2016年01月06日

【仮面ノリダー THE MOVIE】だったりしないかな? の巻

大晦日の新聞記事で雑談する会

無知「2015年の大晦日に福島民報の芸能コーナーに掲載された
         『木梨目線!憲sunのHAWAII10』の宣伝を兼ねた
         とんねるずの木梨憲武さんのインタビューには
         驚くべき発言が(゚A゚;)   」

三畳間「映画製作に対して自分の中としては(イメージが)できちゃってるん
             で。あとはこういう話が記事に載って、動いてくれる人を
             待っている形です≠チて (;゚Д゚)   」

無知「『3番テーブルの客』で演出を経験しているけどさ・・・」

三畳間「すでに脚本を書いているって事かな?」

無知「撮りたかった原作があるとか?」

雑誌部「『みなさんのおかげ』のコントキャラクター総出演のコメディとかは
             ある程度のヒットが見込めそうな気もしますが・・・」

三畳間「三谷さんに脚本書いてもらう可能性も?w 」

雑誌部「監督兼主演ってことなら話題性もあって
             製作費が集まりやすいんでしょうけど・・・」

無知「爆笑問題の太田さんでさえ、映画監督やるやる詐欺して
              10年以上になるからなぁ(´゚ε゚`) 」

三畳間「ダウンタウンの松本さんが映画監督やったことで激しいバッシングを
        されているのを知ってての挑戦になるんだから、憲武さんへの
        期待のハードルは高いでしょ(゚〜゚)  」

無知「ウンナンの内村さんが地味に映画を撮り続けているけど
         映画評論家からも一般層からも黙殺されているくらい
         映画はヒットさせるのが難しい(´・_・`)  」

三畳間「北野武監督みたいに世界で評価されるパターンと
        松本人志監督みたいに映画評論家からも観客からも
        フルボッコにされるパターンと内村光良監督や板尾創路
        監督みたいにマスコミに小さく取り上げられるパターンと」

無知「どのパターンに当てはまるんだろう( °_° )  」

雑誌部「周りが監督のイエスマンばかりになると危険ですよね」

三畳間「憲武さんなら大御所から若手俳優など人脈を使って
        キャスティングするればオールスター映画も作れそうだけど」

無知「いや、そうなると関根勤さんが撮った【騒音】の
             二の舞になる可能性が( ノД`) 」

三畳間「難しいなぁ・・・」

無知「映画監督に挑戦するのは止めないけれど
           リスクは高いということを知っておくべきだよねぇ」

雑誌部「余談ですが、蛭子能収先生が『文芸春秋 2016年1月号』の《この人の
            月間日記》の中で映画監督への夢を語っていましたね」

無知「蛭子先生、脚本を書いてるってことは本当に撮りたいんだね」

三畳間「諌山実生さんのプロモーション扱いの映像作品で蛭子先生、監督は
           経験しているけれど長編作品はまだ無いんだっけ」

雑誌部「『サイゾー 2014年3月号』の江口のりこさんのインタビューを読むと
           蛭子能収先生が監督することに弱冠の不安がw 」

無知「本来、テレビ東京が『ローカル路線バスの旅』のDVD大ヒットの
       お礼として、蛭子先生に映画を1本撮らせるべきじゃないの?」

雑誌部「今年は『ローカル路線バスの旅』が映画化もされますし、さらに
       同じ頃に公開される福田雄一監督が脚本を書かれた蛭子能収
       先生が主演の映画【任侠野郎】もありますし、個展[新春
       えびすリアリズム]が開催され、蛭子能収先生ブームの
       ピークなのかもしれませんね」

無知「テレビ東京の『蛭子の図解の教典』では、MCに初挑戦したりと
         2016年がピークなのは間違いなさそう!?」

三畳間「ブームの波に乗り遅れない間に映画が実現すれば良いんだけど」

posted by クロ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記