2016年01月31日

昭和49年に小学三年生の女の子が外国人と関西へ旅行に行く映画 の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《アニメ『ちびまる子ちゃん』TARAKOと監督が選ぶBEST
         ホロリ話トホホ話》には懐かしい初期の頃のアニメ版が
         紹介されていますね(´・∀・`)   」

三畳間「90年代前半までは毎週かかさず見ていたな」

無知「TARAKOさんと高木監督が選んだエピソードは
          毎週見ていた頃だから記憶に残っているよね」

三畳間「特にドリアンの回は何故か未だに印象が強くて
          子供心に永沢の家が火事になった回よりもインパクト
          あったのが不思議だ(^皿^)   」

無知「ついでに『有吉弘行のダレトク』で小沢仁志さんがフィリピンで
         ドリアンが臭くないこと証明した回も思い出した(´ε` )  」



雑誌部「【映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年】の脚本は
           原作者のさくらももこ先生が担当されているんですね」

無知「【ドラゴンボール】や【ワンピース】など、原作者が脚本を書く
           パターンが成功しているからねぇ (゚〜゚)  」

三畳間「映画版では野口さんの意外な一面が見られる!?」

雑誌部「ミステリアスで無口な野口さんだが、映画では驚きの一面も?≠ニ
            野口さんファンには気になる一言がw  」

無知「ジャイアンがテレビ版と映画版では違うように
            さくら先生が映画版では野口さんのイメージを覆す
            イジり方をしているのかな!?」

posted by クロ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月30日

DVDマガジンが爆発的大ヒットしたら映画が作られるんだってばよっ の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「2号連続の【あぶない刑事】特集の前編“RUNNING SHOT編”
        《緊急掲載 日本には【あぶない刑事】がいる。》には
        主演の舘ひろしさんと柴田恭兵さんの対談が載っていますね」

無知「舘さんが年齢を感じさせない機敏な動きが出来る理由がw 」

雑誌部「普段やってるのは乗馬とゴルフくらい。あとは腹筋を一日一回。
          寝るとき半分、起きるとき半分だね≠チて(^皿^) 」

三畳間「舘さんの持ちネタ?w  」

無知「恭兵さんは僕はずっと草野球をやっていたので体作りは全然必要
         なかったかな。だから今回の全力疾走シーンもまったく問題
         なし≠ニ仰っているけど、これって武井壮さんがフジテレビの
         『何を隠そうそれが・・・!』で披露したエピソードに
         繋がるね」

三畳間「お互いの第一印象の話で舘さんのことを『あぶデカ』のお話を
        いただく前にプールバーで舘さんをお見かけしたけど、その
        頃から男の色気というかダンディなオーラを放ってました
        (笑)。外国人の女の子を連れてカッコよかった≠ニ
        恭兵さんが語っているけど、舘さんが外国人の女性を連れて
        遊びまくっていたってエピソードは、テレビ番組でおすぎと
        ピーコさんが時々暴露しちゃってたよね(^ヮ^) 」




無知「“あぶデカ伝説”が紹介されているけど同シリーズ、同キャストの
        刑事映画全7作は【ダイ・ハード】を抜き世界新°L録って
        映画の宣伝担当が会議でインパクトある記録を探せと言われて
        作った感じが出すぎじゃ?w  」

三畳間「世界新って言っても海外じゃ通用しない記録だけど、ソフト化された
        際にレンタル店のPOPに書きやすい記録ではある 」

雑誌部「“あぶデカ年表”も載っていますね」

無知「年表見て気付いたのは、夕方の再放送でハマった『あぶ刑事』だけど
       興味が薄れたキッカケが中条静夫さんが亡くなったことだったの
       かもなぁ(´-д-`)  」

三畳間「劇場版は映画館で観たことが無いけど、唯一【あぶない刑事フォー
         エバー THE MOVIE】は試写会で観たっけ」

無知「庵野秀明が謎の男役で出演した≠チて書かれているけど、記憶に
          残って無いなぁ(゚ε゚)   」

三畳間「大崎章監督の映画【キャッチボール屋】は印象に残っている」

無知「庵野監督、本業よりも役者として活躍していた時期あったっけ?w 」

雑誌部「岩井俊二監督の映画【式日】の主演だったり、松尾スズキ監督の
        【恋の門】【クワイエットルームにようこそ】や石井克人監督の
        【茶の味】、蜷川実花監督の【さくらん】などに出演されて
        いますが(^_^;)  」

三畳間「アニメーション監督でありながら俳優として出演した映画の本数が
           これだけ多いのはスゴいよねぇ(゜ロ゜)  」




無知「【さらばあぶない刑事】のアクションシーンも楽しみだね( ´▽`)  」

雑誌部「ハーレーを駆りショットガンをぶっ放つタカ、横浜を全力で走り
        抜けるユージなど、お約束のガチアクションをノースタントで
        熱演。新型日産GT-Rを使ったカーチェイスも激しく華麗に
        魅せる。終盤にはあのレパードも復活≠ニ期待を裏切らない
        シーンがあるんですね」

三畳間「石原プロのドラマの頃から日テレの刑事ドラマには日産が全面協力
        しているってイメージが強いけど最近は石原プロがスズキ自動
        車のCMに出演するなどしているから今回の新作には日産が
        絡まないのかと心配した人も居たかもしれないけれど
        何の問題も無かったか( °_° )  」

