2016年03月31日

マンガの主人公を演じるイメージしかない俳優になっちゃった!? の巻

『エンタミクス 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「【僕だけがいない街】特集には藤原竜也さん、有村架純さん、平川
        雄一朗監督のインタビューが載っていますね」

三畳間「オファーを受けたときの話が面白い( ^ω^)  」

雑誌部「事務所の人と食事をしていた時に「映画の話があるんだけど」と
       言われまして。もしかして漫画原作じゃないよね?って
       返したら「はい、漫画原作です」って。でも流石に人を
       殺したり、操ったり、特殊設定はないよね?と聞いたら
       「若干、あります」と。また、そっち系か(笑)って
       思いました≠ニ言いながら、原作をしっかり読んで
       オファーを快諾されたんですね」

無知「これ、トーク番組で間違いなく使えるでしょ?w 」



三畳間「悟役の中川君は出演作を全部見るって子役の鑑だな(゚A゚;) 」

雑誌部「中川翼君がビーサンを履いているのが気になったので
       どうしたのって聞いたら「藤原さんがいつもの短パンに
       サンダルで現場に入ってくるから真似してみたんです」
       と(笑)。「藤原さんが出演している映画も全部観ました」
       って言ってくれて、ありがたいと思う気持ちと同時に、
       しっかりプロの役者なんだなと感じました。「悪いところは
       真似しちゃダメだぞ」って言ってあげましたけど(笑)=v

無知「映画監督にインタビューするプロのライターが過去の作品を知らずに
       インタビューすることが少なくないし昨今、子役が出演作を
       全てチェックするなんて・・・感心を超えて怖くなったw 」



三畳間「有村架純さんの《もし再上映できるとしたら?》という
       映画に絡んだ質問の答えが・・・大丈夫かな?w 」

雑誌部「私、3年くらい前にお化けを見たんですよ。ある夜突然寒気が
       襲ってきて、小さい男の子みたいな白い輪郭が現れたんです。
       結局正体はわからなかったんですけど、あれは
       本物だったんじゃないかって。だからもし再上映するなら
       その瞬間かな(笑)=v

無知「売れないアイドルが言いそうなエピソードかっ(´ε` ) 」

三畳間「寝る前に【呪怨】を観たとかじゃないの?」

無知「俊雄が部屋に現れちゃった?w 」

posted by クロ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

一概にはニャンとも言えない の巻

『エンタミクス 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「《にゃんこ漫画名作図鑑 キュンキュンシーン30連発》で
        気になったマンガありましたか?」


無知「ほとんど知らないマンガだった(^_^;) 」


三畳間「『オヨネコぶーにゃん』『じゃりン子チエ』が無いし・・・」


無知「『ドラえもん』は猫型ロボットだから《にゃんこ漫画》からは
       除外された?w 」


三畳間「アニメなら『うちのタマしりませんか?』と『いなかっぺ大将』
       とかが、真っ先に思い浮かぶかなぁ(・з・) 」


無知「『キャッ党忍伝てやんでえ』面白かったけど、猫アニメとして
         カウントするのは違うかな?w 」


三畳間「アニメ作品の猫キャラで一番知名度あるのは
           『サザエさん』の“タマ”で間違いない?w 」


無知「全くブレイクする気配さえない“オニャハマさま”の知名度を
          上げる方法ないもんかねぇ ( ノД`)  」

posted by クロ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月30日

1981年生まれの監督が1989年公開の大ヒット作をリメイクして大成功!? の巻

『エンタミクス 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「【映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生】特集には
        八鍬新之介監督のインタビューが載っていますね」


無知「八鍬監督のインタビューは『キネマ旬報』や『映画秘宝』では
       【ドラえもん】の監督は相手にされていないからか
        読めないので非常に有難い(^ω^) 」


三畳間「八鍬監督の正直すぎる一言が(´ε` )  」


雑誌部「今回新たに制作するにあたり、改めて観直しましたが、作画も
       丁寧、カメラワークも多彩で最初は「これを再上映したほうが
       いい」と思いました(笑)=v


無知「リメイク版では“のび太の自立”をテーマに、のび太に親の立場を
        疑似体験≠ウせたり、クライマックスの対決シーンに
        力を入れたんだ( °_° ) 」


