2015年12月14日

キミは映画の8割が脚本で決まることに異論はあるかね? の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「【帰ってきたMr.ダマー バカMAX】のホビー・ファレリー監督の
          インタビューが載っていますね」

無知「脚本書く苦労が(゜ロ゜)  」

雑誌部「映画作りの中でもいちばん疲れる工程だけど、脚本が何よりも
        大切なんだよね。監督とか編集なんかはただただ楽しい作業
        なんだ。とにかく現場でやることをやればいいわけだから。
        でも脚本は楽しいばかりじゃないんだね。脚本でしくじったら
        後のすべてが失敗するわけだから=v

三畳間「昔から一流のシナリオから一流の映画が生まれるとは限らないが
        二流のシナリオから一流の映画は生まれないと言われている
        からねぇ(゚〜゚)  」

無知「【帰ってきたMrダマー バカMAX】は、脚本に1年半から2年ぐらい
          かかっているんだ( ゚д゚) 」

雑誌部「脚本家にクレジットされたのが6人」

三畳間「黒澤明監督作品には脚本家が数人関わっていることがあったけど
        最近の日本映画で3人以上の脚本家がクレジットされた作品は
        記憶の引き出しの中からは見つからないな(・з・) 」

無知「関わっていてもクレジットされない脚本家も居るけどね(´-д-`) 」



三畳間「テスト上映の話は興味深いよね」

無知「テスト上映で内容を変更するのはハリウッドじゃ珍しい事じゃないけど
          コメディ映画でも変更するのか(゚A゚;)  」

雑誌部「テスト上映は大事だよ。本当に大事∞結果によってはギャグの
         タイミングとか映画自体のスピード感とか、よくよく考えて
         変更するよ。毎回毎回、そういう検証を真面目にやってます
         よ=v

三畳間「日本映画界ではテスト上映して内容変更するなんて
         あまり聞かないけど・・・三谷幸喜監督作品は次回作から
         テスト上映しなきゃダメかな?w」

雑誌部「・・・」

posted by クロ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記