無知「日テレが作る刑事ドラマには日産は必須!?w  」

posted by クロ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月29日

日本では絶対に録れない音があるんだってばよっ の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[リズム]特集には、海外でレコーディングするミュージシャンが
      日本とは音が違うと言っていた理由の一つが判明しましたね」


三畳間「音が違うって、本当だったのか (゜ロ゜) 」


雑誌部「作曲家の岩崎さん曰くちょっと前まで劇伴はハンス・ジマー
       一色でした。彼の特色もドラムと単旋律。でもジマーみたいな
       ドラムの音を日本で録音しようとしても無理なんです。
       彼は700平方メートルくらいあるスタジオに、ドラマーを
       たくさん集めて録ってるから∞日本のレコーディング
       スタジオは最高でも140平方メートルくらいなので、超低音
       主義のジマーの音は絶対に録れない=v


無知「日本のスタジオに比べて広いのが
       理由の一つだったんだねぇ (・з・) 」


雑誌部「海外のスタジオはアビー・ロードの1スタで400平方メートル
       程度あるんです。日本映画でアビー・ロードの1スタを使って
       録音できたのは、【進撃の巨人 ATTACK ON TITAN】の鷺巣
       詩郎さんくらい。1スタは100人オケ規模のサイズですから=v


三畳間「色々残念な【進撃の巨人】だったけど、音楽に対しては相当な拘りが
          あったんだ( °_° ) 」


無知「アビーロードで録音したって事は製作費が潤沢だった証かな?」


三畳間「でも、第39回日本アカデミー賞優秀音楽賞には・・・」


雑誌部「【海難1890】の大島ミチルさん、【海街diary】の菅野よう子さん
       【バクマン。】のサカナクション、【日本のいちばん長い日】の
       富貴晴美さん、【ソロモンの偽証 前篇・事件】の安川午朗さん
       が、選ばれていますね」


無知「【進撃の巨人】は音楽面でも評価されず?」


雑誌部「 ・・・ 」

posted by クロ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月28日

安心してください、落下や水没が怖くなくなりますよ! の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《今月の絶対試したいデジモノ》で気になった製品はありますか?」


無知「カシオの[Outdoor Recorder EX-FR100]は魅力的だなぁ(´・∀・`)  」


雑誌部「堅牢防水で高画質、レンズとディスプレイを分離できるため、
         アタッチメントの装着で水中など苛酷な撮影にも対応。
         視野角の広い16mmレンズで、自撮りでも背景をしっかり
         描写≠キるなど色々な場面で使えそうですね(^ω^)  」


三畳間「予算少ないローカル局や自主映画作っている人には
           重宝される!? 」


無知「性能が良くて使い勝手がいいカメラが増えているのは嬉しいね」



三畳間「《今月の絶対試したいデジモノ》の見出しの四コマ漫画みたいな
           コピーも気になるな(´ε` )  」


雑誌部「「親が喧嘩中で空気悪い」ってぼやいたら、数時間後に空気
         清浄機がウチに。お祖母ちゃん(プライム会員)の計らい=v


無知「確かに新聞の四コマレベル!?w 」


雑誌部「一応、褒め言葉ですよね?w 」

posted by クロ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月27日

1988年生まれと1993年生まれが語る俳優論 の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[俳優論]では、松坂桃李さんと菅田将暉さんの仲のいい先輩後輩が
          語る俳優論が載っていますね」

無知「松坂さんが初めて観た映画は【ジュラシック・パーク】なんだ」

雑誌部「親父に連れていってもらったんだけど、姉貴が号泣して、親父が
         姉貴と一緒に外へ出ていって、結局観てたのは
         僕一人(笑)≠ニ、映画の内容よりお姉さんの号泣の方が
         記憶に残ってしまっているんですね( ^∀^)   」

三畳間「映画の内容より初日舞台挨拶を見るために並んだときのハプニングや
          映画賞の授賞式での報道されない過激発言の方が記憶に
          残っていることも多々あるけどさ(^皿^)  」



無知「松坂さんは何故かお正月になると【フォレスト・ガンプ】を
          観たくなるんだ( °_° )   」

三畳間「正月に【フォレスト・ガンプ】って・・・なんでだろ?w 」

雑誌部「何回も観すぎていて、もはや何が面白いのかわからない(笑)≠ニ
           言うくらい観たんですね」

無知「まぁ、ジブリ作品みたいに定期的に放送されるたびに見ちゃう映画も
          あるから(゚〜゚)  」



三畳間「『仮面ライダーW』で引きこもりの少年役を演じることになった
        菅田さんに、役作りの参考に【羊たちの沈黙】を勧めた人が
        居たんだ」

雑誌部「人間味がないっていう意味≠ナ、アンソニー・ホプキンスの
           レクター博士を参考にしろと」

無知「『仮面ライダーW』にレクター博士の芝居をしたら浮くんじゃ?w 」



三畳間「松坂さんが【大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇】で共演した
        樹木希林さんのエピソードは若手の俳優が安易にマネしたら
        ダメだよね(^_^;) 」

雑誌部「台本はこうだったけど変えてみたのよって聞いてたんですね。
        相変わらず自由な方だなと思いつつ(笑)、そんなことで
        成立するのかと半信半疑で観たら、まあ面白いんです。
        人を笑わせるためには頭が良くないといけないんだからねと
        おっしゃっていて、本当だなと=v