三畳間「クライマックスはF先生の想いを実現出来た!?」


雑誌部「藤子プロのかたに伺ったんですが、F先生自身も原作漫画では、
       ページ数の関係で駆け足になってしまったクライマックスを、
       実はもっと膨らませたかったと、言われたそうです。
       なので、先生のその想いは今作で実現しようと=v


無知「F先生は亡くなってしまったから【映画ドラえもん のび太の日本
      誕生】の芝山務監督に【映画ドラえもん 新・のび太の日本
      誕生】の感想を聞いて欲しかったなぁ(´・∀・`) 」

posted by クロ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

地球に隕石が衝突しなかったら恐竜と共存できる!? の巻

『エンタミクス 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「ジョン・ラセター製作総指揮の映画【アーロと少年】特集が
        載っていますね」


無知「恐竜モノで友情と成長を描いた作品だと、どうしても【ドラえもん
      のび太の恐竜】という名作を思い出しちゃうから【アーロと
      少年】に興味がわかないや(^_^;) 」


三畳間「この特集読んでたら『はじめ人間ギャートルズ』が
       見たくなったって人は全国に数人は居る・・・かな?w」


雑誌部「居ますかね?w 」


三畳間「今、思い切って『ギャートルズ』を実写化しようって
       攻めるプロデューサーが現れないもんかねえ(^皿^)  」


雑誌部「2016年に『ギャートルズ』を実写化しようとすることは
       攻めるというよりも“どん判金ドブ”だと思いますが(^_^;)」


無知「ピーター・ソーン監督は【カールじいさん】のラッセルのモデルだった
       とは驚いた(゜ロ゜) 」


雑誌部「【レミーのおいしいレストラン】や【モンスターズ・ユニバー
       シティ】では声優もやっているんですね( ゚д゚)  」


三畳間「日本で、アニメの監督が声優もやっているって
       聞いた事がないな(・з・)  」

posted by クロ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

ファッションやビューティーの情報に紙面を割かれると・・・ の巻

『エンタミクス 2016年4月号』で雑談する会

三畳間「《知ったかぶりにバイバイ 今旬ワード10秒マスター》が
        完全に女性読者向けの内容なのが(´・ω・`)  」


雑誌部「『エンタミクス』は女性読者が多くなり、女性向けな作りになるのも
        仕方が無いとは思いますが・・・」


三畳間「若い子との会話するときに知ったかぶりしなくて困らないから
       助かるって男性読者も居るんだろうけど・・・」


無知「女性と家族向けに作られるようになり、少数派の男性読者向け企画が
       少なくなっていくなぁ(^_^;) 」







雑誌部「川栄李奈さんの《初恋エンタ》インタビューには
        興味深い発言がありますね( °_° )  」


三畳間「園子温監督の作品が好きなので、いつか監督の作品に
        出演したいです≠ゥ(゚〜゚)  」


無知「色々と大人の力を利用出来るだろうから実現するんじゃないのかな?」


三畳間「元AKB48の篠田麻里子さんが【リアル鬼ごっこ】に出演したり
        するんだから、川栄さんが園監督作品に出演する事も
        既に決まっていたりして・・・」

posted by クロ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月29日

注目するべき作品なんだけど・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《2015年度 映画秘宝BEST10》で
      他に気になったアンケート回答ありますか?」

三畳間「餓鬼だらくさんが2位に選んだ【ほんとうに映した!
       妖怪カメラ】と7位に選んだ【Not Found 17 -ネットから
       削除された禁断動画-より [File:5 続・小さいおじさん]】が
       気になるなぁ(°д°) 」

無知「心霊物というジャンル内にあって、その固定概念を破壊する
       衝撃作≠ニいう評価をされていて気にならざるを得ない!」

雑誌部「ギンティ小林さんも2位に【ほんとうに映した!妖怪カメラ】を
       選ばれていて、漫画家いましろたかし先生ファンの方で、
       もしも、いましろ先生自ら主演した奇跡の心霊フェイク・
       ドキュメンタリーの【ほんとうに映した!妖怪カメラ】を
       観ていなかったら人生損してますよ≠ニ大絶賛されて
       いますね」

