2016年01月18日

日本映画が家族向けと若い女性向けしか当たらないって、思い込みだろ!? の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《[総力特集]エンタメトレンド全ジャンル一斉予想 本命・大穴
           教えます!2016年はコレにハマる!200本》で
           気になったジャンルありますか?」


無知「日本映画は2016年も東宝の一人勝ちっぷりが
            揺るがないだろうなぁ (゚〜゚) 」


三畳間「今年はヒットの目安でもある興収20億円超えの実写映画が
           去年よりは増えそうな気がする(・з・)  」


無知「日本映画で社会現象といえる100億円超えの実写映画は
           今年もなさそう(´・_・`)   」


三畳間「大コケしそうな作品と《掘り出しエンタ》にノミネートされる作品と
         映画評論家ウケする映画は全て予想が的中しそうなくらい
         ある意味で2016年は興行的な当たりハズレが分かり易い
         作品が多いでしょ」


雑誌部「絶対に大コケしそうな作品のタイトルを言わないでください!」


三畳間「まぁ、大コケするのは誰もがわかるってるでしょ(^皿^)  」


無知「PG-12に拘らずR-15指定で公開する【ヒメアノ〜ル】【アイアムア
             ヒーロー】はヒットして欲しいよ(゚ε゚) 」


三畳間「表現をヌルくしてまでPG-12に拘ってコケる映画が多い日本映画界に
         R-15で過激な描写に拘った映画の方が当たるって事を証明して
         くれれば日本映画界が良い方向へ動くと思うし」


無知「シネコンで上映するからって無理して家族向けに作る必要性が
           無いことに気付いてもらえるチャンスだ(´・∀・`)   」


三畳間「【ヒメアノ〜ル】と【アイアムアヒーロー】が、日本映画界の
        方向性を左右する重要な映画になる!?」

posted by クロ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記