無知「脚本家が書いた台詞よりも面白い台詞が浮かんだとしても
           採用される現場と採用されない現場があるからねぇ」



三畳間「松坂さんが【麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜】に出演した時に
         土井監督からのメールで救われたエピソードはステキやん」

雑誌部「土井監督から緊張でガチガチだった松坂さんに考えるな、感じろ
           です。明日は元気な姿で来てください≠ニいうメールが
           届いたんですね」

無知「シンプルでありながら心に突き刺さるメール!? 」

三畳間「ブルース・リーのパロディCMで話題になった松坂さんだから
            土井監督も色々気遣った一言にした?w 」

posted by クロ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月26日

世界にはいろいろな人たちがいるってことを知ってほしい!? の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[LGBT]特集では、橋口亮輔監督が貴重なエピソードを
          披露していますね」

無知「橋口監督がゲイの日常を描いた映画が日本になかった1993年に
        【二十歳の微熱】を発表して、「ゲイを売り物にしてる」って
        結構批判された≠ニ仰っているけどゲイを題材にした
        【おこげ】は1992年に公開されたけどゲイの人達から批判
        多かった?」



三畳間「【ぐるりのこと】を作ろうとしていたときに
            プロデューサーから言われた一言が・・・」

雑誌部「こんな地味な夫婦の話なんてお金出ないよ。【ハッシュ2】なら
           出るけどね≠ニ言われたんですね(´・ω・`)  」

無知「パート2なら製作費が集まりやすいって安易な考え方の
         プロデューサーが多いのは事実だからなぁ(´゚ε゚`)  」



三畳間「橋口監督曰く日本でゲイをテーマにした映画はいまだ
        ほとんどないから、少しでもと思って最新作の【恋人
        たち】にはゲイのキャラクターを登場させたんだよね≠ニ」

無知「確かにバラエティ番組でオネェタレントブームになったのに
           映画は・・・無いか(゚〜゚) 」

雑誌部「ある程度の需要はあるとは思いますが・・・」



三畳間「ゲイ映画の意外なメリットは知らなかったなぁ(゜ロ゜) 」

雑誌部「ゲイ映画は、いわゆるジャンル映画として扱われる強みも
        あるんだ。【ぐるりのこと。】みたいな人間ドラマに
        分類されるアジア映画は、バイヤーも買い控えがちだけど、
        ゲイをモチーフにしているだけで配給が決まったり、映画祭に
        招待されることもあるのはたしか。しかもジャンル映画は
        絶対に廃れないからね=v

無知「ゲイで映画監督を目指している人の方が世界進出しやすい?」

三畳間「スマホで読めるBLマンガが人気あるんだからゲイ映画も
          ニコ動とかで流せば人気出たりするんだろうか?」

posted by クロ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月25日

全国の女子高生にハマれば20億円が保証されている!? の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[視覚効果]特集には、映画【バクマン。】のエンドロールが
         大絶賛されている中島さんと森さんと上田さんのインタ
         ビューが載っていますね」

無知「投げっぱなしジャーマンスープレックスな発注に対して
            想像を超える完成度で期待に応えるって
            カッコ良過ぎる( ´3`)  」

雑誌部「映画史上誰も観たことのないエンドロール≠チて
              ハードルの高い発注ですからねぇ」

三畳間「斬新すぎると大人達から圧力があった!? 」

雑誌部「確かにいろいろ言われながら、説得したり脅したりして(笑)=v

無知「脅したって、スゴいな(^皿^) 」





雑誌部「[ティーンズラブ]特集は興味深いですね( °_° )  」

無知「『映画秘宝』や『映画芸術』では出来ない特集だよ」

雑誌部「本来、興行収入20億円超える作品が連発するジャンルですから
           映画専門誌でキチンと特集して分析しなければならない
           はずなんですが・・・」

三畳間「この特集によって、宇野さんと九龍さんの肩身が業界で狭くならない
          かな?w  」

無知「三木孝浩監督を高く評価したことで?w  」

雑誌部「それは無いですよ(^_^;) 」

無知「原作知らないからか、三木監督の【ソラニン】は良かったよ」

雑誌部「【ソラニン】は原作知っていても楽しめますよ(`・ω・´)  」



三畳間「少女マンガ実写化映画を劇場で観るメリットの話がw  」

雑誌部「宇野さん曰く女子高生の匂いやささやき、反応も含めた
        4DXですね。あと、男は原作の少女漫画を読んでいないから
        気軽に楽しめるというのもありますね。原作ではあーだった、
        こーだったって引っ掛かることもないし、いっそ無責任に
        楽しみましょう!=v