三畳間「ハードル上げるなぁ(´ε` )  」




雑誌部「くれい響さんが、2位に、まだ劇場公開されていない
        【ヒメアノ〜ル】を選ばれていますね」

無知「主人公2人が対峙するクライマックスを用意したことで
       原作超え、吉田恵輔・第2章の到来を感じさせる≠チて
       公開されるのが楽しみになるコメントが!!」




三畳間「轟夕起夫さんが山内監督に注目してくれているのが
       嬉しいね(´・∀・`) 」

雑誌部「日本映画では【友だちのパパが好き】の監督、脚本の山内
       ケンジ氏にご注目を。今年も新作【トロワグロ】があります。
       期待大=v

無知「『映画秘宝』でも特集を組んで欲しいんだけど(´・ω・`) 」




雑誌部「友成純一さんが【アイアムアヒーロー】を絶賛されていますね」

無知「シッチェスで観て無茶苦茶に面白かった≠ゥ」

三畳間「期待のハードルがどんどん上がるなぁ( ゚∀゚ ) 」




無知「鷲巣義明さんが2位に選ばれた【グランド・セントラル】が
       気になる( °_° ) 」

雑誌部「日本では劇場公開が無理な作品。フランスのある原発で働く
      人々には、放射能にいつ汚染されるともしれない怖れがあった。
      そんな閉塞感に包まれた日々を暮らす青年が、同じ職場で働く
      友人の婚約者を好きになり破滅していく物語。
      フランス映画らしい、なんとも言いようのない後味の悪さが
      いい=v

三畳間「劇場公開は無理だろうけど動画配信サービスの方で見られるように
         なる可能性は残っているんじゃないのかな?」

posted by クロ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月28日

ポスト宮さん候補のはずなんだけど・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《2015年度 映画秘宝BEST10》が発表されましたが
      気になったアンケート回答ありますか?」

無知「伊賀大介さんの一言コメントが(´ε` )  」

雑誌部「なかなか念願叶わずですが、今年こそ、マジで
        表紙のスタイリング狙ってます!!=v

三畳間「オファーしないのが勿体無いけど・・・このまま『秘宝』側が
        無視するパターンでも面白いかも (^皿^)  」

雑誌部「伊賀さん、7位に【百日紅 〜Miss HOKUSAI〜】を選ばれていますね」

無知「日本アニメは、ほとんど無視かそもそも眼中に無いなかで【百日紅
       〜Miss HOKUSAI〜】は、大場しょう太さんが6位、長野
       辰次さんが10位に選んでいるね」

雑誌部「『映画秘宝』、原恵一監督作品をちゃんと評価してくれる人が
       多いですよね(´・∀・`) 」

無知「【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲】が
  《2001年度 映画秘宝BEST10》で1位に選ばれているし」

雑誌部「ちなみに【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦】は
      《2002年度 映画秘宝BEST30》で12位に選ばれていますし
      【河童のクゥと夏休み】も《2007年度 映画秘宝BEST30》で
       20位、【カラフル】も《2010年度 映画秘宝BEST30》で
       28位に選ばれるなどアニメ作品が肩身の狭い『秘宝』では
       高く評価され続けています」


三畳間「4位に【百日紅 〜Miss HOKUSAI〜】を選んだ倉田英之さんの
       怒りのコメントが(((゚Д゚;))) 」

雑誌部「【百日紅 〜Miss HOKUSAI〜】が売れない日本のどこがアニメ
       大国か=v

無知「原恵一監督作品がもう少し正しい評価とソフトがしっかり売れるには
       地上波のゴールデンタイムで定期的に放送して、作品の
       良さを知ってもらうのが一番だと思うんだけど・・・
       テレビ局の編成に英断を願っても無理なんだろうなぁ・・・」


雑誌部「倉田さん、毎年恒例の購入したソフト数を発表されていますね」

三畳間「去年は計374本=v

無知「374本が、ちょっと少なくなってきたって思ってしまうってw 」

雑誌部「今までが多すぎたからですよ(^_^;) 」

posted by クロ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

ベストとトホホ、両方で2位にランクインの快挙!? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

無知「快楽亭ブラック師匠が発表した《日本映画ベスト10》で、第2位に
       【駆け込み女と駆け出し男】が!」

雑誌部「時代劇にキビしいあっしだが、これは文句なしに面白かった
      原田眞人監督としては【KAMIKAZE TAXI】以来の傑作と
       言ってもいいでしょう≠ニ大絶賛ですね (´・∀・`) 」

