ドーピングをし続けると痛い目にあうんじゃないか
         なぁ(´゚c_,゚` )  」

posted by クロ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月21日

粋を追求し、枠を作らないフリーの監督が第1位に選ばれました の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《掘り出しエンタRANKING2015》の[アニメ(国内)]1位は
          原恵一監督の【百日紅 〜Miss HOKUSAI〜】ですね」

三畳間「完成度高くても、萌えない・キュンキュンしないアニメじゃ
         今の若者からは見向きもされないのは仕方が無い?」

無知「とにかく地上波で繰り返し放送して、原アニメのファンを地道に
         増やすしかないでしょ(゚〜゚)   」

三畳間「定期的に地上波のゴールデンタイムで放送すれば、ジブリみたいに
         ファンが増えて、視聴率も二桁狙えて、新作も大ヒットする
         って、考え方は理想だけど・・・難しいよね(´-д-`)  」

無知「【河童のクゥと夏休み】は【トトロ】と同じように
            夏休みの定番にするべきだ m9っ`Д´)  」

三畳間「【カラフル】は冬休みや春休みの期間に放送したら良いのにさ」


雑誌部「原恵一監督がインタビューで次回作について語られていますね」

無知「まだ全然決まっていません。もし自由にやれるなら、シリアスものが
         続いたので、久々にギャグがやりたいな≠チてw  」

三畳間「【クレヨンしんちゃん】に復帰するのか、オリジナル作品として
       コメディは難しいだろうから有名な漫画の映画化とか?」

無知「感動ゼロの笑いっぱなし作品を観てみたい気もするが(´ε` ) 」




三畳間「個人的には6位の【花とアリス殺人事件】が[アニメ(国内)]1位に
         選ばれて欲しかったなぁ (゚ε゚) 」

無知「岩井俊二監督が原作・脚本・企画・製作・プロデュース・編集・
        音楽・監督≠担当したにも関わらず盛り上がりに欠けた
        印象があるからねぇ(´_`) 」

三畳間「蒼井優さんの声優としてのポテンシャルの高さを
            もう少し高く評価しても良いんだけど・・・」

posted by クロ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月20日

歌によって完成度が大きく変わってしまうドラマがあるんだってばよっ の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《掘り出しエンタRANKING2015》の[TVドラマ(国内)]の
          1位に『民王』が選ばれていますね」


無知「『民王』に西田敏行さんが出演されているけど、日本映画で1位に
       選ばれた【ラブ&ピース】にも西田敏行さんは出演されている
       から2冠の快挙だね(@゜▽゜@)  」


三畳間「7位に選ばれた『表参道合唱部!』の脚本を書いた櫻井剛さんって
          あの傑作『青と白で水色』の櫻井監督だよね?」


無知「映画監督として活躍するのを期待していたんだけどなぁ (・з・) 」


雑誌部「テレビドラマ界で大活躍されていたんですね」


無知「宮崎あおいさんと蒼井優さんが共演した『青と白で水色』が放送されて
          来年で15年か・・・」


三畳間「DVD化されたけど、森田童子さんの『たとえばぼくが死んだら』が
         権利の関係上使用出来なかったのが残念すぎる(´・ω・`) 」


無知「地上波での再放送は難しいだろうからCSで再放送してくれれば
         再評価のキッカケになると思うんだけど・・・」

posted by クロ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月19日

多くの人が満足できる本当の良作ランキングに選ばれなかったということは・・・ の巻

『エンタミクス 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《掘り出しエンタRANKING2015》が発表されましたね」

無知「洋画の1位が【シェフ 三ツ星フードトラック始めました】が
              選ばれているのは見事 (´・∀・`)  」

三畳間「アメリカでも口コミ効果でヒットしたから日本でも《掘り出し
         エンタ》がキッカケでレンタルする人が増えるかもね」

無知「クリストファー・ノーラン監督の【インターステラー】やデヴィッド・
         フィンチャー監督の【ゴーン・ガール】が《掘り出し》として
         5位や8位に選ばれちゃうのは複雑だねぇ・・・」