三畳間「シネコンに男が一人で少女マンガの実写化作品を観に行くってのも
           結構ハードル高いでしょ(´゚c_,゚` )  」

無知「キンコメ高橋さんみたいに制服だと犯罪に走ってしまう可能性があるが
         劇場で女子高生の匂いや囁きを楽しむのは・・・セーフ?w 」

posted by クロ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月24日

日本のレジェンド技師の拘りがスゴすぎる の巻

『BRUTUS 2015年12月15日号』で雑談する会

雑誌部「[職人]特集では、木村大作さんの伝説的エピソードが
          語られていますね」

無知「撮りたい画を求めて一人で全国をロケハンで巡っちゃう≠チて
           行動力がスゴいよ(°Д°;)  」

三畳間「【剱岳点の記】も、最初は木村さんの剱岳の映画を作りたいという
       想いから始まってるんです。プロモーション用の映像を作成する
       ということで、明治時代の装束を集めてスタッフ5人でいきなり
       立山連峰に行って、山のことも何もわからぬまま、僕は浅野
       (忠信)さんの扮装で雪山を足袋で夕方まで歩かされ、凍傷
       寸前でした(笑)≠チて・・・」

無知「凍傷寸前って、全然笑えないエピソードだよ(^_^;) 」



雑誌部「映画館によって映写機の明るさの違いがあるからと木村大作さんは
      撮影が終わった作品に関しても、あそこの映画館だったら、どの
       番号のプリントを持っていけと指定していた≠チてスゴい
       拘りっぷりですね(゜ロ゜)  」

三畳間「昔の映写技師の拘りエピソードもスゴい」

雑誌部「東京中の映画館を回って、映写技師の人に正しい色を出すように
          言っていたんですよね。撮影技師の狙いと違う方向に映って
          しまわないように=v

無知「シネコンだと映写技師も必要無いから後世に語り継がれる伝説的
             エピソードも生まれないんだよねぇ(´゚ε゚`)  」

posted by クロ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月23日

牧野さんがキッカケで野球好きが増える!? の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「モーニング娘。'15の牧野真莉愛さんの《初恋エンタ》の
            インタビューは興味深いですね(´・∀・`)  」


無知「野球好きアピールがスゴいな(゚A゚;)  」


雑誌部「『プロ野球選手写真名鑑』を2007年から毎年
            購入されているんですね(゜ロ゜) 」


三畳間「『選手写真名鑑』の意外な使い方がw  」


雑誌部「毎年ボロボロになるまでじっくりと。小学1年の時は漢字を
        覚えるのに役立ちました。学校でノートに“森本”、“木元”
        と選手の名前をたくさん書いて練習していました。それに
        名前にちゃんと振り仮名があるので、小さい私でも
        読みやすくて=v


無知「勉強にも役立っていたとは(´ε` )  」


三畳間「球場で観戦するときにはボードを持ってアピールするって
           本当に野球好きなんだなぁ(^ω^) 」


無知「女性アイドルの“熱狂的な野球好き枠”が今は空いているから
        事務所が上手いことキャスティングで番組にねじ込めれば
        トーク番組に呼ばれまくる可能性もあるんじゃ?」


三畳間「『ナカイの窓』や『アメトーク』の野球特集や面白いエピソードを
           上手く話せるアイドルを求めているバラエティ番組で
           結果を残せばブレイクするかも(´ー`)  」


雑誌部「インタビューの最後に野望として野球解説もしてみたい。
         選手、監督はもちろんコーチまで覚えていますから≠ニ
         アピールされていますね」


無知「副音声のゲストとして呼ばれる可能性ありそう(^ヮ^) 」


三畳間「野球に詳しすぎるアイドルとしてネットで話題になる日も近い?」


無知「雑誌のインタビューからチャンスを掴もうとする積極的な姿勢は
           必ず良い結果に繋がるんじゃないのかなぁ」

posted by クロ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月22日

当たるも八卦、当たらぬも八卦でしょ!?   の巻

『BRUTUS 2015年12月15号』で雑談する会

雑誌部「[未公開映画]特集で他に気になった作品はありますか?」

無知「ソフィア・コッポラ監督の姪っ子が監督で、ジュリア・ロバーツの
        姪っ子が主演の映画は13年にアメリカで製作されました
        が、上映権料が高額で、1年後に安くなってから買った≠ェ
        結局は劇場での公開は見送ったんだ( °_° )  」

三畳間「20年前なら【バロアルト・ストーリー】みたいな映画は
         渋谷の劇場で上映されて口コミで大ヒットするような
         映画のはずなんだけど・・・」

無知「今はレンタルでも話題にならず( ノД`)  」



三畳間「ヤン・スヴェーラク監督のパペット映画【クーキー】の裏話も
          興味深い」

雑誌部「子供向け作品として上映されることを嫌がった監督から
           買い付けを拒否されたんですね (゜ロ゜)  」

無知「監督が売らないって、スゴいな (;゚Д゚)  」

三畳間「映画を自分の国以外で上映されるときに
           勝手に子供向けにされることは珍しくは無いけど」

無知「日本は特に宣伝が悪質なことがあるからなぁ(´゚ε゚`) 」

雑誌部「【ベイマックス】みたいに成功する場合もありますけどね(^_^;) 」



無知「対談の最後に映画を買うことをオススメしているのは・・・」

雑誌部「映画って、例えば、200万円で買えたとすると、うまくいけば
        粗利で500万円にはなる。投資としても効率いいんですよ
        ね≠ニ仰っていますが・・・」

三畳間「『映画秘宝』で叶井さんの連載を読んでいた読者は
            騙されないよね(^皿^)  」

無知「『TITLe』の李プロデューサーの連載や仙頭プロデューサーの悲劇を
           知っていると甘い話だと一瞬思っても絶対に手を出さない
           でしょ?」

