2015年12月17日

自分を支えてくれた人への恩返しで作った映画 の巻

『映画秘宝 2015年12月号』で雑談する会

雑誌部「橋口亮輔監督のインタビューが載っていますね」

三畳間「橋口監督、『秘宝』のムック本・別冊を買っていた!」

雑誌部「僕、特撮・アニメのDVDや動画がありさえすれば、人に
         会わなくて平気のタイプですよ(笑)。『映画秘宝』の
         別冊やムックはいつも買ってて、本棚にたくさんあります=v

無知「意外だなぁw 橋口監督って『キネマ旬報』や『映画芸術』側なのかと
          思っていたからさ(´ε` ) 」

三畳間「でも、インタビューで最初に購入していることを言われたら
          褒めざるを得ない空気になっちゃうでしょ?w 」


無知「さらに意外な告白が(@゜▽゜@)   」

三畳間「特撮モノを撮りたかった!」

雑誌部「【電人ザボーガー】撮りたかったもん!【ガッチャマン】だって
          俺がやりたかったもん。俺、ピープロ好きなんですよ=v

三畳間「特撮モノで橋口監督を監督候補として思い浮かぶ
             プロデューサーは皆無でしょw 」

雑誌部「橋口版【ガッチャマン】は観てみたかったですね(^皿^) 」

無知「これだけアピールしたら来年にはオファー来る可能性あるんじゃ?w」



三畳間「橋口監督、印税トラブルに巻き込まれていたんだ(;゚Д゚) 」

雑誌部「映画制作で印税にかんしてのトラブルがあって、お金が
           入って来なくなり、[ふえるわかめちゃん]をずっと
           食べてたんですよ。“ひもじい”ってこんなに
           辛いものかと思いましたね(笑)=v

無知「テレビ番組でこの話をしたら橋口監督の事務所に大量の[ふえる
           わかめちゃん]が届くだろうなぁ(´▽`)  」

三畳間「紀里谷監督に続いて『しくじり先生』に!?w」

無知「テレビで宣伝してくれたお礼が結果的には“ひもじい”生活を
           思いださせる嫌がらせになっちゃうけど(^_^;) 」

雑誌部「橋口亮輔監督をどん底から救ってくれた深田プロデューサーの
            やさしさが素敵ですね(´・∀・`)  」

無知「[ふえるわかめちゃん]を食べていた橋口監督に「デパ地下で
        買いすぎました」ってお弁当を持ってきてくれた≠ネんて
        泣けてくる( ノД`) 」

三畳間「映画を作るキッカケになったワークショップも深田プロデューサーが
           橋口監督にいきなり映画を撮るのは大変だからと勧めて
           くれたんだ(°д°)  」

無知「最近の日本映画は、ワークショップからの流れで作られた作品の
             完成度が異様に高すぎる気がするんだが・・・」

三畳間「アマチュアの役者とベテラン俳優が交わることで起きる科学変化が
            良い方向に振り切れることが多い?」

雑誌部「確かに、濱口竜介監督の【ハッピーアワー】はワークショップに
        参加していた4人の女性が海外の映画祭で主演女優賞を
        獲ったり、沖田修一監督の【滝を見に行く】でも主演に
        抜擢された普通のおばちゃん達が[東スポ映画賞]で主演
        女優賞を獲ったりしましたからねぇ(゚〜゚)   」

三畳間「東スポ映画賞とロカルノ国際映画祭を同格に並べるのはw 」

無知「“全ての女性は女優である”って、言い切っても問題無いのかも」

三畳間「今は女優になりたければワークショップが一番の近道?」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記