雑誌部「日本映画は、園子温監督の【ラブ&ピース】が
             1位に選ばれましたね」

無知「ベスト10に選ばれた作品のほとんどが映画評論家からはウケたのに
         一般人からは無視されたというか興味をもたれなかった作品
         だから《掘り出しエンタ》キッカケに観てみたいと思って
         くれると作品も救われる?」

三畳間「5位に選ばれた【紙の月】は賞レースを独占し、29冠も獲ったのに
             《掘り出し》扱いされちゃうんだから(´・ω・`)  」

無知「ベスト10に松竹とアスミックが多いのは、逆に言えば作品の内容が
        良いのに宣伝が下手糞だったとも解釈出来るよね?w 」

雑誌部「東宝と東映の作品は選ばれていませんね」

三畳間「東宝はヒット作品連発したから《掘り出し》にランクインしないのは
        当然だけどし東映は・・・東映は・・・あれ?
        東映で《掘り出し》扱いされるような作品無かったっけ?」

無知「東映はヒットも無いし、《掘り出し》扱いされる作品も無い?w 」

雑誌部「【深夜食堂】がランクインしていないのは不思議ですけどね」

三畳間「空気みたいな扱いになってしまった【悼む人】は
         石田ゆり子さんが脱いでいればもう少し話題になったかも?」

無知「【おかあさんの木】も【アゲイン 28年目の甲子園】も
          空気というか・・・レンタル店でも黙殺されるだろうなぁ」

三畳間「迷走した水谷豊さんを止められなかった【王妃の館】や橋本一監督の
           【ズタボロ】もターゲットの若い世代から黙殺されるし」

無知「【ガールズ・ステップ】は企画の段階で爆死するのがわかっていたのに
           止められなかったのは、主演の子の事務所の税金対策で
            作らざるを得なかったと勘違いされるよ(^_^;) 」

三畳間「2015年の東映作品には当たりは無し?w  」

雑誌部「 ・・・ 」

posted by クロ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月18日

うっかりチビっ子が間違って観ることを願う監督 の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「三池崇史監督のインタビューが載っていますね」

三畳間「映倫イジりが秀逸(^皿^) 」

雑誌部「映倫の人に直接お目にかかったことはいちどもないんですが、
         ドリルで脳天をくり抜くシーンを2回に減らしてくれとか
         言われも、2回半にしてもわかんないだろうとか、もしくは
         1回増やすと違うように見えるんじゃないかと思いながら
         撮ってましたね(笑)=v

無知「増やしたら残酷描写が薄まる可能性もある?w 」

雑誌部「映倫の“R18+”は三池崇史監督の【殺し屋1】の描写が
            基準になっていた!?」

無知「まぁ、残酷シーンは映倫の人のサジ加減だし・・・」

雑誌部「確かに【極道大戦争】が“PG-12”だったりしますから(^_^;) 」

無知「“PG-12”に指定はされたけど【極道大戦争】を劇場に
              観に行った親子は・・・存在するのかな?」




三畳間「三池監督の【インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜】ネタは
       年に数回はどこかのインタビューで語られる鉄板ネタだよね」

雑誌部「アメリカのCATVで作ったにもかかわらず、規制が比較的緩い
          アメリカのCATVで放送禁止扱いを受けたんですよね」

無知「そのお陰で?w 三池監督のインタビューの鉄板ネタが一つ
          増えたと(´ε` )   」


三畳間「三池監督が語る、映画監督のピークを指摘する話が
          興味深い( °_° )  」

雑誌部「どの監督も代表作って30代ですよね。早い人だったら20代
        後半とか。そのころ作った映画がその人の代表作で、その後は
        大事な何かがなくなってくる=v

三畳間「デビュー作がピークってパターンの有名な映画監督も
          多いからなぁ(´・ω・`)  」




無知「今村昌平監督が晩年に準備していた幻の脚本は最高傑作だった!?」

雑誌部「【新宿桜幻想】は、三池監督曰くあれは脚本としては最高傑作です
           ね。あんな面白い脚本はない≠ニ断言しちゃっていますね」

三畳間「先行して撮影していたって事は映像はどこかに存在する!?」

無知「大杉漣さんもキャスティングされていたんだ(°д°)  」

雑誌部「三池監督もあれはたしかに今村さんにとって大きな事件になる
         映画だったでしょうね。クランクイン1ヵ月前くらいまで
         進んでましたからね。亡くなる前にも、東京大空襲の
         シーンとかお金がかかりそうなところを省略した縮小
         バージョンのホンを天願大介が作って、やろうと
         していたんですけどね≠ニ最後の最後まで今村監督が
         諦めていなかったことが窺えますね」