雑誌部「宣伝はネットのお陰でお金をかけずに出来たりもしますが、洋画は
          吹き替え版しか観ない派が増えましたから字幕版だけでは
          お客さんが入らない可能性がありますからねぇ・・・」

三畳間「映画館が潰れまくり、パッケージメディアが衰退しまくっている今
          映画に投資するって、余裕のあるお金持ちだけだろ(・з・) 」

無知「映画作ったら、全国の公民館で地道に上映して利益を出すパターンも
          あるにはあるけどさ(´゚c_,゚` )   」

三畳間「映画を作る場合、税金対策か、損しても怒らないパトロンでも
           居ないかぎり手を出しちゃ駄目!?」

posted by クロ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月21日

アナタの好きなバイシクルムービーは何ですか? の巻

『BRUTUS 2015年12月15号』で雑談する会

雑誌部「[未公開映画]特集に、ニューヨークのメッセンジャー映画
         【プレミアム・ラッシュ】なんて作品も紹介されていますね」


無知「今、自転車映画を集めた映画祭やったら話題に
     ならないかなぁ(´・∀・`) 」


雑誌部「世界的には[Bicycle Film Festival]というのがありますね」


三畳間「へぇ(゜ロ゜) 」


無知「日本に自転車の映画祭ってあったっけ?」


雑誌部「2014年に栃木県で開催されたことがありますね」


三畳間「じゃ、日本初は名乗れないか・・・でも、自転車映画祭やるなら
          上映して欲しい映画沢山あるけどな( ´▽`)  」


無知「自転車映画といえば、ナイナイ矢部さん主演の【メッセンジャー】を
          真っ先に思い出すなぁ(^ω^) 」


三畳間「最近の作品で自転車が印象的なのは、女子高生が自転車で田舎から
            東京へ向かう【私たちのハァハァ】」


無知「伊藤淳史さんの子役時代の主演映画【鉄塔武蔵野線】は
        子供達に観て欲しい、映画祭向けの作品でしょ(´・∀・`)  」


雑誌部「タイトルに自転車が入っている、深川栄洋監督の【自転車と
           ハイヒール】や園子温監督の【自転車吐息】とかも」


無知「堀江慶監督の【グローウィン グローウィン】も主人公が自転車
         使ってたっけ」


三畳間「自転車盗難で色々あった杉本哲太さんが主演の【日本の
       自転車泥棒】は、映画祭で上映するの色々な意味で難しい?w 」


雑誌部「曽田正人先生原作の自転車ロードレース漫画を実写化した【シャカ
          リキ!】や若松孝二監督が実際に起きた事件を映画化した
          【17歳の風景】などもあります」


三畳間「アニメなら大泉洋さんが声優を務めた【茄子 アンダルシアの夏】」


無知「ジブリ作品にも自転車が使われた名シーンが多いよ(´∀`) 」


雑誌部「今なら若い女性から人気の【劇場版 弱虫ペダル】でしょうか?」


無知「自転車って括りでも充実した映画祭が開催出来る!?」


雑誌部「職業的に自転車に乗っていることが多い郵便配達員や新聞配達員が
           登場する映画も多いですし(´ー`)  」


三畳間「SABU監督の【ポストマン・ブルース】の自転車疾走シーンは
          印象に残っている人多いだろうね」


無知「印象に残っている人が少ない方の郵便配達員映画といえば
         長嶋一茂さん初主演の【ポストマン】でしょ?w 」


雑誌部「学生が登場する映画には結構な確率で自転車のシーンがありますし」


三畳間「高校生カップルが二人乗りするのは鉄板だもんな(´ε` )  」


無知「テレビ番組だけど映画祭で観て欲しいのは『堀北真希の欧州3カ国
          自転車200キロの旅』なんだけど・・・ 」


雑誌部「確かに掘北さんファン以外にはあまり知られていないのが
          勿体無い番組ですけどね(´・ω・`)  」


三畳間「映画祭を盛り上げる為に自転車が印象に残る映画に賞を贈ったり
          自転車使った短編映像を募集したり、ゆずの『夏色』を
          映画祭の公式テーマソングにするとかさw  」


無知「日本映画で印象に残った自転車シーンならダントツで北野武監督の
          【キッズリターン】になるんじゃないのかなぁ?」


三畳間「平野勝之監督の【白 THE WHITE】も負けてないとは思う(^皿^)  」


無知「でも、日本の映画会社は上映料が高いから
           何本も上映出来ないのがネックでしょ(´゚ε゚`) 」


三畳間「いわきなら競輪にスポンサーを頼めば潤沢な開催費が確保出来て
          大規模な映画祭が実現出来そうだけど(゚〜゚)  」


無知「なら、火野正平さんとか、実家が自転車屋の木梨憲武さんとかにも
          オファー出来ちゃう!?w 」


雑誌部「映画だけじゃなく、自転車好きの芸能人のトークショーや
         BMXで曲芸が出来る人に神業を披露してもらうイベントを
         やったりしても面白そうですね」


三畳間「一般人が電動自転車で競輪選手がママチャリに乗って対決するとか
           『スマスマ』でも紹介された木製自転車の試乗会をやったり
           したら家族でも楽しめるんじゃないのかな( ゚∀゚ )   」


