2016年01月07日

このままでは記憶に残らない映画祭になってしまう!? の巻

『映画秘宝 2016年1月号』で雑談する会

雑誌部「モルモット吉田さんの《京都国際映画祭2015》レポートによれば
       4時間35分に再編集した映画版【山田孝之の東京都北区赤羽】が
       劇場で上映されたんですね(´・∀・`) 」

無知「映画版を作ったって事は海外の映画祭にも出品する可能性も!?」

三畳間「映画版はソフト化しないのかなぁ?」



雑誌部「予告編が上映された森達也監督の【Fake(仮)】は
            気になりますね( °_° )  」

無知「佐村河内さんがすでに忘れられ始めている存在になっちゃっているけど
            公開されるときには宣伝に協力する形でメディアに
            登場しまくるのかな?」

三畳間「吉田さん曰く噂では【人間蒸発】に匹敵する世間がひっくり返る
        ような作品になっているという≠だから、期待のハードルは
        高くしていても大丈夫かもね」




雑誌部「中島貞夫監督が17年ぶりに新作映画を撮ったんですね」

無知「【時代劇は死なず ちゃんばら美学考】か」

三畳間「これが遺作にならないよう早く次回作で
             本格時代劇を撮って欲しい(@゜▽゜@)  」




雑誌部「レポートの最後の方でモルモット吉田さんが京都国際映画祭の
          キャッチコピーを紹介していますね」

三畳間「“京都は、変や乱が好き”って・・・」

雑誌部「これは酷すぎますね(^_^;)  」

無知「誰が考えたんだ? 誰も文句を言わなかったのか?」

三畳間「キャッチコピーが酷すぎた東京国際映画祭と同じ広告屋が
         京都国際映画祭も担当したわけじゃないよね?」

無知「映画祭には吉本の人間が絡んでいるんだから
          これよりは面白く出来たはずだけどなぁ(´-д-`) 」

三畳間「ただでさえ映画祭の宣伝が行き届いていないから
          メディアで紹介されないっていうのに (・з・) 」

無知「初日のオープニングがチラッと紹介された程度だもん」

三畳間「何をしたいのか見えてこないのが致命的だとは思うけど」

無知「客寄せパンダの芸能人を呼ぶだけの映画祭するのか
       京都らしく時代劇を中心とした映画祭するのか
       何かしらに絞らないと沖縄映画祭みたいなユルい映画上映
       会レベルになりかねないけどなぁ(´゚c_,゚` ) 」

posted by クロ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記