三畳間「今村監督亡き後、三池監督で実現に向けて動く話もあったが
         予算の都合で断念したなんて・・・勿体無いなぁ(´゚ε゚`)」

雑誌部「今村監督は新宿二丁目のセットを同じサイズでオープンセットを
         作ろうとしていたんですね」

無知「今、【新宿桜幻想】を実現させる方法としてはネットフリックスに金
           出して貰うのが一番可能性ありそうな・・・  」




雑誌部「最後に企画段階の映画の話を発表しちゃっていますね」

無知「映画業界じゃない人たちと作ってみたい≠チて・・・大丈夫かな?」

雑誌部「レスリー・キーというスチールカメラマンが面白いので、彼に撮影・
        照明を完全に任せたいと思っているんです。俳優を排除して、
        全部モデルでやる。その代わり肉体を晒け出すんです。演技は
        そんなに起用じゃないかもしれないけど、それで構わない
        設定や、若者そのものであればリアリティが出てくるんじゃ
        ないか。そういう作り方をしてみたいと思ってますね=v

三畳間「クリストファー・ドイルに任せちゃった映画みたいな感じに
           なるのかなぁ(゚〜゚)   」

無知「色々なジャンルをやりすぎた結果、お客が観たい映画じゃなく
        自分が観てみたい映画を撮りたい気分になってるのかな?」

posted by クロ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月17日

自分を支えてくれた人への恩返しで作った映画 の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「橋口亮輔監督のインタビューが載っていますね」

三畳間「橋口監督、『秘宝』のムック本・別冊を買っていた!」

雑誌部「僕、特撮・アニメのDVDや動画がありさえすれば、人に
         会わなくて平気のタイプですよ(笑)。『映画秘宝』の
         別冊やムックはいつも買ってて、本棚にたくさんあります=v

無知「意外だなぁw 橋口監督って『キネマ旬報』や『映画芸術』側なのかと
          思っていたからさ(´ε` ) 」

三畳間「でも、インタビューで最初に購入していることを言われたら
          褒めざるを得ない空気になっちゃうでしょ?w 」


無知「さらに意外な告白が(@゜▽゜@)   」

三畳間「特撮モノを撮りたかった!」

雑誌部「【電人ザボーガー】撮りたかったもん!【ガッチャマン】だって
          俺がやりたかったもん。俺、ピープロ好きなんですよ=v

三畳間「特撮モノで橋口監督を監督候補として思い浮かぶ
             プロデューサーは皆無でしょw 」

雑誌部「橋口版【ガッチャマン】は観てみたかったですね(^皿^) 」

無知「これだけアピールしたら来年にはオファー来る可能性あるんじゃ?w」



三畳間「橋口監督、印税トラブルに巻き込まれていたんだ(;゚Д゚) 」

雑誌部「映画制作で印税にかんしてのトラブルがあって、お金が
           入って来なくなり、[ふえるわかめちゃん]をずっと
           食べてたんですよ。“ひもじい”ってこんなに
           辛いものかと思いましたね(笑)=v

無知「テレビ番組でこの話をしたら橋口監督の事務所に大量の[ふえる
           わかめちゃん]が届くだろうなぁ(´▽`)  」

三畳間「紀里谷監督に続いて『しくじり先生』に!?w」

無知「テレビで宣伝してくれたお礼が結果的には“ひもじい”生活を
           思いださせる嫌がらせになっちゃうけど(^_^;) 」

雑誌部「橋口亮輔監督をどん底から救ってくれた深田プロデューサーの
            やさしさが素敵ですね(´・∀・`)  」

無知「[ふえるわかめちゃん]を食べていた橋口監督に「デパ地下で
        買いすぎました」ってお弁当を持ってきてくれた≠ネんて
        泣けてくる( ノД`) 」