無知「誰か、人脈広くて行動力がある人が実現に向けて動いてくれたり
            しないかなぁ(´゚ε゚`)  」


三畳間「映画祭が無理なら誰か自転車映画特集のムック本
             作ってくれたりしないかねぇ(´・_・`)  」

posted by クロ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月20日

単行本派に知っていて欲しい事 の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《2015年 全国3000店の書店員と選んだ 今一番面白い漫画は
       コレです!コレ読んで漫画RANKING BEST50》で気になった
       漫画はありましたか?」

無知「3位に選ばれた『恋は雨上がりのように』は実写映画化される場合
         監督には吉田恵輔監督を起用して欲しいなぁ(´・∀・`)   」

三畳間「勝又悠監督でも面白くなりそうでしょ(´ε` )  」

無知「この漫画が10年前だったら行定監督とか古厩監督あたりに
            撮ってほしかったんだけど(゚〜゚)  」


雑誌部「他に気になった漫画は?」

無知「6位に選ばれた『ゴールデンカムイ』の野田サトル先生のインタ
        ビューの最後に漫画家の鑑みたいな読者へのメッセージが」

雑誌部「YJ本誌に掲載されるカラーページや評判いい煽り文などは
       単行本に入らないので、ぜひ雑誌でも読んでいただきたいです。
       理想は、出し惜しみせず太く短く描ききる事=v

三畳間「雑誌を読まずに単行本だけ購入する読者が多くなっているからこそ
       漫画家本人が掲載されている雑誌にも注目させようとする発言は
       読者だけじゃなく編集者にも響くでしょ( ノД`) 」

無知「単行本に収録される時に修正されたり、縮小されたりする場合が
       あるから本当に好きなら掲載されている雑誌を購入するべき
       なんだけどね(゚ε゚)  」


雑誌部「その他に気になった漫画は?」

三畳間「実写化されそうな漫画は9位の『町田くんの世界』や
            10位の『波よ聞いてくれ』とかかなぁ」

雑誌部「その2作品は既に実写化の権利の争奪戦が起きていそうですけどね」

無知「11位に選ばれた『ヲタクに恋は難しい』も『SICKS 〜みんなが
          みんな、何かの病気〜』が話題になっている今こそ
          実写化したら面白くなりそうだけどなぁ(´▽`)  」

posted by クロ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月19日

2016年の映画界はシネコン側にとっては嬉しい悲鳴? の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《[総力特集]エンタメトレンド全ジャンル一斉予想 本命・大穴
          教えます!2016年はコレにハマる!200本》で
          紹介されている洋画の中に気になったのありますか?」


三畳間「2016年の洋画は興収100億円を超えを期待出来る作品があるね」


無知「ファミリー向けでディズニー絡みの作品の中から100億円
       超えそうなのが上手くいけば3作品!?」


雑誌部「確かに強力なラインアップですから
           今年は洋画の勢いが強そうですね (´・∀・`)  」


三畳間「家族が安心して観られるシネコン向け作品が多いから
        50億円を超えても興収年間ベスト10に入らない可能性も
        ありえる!? 」


雑誌部「2016年は洋画の当たり年に!? 」


無知「洋画には宣伝に絡む芸能人を予想しやすい映画が多い?w 」


三畳間「アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画【マギー】には
        当然、マギーさんが試写会やCMに出てくるでしょw  」


無知「14年ぶりに続篇が作られた【アタック・ナンバーハーフ・デラッ
         クス】の宣伝には、オネエタレントの皆さんが絶対に
         起用されるし(^ヮ^)  」


三畳間「【ゴーストバスターズ3】には、ハリセンボンが
       起用されるはず(^皿^)  」






雑誌部「[デジモノ&ホビー]で紹介されている中で
             気になった家電製品ありますか?」


無知「電動一輪車“Ninebot”のコンパクトモデル≠フ“Ninebot mini
            Pro”はバラエティ番組で使ったら人気出そうだね」


三畳間「世界初の電動一輪バイクの“ONEWHEEL i-1”もバラエティ番組で
            芸能人が使えば爆発的ヒットしそう(@゜▽゜@)  」

posted by クロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月18日

日本映画が家族向けと若い女性向けしか当たらないって、思い込みだろ!? の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《[総力特集]エンタメトレンド全ジャンル一斉予想 本命・大穴
           教えます!2016年はコレにハマる!200本》で
           気になったジャンルありますか?」


無知「日本映画は2016年も東宝の一人勝ちっぷりが
            揺るがないだろうなぁ (゚〜゚) 」


三畳間「今年はヒットの目安でもある興収20億円超えの実写映画が
           去年よりは増えそうな気がする(・з・)  」


無知「日本映画で社会現象といえる100億円超えの実写映画は
           今年もなさそう(´・_・`)   」


三畳間「大コケしそうな作品と《掘り出しエンタ》にノミネートされる作品と
         映画評論家ウケする映画は全て予想が的中しそうなくらい
         ある意味で2016年は興行的な当たりハズレが分かり易い
         作品が多いでしょ」


雑誌部「絶対に大コケしそうな作品のタイトルを言わないでください!」


三畳間「まぁ、大コケするのは誰もがわかるってるでしょ(^皿^)  」


無知「PG-12に拘らずR-15指定で公開する【ヒメアノ〜ル】【アイアムア
             ヒーロー】はヒットして欲しいよ(゚ε゚) 」


三畳間「表現をヌルくしてまでPG-12に拘ってコケる映画が多い日本映画界に
         R-15で過激な描写に拘った映画の方が当たるって事を証明して
         くれれば日本映画界が良い方向へ動くと思うし」


