2016年01月19日

2016年の映画界はシネコン側にとっては嬉しい悲鳴? の巻

『エンタミクス 2016年2月号』で雑談する会

雑誌部「《[総力特集]エンタメトレンド全ジャンル一斉予想 本命・大穴
          教えます!2016年はコレにハマる!200本》で
          紹介されている洋画の中に気になったのありますか?」


三畳間「2016年の洋画は興収100億円を超えを期待出来る作品があるね」


無知「ファミリー向けでディズニー絡みの作品の中から100億円
       超えそうなのが上手くいけば3作品!?」


雑誌部「確かに強力なラインアップですから
           今年は洋画の勢いが強そうですね (´・∀・`)  」


三畳間「家族が安心して観られるシネコン向け作品が多いから
        50億円を超えても興収年間ベスト10に入らない可能性も
        ありえる!? 」


雑誌部「2016年は洋画の当たり年に!? 」


無知「洋画には宣伝に絡む芸能人を予想しやすい映画が多い?w 」


三畳間「アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画【マギー】には
        当然、マギーさんが試写会やCMに出てくるでしょw  」


無知「14年ぶりに続篇が作られた【アタック・ナンバーハーフ・デラッ
         クス】の宣伝には、オネエタレントの皆さんが絶対に
         起用されるし(^ヮ^)  」


三畳間「【ゴーストバスターズ3】には、ハリセンボンが
       起用されるはず(^皿^)  」






雑誌部「[デジモノ&ホビー]で紹介されている中で
             気になった家電製品ありますか?」


無知「電動一輪車“Ninebot”のコンパクトモデル≠フ“Ninebot mini
            Pro”はバラエティ番組で使ったら人気出そうだね」


三畳間「世界初の電動一輪バイクの“ONEWHEEL i-1”もバラエティ番組で
            芸能人が使えば爆発的ヒットしそう(@゜▽゜@)  」

posted by クロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記