三畳間「映画を作るキッカケになったワークショップも深田プロデューサーが
           橋口監督にいきなり映画を撮るのは大変だからと勧めて
           くれたんだ(°д°)  」

無知「最近の日本映画は、ワークショップからの流れで作られた作品の
             完成度が異様に高すぎる気がするんだが・・・」

三畳間「アマチュアの役者とベテラン俳優が交わることで起きる科学変化が
            良い方向に振り切れることが多い?」

雑誌部「確かに、濱口竜介監督の【ハッピーアワー】はワークショップに
        参加していた4人の女性が海外の映画祭で主演女優賞を
        獲ったり、沖田修一監督の【滝を見に行く】でも主演に
        抜擢された普通のおばちゃん達が[東スポ映画賞]で主演
        女優賞を獲ったりしましたからねぇ(゚〜゚)   」

三畳間「東スポ映画賞とロカルノ国際映画祭を同格に並べるのはw 」

無知「“全ての女性は女優である”って、言い切っても問題無いのかも」

三畳間「今は女優になりたければワークショップが一番の近道?」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月16日

年末年始に自宅で遭難体験したい人は必見の特集!? の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「《【エベレスト3D】と雪山遭難映画の世界》は“雪山遭難映画”
        だけでムック本を作って欲しいと思ってしまうくらい濃い
        内容ですね(´・∀・`)  」

無知「藤岡弘、さんの映画は知らなかったなぁ(°д°)  」

雑誌部「【K2 愛と友情のザイル】」

三畳間「【K2】って、勝俣さんと堀部さんを思い出すな(^皿^) 」

雑誌部「今の若い子は知らないと思いますよ(^_^;) 」

無知「40歳前後の狭い世代しか覚えていない、あるあるネタかな?w 」



三畳間「【八甲田山】は、スキー場の脇でも撮れたって
           エピソードが(´ε` ) 」

雑誌部「木村大作さんが蔵王のスキー場の脇でも撮れるんだよ!
           だけど八甲田山で撮ったリアリティがあったからヒット
           したんだよ!!≠ニ言ったんですね」

無知「CGの技術の進化によってグリーンバックの前で迫真の演技が出来れば
         態々本物の雪山に行かなくても大丈夫だったりするんだろう
         けど・・・ 」



三畳間「モルモット吉田さんが日本の山岳映画を代表するのが戦後
       2年目に日本アルプスで三カ月のロケーションを敢行した
       【銀嶺の果て】≠ヘ、1997年に放送された『ETV特集
       ゴジラのテーマをつくった男 作曲家・伊福部昭』が、先日
       Eテレでアンコール放送されたのを見てたら【銀嶺の果て】の
       映像がチラッと紹介されたよね」

無知「谷口千吉監督のデビュー作なんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「脚本が黒澤明監督で、助監督が岡本喜八監督と豪華ですよね」

無知「日本映画で雪山遭難映画ベスト作品は【銀嶺の果て】か
          【八甲田山】ってことになる?」

posted by クロ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月15日

ハリウッドで一番のジェントルマン!? の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「キアヌ・リーヴスのインタビューが載っていますね」

無知「【ジョン・ウィック】のプロデューサーにチャド・スタエルスキ監督を
        推薦していただけじゃなく、初監督作だった監督を守るために
        プロデューサーに直談判してくれていたって、良い人すぎる
        なぁ( ´▽`)  」

雑誌部「【ファイティング・タイガー】で、監督を経験した事で制作過程の
       なかで何が必要なのか、彼らに助言することができた。
       このシーンなら撮影に何日かかるだろうとかね。監督が
       制作中にぶるかる障壁についても理解していたから、僕が
       監督たちを守るために「ここはもっと時間をかけて撮った
       ほうがいい」とプロデューサーに直談判することもあったよ=v

三畳間「やさしさライセンスS級の持ち主だ(´∀`)  」

無知「そろそろ、『午後のロードショー』枠で“キアヌ・リーヴス
           特集”やらないかなぁ(´ε` )  」






雑誌部「今回の《パイパニック対談》のゲストは、ゆるめるモ!の
          あのさんとちーぼうさんですね」

三畳間「初主演映画【女の子よ死体と踊れ】は
            監督が朝倉加葉子監督か( °_° )  」

無知「朝倉監督の雇われ仕事じゃないよね?w  」

三畳間「アイドル映画あるあるでお馴染みの“棒読み”をオーケンが
       全員一丸となって安定した棒読み感がスゴかった≠ニ
        評しているのが(^皿^)   」