無知「シネコンで上映するからって無理して家族向けに作る必要性が
           無いことに気付いてもらえるチャンスだ(´・∀・`)   」


三畳間「【ヒメアノ〜ル】と【アイアムアヒーロー】が、日本映画界の
        方向性を左右する重要な映画になる!?」

posted by クロ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月17日

攻める東日本を自主規制しまくる他局はどう思っているんだろうか・・・ の巻

年末年始に地上波で放送された日本映画で雑談する会 番外篇


三畳間「期待することを諦めていた地上波だったけど
          東日本放送は攻めてくれてたんだ(@゜▽゜@)  」


テレビ部「東日本放送の金曜深夜に放送されている[ナイトシアター]枠で
          篠原哲雄監督の映画【欲望】が放送されましたね」


無知「放送時期が年末年始じゃないのは残念だけど
          正月疲れが残った男子へのお年玉かな?w 」


三畳間「【欲望】は板谷由夏さんが脱いだ映画として有名だけど
        地上波での放送はNGだと思っていたから・・・宮城県民が
        羨ましすぎる(*´Д`) 」


無知「[ナイトシアター]枠みたいなのが福島放送の金曜深夜にも
           あったんだけどさ(´・ω・`) 」


テレビ部「テレビ東京だと[シネラ・バン・バ]枠」


無知「地上波で日本映画を定期的に放送する枠を
             復活させて欲しいんだが・・・」


三畳間「日本映画を放送することに拘った編成担当が現れてくれないかなぁ」

posted by クロ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月16日

大人の事情の真相は・・・ の巻

『BRUTUS 2015年12月15号』で雑談する会

雑誌部「[未公開映画]特集には資料的価値がある話も紹介されていますね」


無知「三木聡監督のデビュー作品がお蔵入りしていた真相を知ることが
          ついに出来た!!」


三畳間「お蔵入りしていた理由、猫を七輪で焼いて食べちゃう描写が
         問題あったのかと思っていたのにさ(^皿^)  」


雑誌部「音声編集作業中に当時のプロデューサーが詐欺で捕まって
         収監され、お蔵入りになった。4年後に三木監督の
         【イン・ザ・プール】が興行的に成功して注目され、
         三木さんの初監督作品として蔵出しに成功=v


無知「プロデューサーの逮捕が原因だったとは知らなかったよ(゚A゚;) 」


雑誌部「大泉洋さんが表紙の『ピクトアップ #41』の【ダメジン】特集に
          製作秘話が載っていましたけど・・・」


三畳間「【ダメジン】の元のタイトルが【ほぼ乞食】≠セったとか、最初に
       撮影したのが8ミリ使って川崎でムートンの敷物で作った猫を
       焼くシーンだったとか裏話が満載で (´ε` )  」


雑誌部「でも、お蔵入りしていた理由は“諸事情”という曖昧な表現で
           語られているだけでしたね」


無知「捕まったのが監督や出演者じゃなくてプロデューサーだったから
          何とか公開することが出来た!?」


雑誌部「結果的に岡田真澄さんの遺作にもなりましたし(´・ω・`)  」


三畳間「内容的に地上波での放送はNGなのかと思っていたら2008年3月に
            テレビ東京の[シネ・ラ・バンバ]枠で放送されたのが
            不思議だw  」


無知「三木監督作品を含め日本映画を放送してくれる貴重な枠だったのに
          なぁ( ノД`)  」

posted by クロ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月15日

脳が破壊されるまで絶対に歩みを止めないんだってばよっ の巻

『BRUTUS 2015年12月15号』で雑談する会

無知「恒例の映画特集だね(´・∀・`)   」

雑誌部「《今日も映画好き。 39人と話して見つけた、映画がもっと
           好きになるキーワード》」

三畳間「[ゾンビ映画]特集の谷口准教授と伊藤店長が語るゾンビ話が
    面白い!」

無知「ゾンビの弱点が塩だったって知らなかった(@゜▽゜@) 」

雑誌部「伊藤店長曰くもともとハイチのゾンビは塩が弱点なんですよ。
        塩は神聖なものなので、ゾンビは塩を食べると“自分が
        死体である”ということを思い出して、自分から墓の中に
        入っていくんです=v

三畳間「気付いちゃったら墓に自分で戻るって(´ε` )  」

無知「日本でも葬式に参列した後に清めの塩を使ったりするけど
          ゾンビにも有効だったのかw  」


三畳間「ホラー映画差別がフランスでも存在するエピソードも
           紹介されているね(゚ε゚)  」

雑誌部「フランスではホラーが非常に低く見られていて、女優はホラーに
           出ただけでポルノ映画に出たかのような言われ方を
           されるんですよ=v

