2015年12月16日

年末年始に自宅で遭難体験したい人は必見の特集!? の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「《【エベレスト3D】と雪山遭難映画の世界》は“雪山遭難映画”
        だけでムック本を作って欲しいと思ってしまうくらい濃い
        内容ですね(´・∀・`)  」

無知「藤岡弘、さんの映画は知らなかったなぁ(°д°)  」

雑誌部「【K2 愛と友情のザイル】」

三畳間「【K2】って、勝俣さんと堀部さんを思い出すな(^皿^) 」

雑誌部「今の若い子は知らないと思いますよ(^_^;) 」

無知「40歳前後の狭い世代しか覚えていない、あるあるネタかな?w 」



三畳間「【八甲田山】は、スキー場の脇でも撮れたって
           エピソードが(´ε` ) 」

雑誌部「木村大作さんが蔵王のスキー場の脇でも撮れるんだよ!
           だけど八甲田山で撮ったリアリティがあったからヒット
           したんだよ!!≠ニ言ったんですね」

無知「CGの技術の進化によってグリーンバックの前で迫真の演技が出来れば
         態々本物の雪山に行かなくても大丈夫だったりするんだろう
         けど・・・ 」



三畳間「モルモット吉田さんが日本の山岳映画を代表するのが戦後
       2年目に日本アルプスで三カ月のロケーションを敢行した
       【銀嶺の果て】≠ヘ、1997年に放送された『ETV特集
       ゴジラのテーマをつくった男 作曲家・伊福部昭』が、先日
       Eテレでアンコール放送されたのを見てたら【銀嶺の果て】の
       映像がチラッと紹介されたよね」

無知「谷口千吉監督のデビュー作なんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「脚本が黒澤明監督で、助監督が岡本喜八監督と豪華ですよね」

無知「日本映画で雪山遭難映画ベスト作品は【銀嶺の果て】か
          【八甲田山】ってことになる?」

posted by クロ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記