無知「ファンは棒読みの芝居を温かい目で見てくれるから問題無い?w」

三畳間「ゆるめもモ!の中から将来女優として活躍するメンバーが現れたら
         【女の子よ死体と踊れ】が、お宝映像になるんだけど(・з・) 」

posted by クロ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月14日

キミは映画の8割が脚本で決まることに異論はあるかね? の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「【帰ってきたMr.ダマー バカMAX】のホビー・ファレリー監督の
          インタビューが載っていますね」

無知「脚本書く苦労が(゜ロ゜)  」

雑誌部「映画作りの中でもいちばん疲れる工程だけど、脚本が何よりも
        大切なんだよね。監督とか編集なんかはただただ楽しい作業
        なんだ。とにかく現場でやることをやればいいわけだから。
        でも脚本は楽しいばかりじゃないんだね。脚本でしくじったら
        後のすべてが失敗するわけだから=v

三畳間「昔から一流のシナリオから一流の映画が生まれるとは限らないが
        二流のシナリオから一流の映画は生まれないと言われている
        からねぇ(゚〜゚)  」

無知「【帰ってきたMrダマー バカMAX】は、脚本に1年半から2年ぐらい
          かかっているんだ( ゚д゚) 」

雑誌部「脚本家にクレジットされたのが6人」

三畳間「黒澤明監督作品には脚本家が数人関わっていることがあったけど
        最近の日本映画で3人以上の脚本家がクレジットされた作品は
        記憶の引き出しの中からは見つからないな(・з・) 」

無知「関わっていてもクレジットされない脚本家も居るけどね(´-д-`) 」



三畳間「テスト上映の話は興味深いよね」

無知「テスト上映で内容を変更するのはハリウッドじゃ珍しい事じゃないけど
          コメディ映画でも変更するのか(゚A゚;)  」

雑誌部「テスト上映は大事だよ。本当に大事∞結果によってはギャグの
         タイミングとか映画自体のスピード感とか、よくよく考えて
         変更するよ。毎回毎回、そういう検証を真面目にやってます
         よ=v

三畳間「日本映画界ではテスト上映して内容変更するなんて
         あまり聞かないけど・・・三谷幸喜監督作品は次回作から
         テスト上映しなきゃダメかな?w」

雑誌部「・・・」

posted by クロ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年12月13日

公共の電波を使って巧みな編集で私生活を見せた妖怪壁ドン男 の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「《EXPRESS》に[ガメラ生誕50周年記念映像]が紹介されていますね」

三畳間「『映画秘宝』的には否定的ではないんだね( °_° ) 」

無知「完璧な怪獣アングル∞拍手を送りたい=v

雑誌部「岡本さんの石井克人監督と怪獣映画の親和性≠読むかぎり
          期待しても良いのでは?」

無知「石井監督にオファーしたプロデューサーが
          2017年に絶賛されているんだろうか・・・」





雑誌部「マシ・オカさんのインタビューが載っていますね」

三畳間「町山さんのことを知らないんだね(゜ロ゜)  」

雑誌部「(本誌2010年9月号を見ながら)誰ですか、ウェイン町山って?
          すごい名前ですね。業界人っぽい(笑)=v

無知「この記事の隣のページに町山さんの連載を持ってきたのは
         編集部側の確信犯でしょ?w 」





三畳間「今回の斎藤工さんの連載《映画じかけのオレンチ》は、NHKの
         『ジドリ』で執筆の模様が放送されていたね(´・∀・`) 」

無知「『映画秘宝』の宣伝だけでもスゴいのに江頭さんの連載を
          NHKで紹介するとは・・・攻めたよね、NHKも(´ε` ) 」

雑誌部「P.S.でも触れていたシッチェス映画祭の模様も『ジドリ』で
          放送されていましたね」

三畳間「『ジドリ』、斎藤工ファンよりも西村監督ファンが喜ぶような
          編集だった気がする(^皿^)  」

posted by クロ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記