無知「日本じゃ、アイドルが出演しやすいジャンルという意味でも
          低く見られているし(^_^;)  」

三畳間「日本でタレントランクが下がったと思われるのは、パチンコ屋の
          営業やってしまうのと通販の広告に出ちゃうこと!?」




無知「ゾンビ映画特集のイラストを古泉先生に依頼した人は優秀だなぁw」

三畳間「四コマもあるし(^ヮ^) 」

雑誌部「古泉智浩先生は映画化もされた『ライフ・イズ・デッド』や『青春と
           憂鬱とゾンビ』が出たばかりですから」

無知「でも、雑誌のゾンビ特集って『東京ゾンビ』の花くま先生とかに
            イラスト発注するパターンが多い気がするなぁw  」

posted by クロ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月14日

アクションレジェンドの再会劇秘話が気になるよっ の巻

『映画秘宝 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「谷垣健治さんの連載《アクション・バカ街道》にジョン・ウー監督と
         大友啓史監督の秘話とジョン・ウー監督と倉田保昭さんの
   46年ぶりの偶然の再会の裏話が紹介されていますね」


無知「大友監督がNHKの社員の時代にアメリカ留学をしていたときに
           ジョン・ウー監督に会社の名刺を渡そうとしたときの
           エピソードが!」


雑誌部「ここでは脚本が君の名刺だから。脚本を書きなさい≠ニ
           ジョン・ウー監督に言われたんですね」


無知「このときの出来事をジョン・ウー監督が覚えていたってのは
           信じて良いのかな?w 」


三畳間「印象に残るようなことを大友監督が言っていたとか?」


無知「ジョン・ウー監督と大友監督の17年ぶりの再会の場が東京国際映画祭で
           受賞者とプレゼンターってのも出来過ぎた話だよね」


雑誌部「さらに出来過ぎた話が、SAMURAI賞を受賞した日の夜にあったと」


無知「ジョン・ウー監督と倉田さんが長いこと会っていないから会いたいと
         二人とも仰っていたことを谷垣さんが聞いた2カ月後に
         西麻布の食事会で二人が偶然再会しちゃったんだから
         映画の神様は居るよね?w  」


三畳間「倉田さんの語学力のスゴさの話も!」


雑誌部「ジョン・ウー監督とは広東語、ジョン・ウー夫人とは北京語≠ナ
           会話されてたんですね」

無知「Eテレの『中国語講座』に倉田さんが
           先生役で出演したりしないのかなぁ?w  」

posted by クロ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月13日

チャンピオンはイカを求めていた!? の巻

『映画秘宝 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「今回の《大西祥平のニュー漫画大学秘宝分校》は『少女聖典
          ベスケ・デス・ケベス』ルノアール兄弟さんですね」


無知「『少年ジャンプ』に掲載された短編の話が(´ε` )  」


雑誌部「あれはアンケートで最下位だったんですが(苦笑)=v


三畳間「最下位! 逆に気になるな(^皿^)   」


雑誌部「[超頭脳王子 ユニ平さまZ]というタイトルの短編だそうですよ」


無知「『少年ジャンプ』読者から総スカンのマンガかw
          気になるね( ^∀^)  」




雑誌部「『少年チャンピオン』の編集からの依頼が独特すぎませんか?w」


三畳間「イカ臭いのをお願いします≠チてwww 」


無知「僕らはイカ料理だけでやってきたので、ここは最新のイカ料理を
          お出ししようと<Cカ職人魂に火がついた!?w 」


三畳間「イカ職人って聞くと
      すぐに『イッテQ』の三村さんを思いだす( ´3`)  」


無知「三村さんがイカ職人として『イッテQ』に出演
             出来なくなったのが残念だよ(^_^;)  」



雑誌部「性欲具現化ギャグ<}ンガの『少女聖典ベスケ・デス・ケベス』は
            実写化かアニメ化されることは無いんでしょうかね?w 」

三畳間「実写もアニメもテレビ東京の深夜枠で実現しちゃうかな?w  」

posted by クロ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年01月12日

破滅的な雰囲気を漂わせた女性が好きな監督 の巻

『映画秘宝 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「《秋の映画祭大収穫スペシャル延長戦!》には、塩田明彦監督の
           インタビューが載っていますね」


無知「映画【約束】誕生秘話が興味深い( °_° )  」


雑誌部「プロデューサーから「3週間以内に15分の短編を作れないか?」
        という電話がって。「内容は自由だし、誰を使ってもいい」と
        言われたので、やると返事をして、その直後に喫茶店で
        7〜8本の企画を考えたんですよ。翌日に2本に絞って、その
        うちの1本が【約束】だったんです=v


三畳間「15分の短編とはいえ準備期間3週間以内って・・・でも内容が
         自由でも良いのは魅力的だから、よっぽど忙しくなければ
         断らないか(・з・)   」


無知「【どろろ】以降、オリジナル企画が作れずに苦しんでいた時期
        だったのも断らなかった理由の一つかもね」


三畳間「雇われ監督で撮った【どろろ】によって順調に積み上げてきた
         評価を下げちゃったことによりオリジナル企画が実現しにくく
         なったのかな?」


雑誌部「いや、そもそも最近の日本映画界でオリジナル企画を実現させる方が
           難しいですから・・・」


無知「難しいけど実現出来る監督が居るんだから塩田監督のオリジナル企画が
           予算の問題や女性ウケの悪い話だったのかも」


三畳間「【どこまでもいこう】【月光の囁き】【ギプス】の頃が
            才能のピークだとは思いたくないんだよなぁ・・・」


雑誌部「つい最近まで新作を撮っていた≠ニいうことで、新作が
            公開されるのを楽しみに待ちましょう(´・∀・`)   」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記