三畳間「【駆け込み女と駆け出し男】を2位に選んだ一方で、トホホの2位に
       原田監督作品の【日本のいちばん長い日】を選んでたりする」

雑誌部「【駆け込み女と駆け出し男】は、他にも曾川昇さん、伊賀大介さん、
       轟夕起夫さんが高く評価されていますね」

無知「快楽亭ブラック師匠曰く笑いと涙とスリルに満ち、人情劇は
       もちろん、エロス、サスペンス、権力の陰謀に立ち向かう
       庶民の反抗に見応えのある殺陣もありシビれました
       言葉遣いに時代考証も、非の打ちどころがなかった≠ニ
       言わしめている中、トホホに選んだのが高瀬さん!」

雑誌部「【日本のいちばん長い日】は佳作だったが、この話は時代劇として
       成立してないように感じた。髷物は所作事ということを
       痛感≠ニブラック師匠とは真逆の感想(´・ω・`)  」






三畳間「《脱力!映画秘宝トホホ10 2015年度HIHOはくさい
       アワード!!》で、1位にやっぱり【進撃の巨人】が
       選ばれたけど・・・」

無知「ダントツで1位になるのかと思ってたら意外にも2位の【ターミ
       ネーター:新起動/ジェネシス】が64点で、僅か2点差で
       辛くも1位になったのね(゚ε゚) 」

雑誌部「ちなみに去年の1位の【ゴジラ】は74点でした」

三畳間「まぁ、前後篇を足すと102点と断トツの点数には
       なるんだけどさ(´-д-`) 」

無知「今回は町山さんに対して色々気遣った人が多かった!?」






雑誌部「《2015年 HIHOベストシーン》で気になったコメントありますか?」

無知「【おみおくりの作法】のラストシーンを斎藤工さんが
        ネタバレしないように説明されているのに
        高瀬さんが・・・」

三畳間「ネタバレになるので言えないが、あれをやられたらグゥの音も
      出ない≠ニ斎藤さんが気遣っているのに高瀬さんがガッツリと
      ネタバレ書いちゃっている(^皿^)  」

posted by クロ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月27日

海版【アルマゲドン】が気になるよ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《新春 ドラマ秘宝 vol.4》では、マイケル・ベイ製作の
        『ザ・ラストシップ』が紹介されていますね」


無知「日本語吹き替え版の拘りがスゴいなぁ( ゚д゚)  」


雑誌部「日本語吹替版で使われている用語が本格的なのも
       このドラマの特徴のひとつ。元海上自衛隊の方が監修者と
       なっていて、基本的には現在海上自衛隊で使われる用語が
       使われている。そのため艦番号も「いちごーいち」では
       なく「ひとごーひと」と呼ばれる。このへんは映像と
       あいまって吹替版でもいままでにないリアルな雰囲気を
       醸し出している=v


無知「第1話の演出もしているマイケル・ベイの名言が紹介されているね」


三畳間「脚本家に対し「アクションシーンには“アクション”とだけ
         書いておけばいいから」と′セったって
         スゲーなぁ(´・∀・`)  」




無知「今ならリアルなCG技術があるにもかかわらず、マイケル・ベイは
       たとえ視覚効果を使ったほうが楽であっても、危険な
       スタント・爆破・破壊の数々を可能な限り実写で撮影する
       って、拘ってるなぁ(;゚Д゚)  」


三畳間「日本映画のレベルの低い爆破CGには興醒めすることが多いけど
       予算が少ないって言い訳で逃げて欲しくない・・・が、
       妥協せざるを得ない事情もわかるからなぁ(゚〜゚) 」




無知「マイケル・ベイの遠隔演出は、21世紀らしさを感じられる!?w」

雑誌部「マイアミの自宅に[中央司令室]として8台のコンピュータ
       モニターを備え、VFXスタジオや編集スタッフたちとの
       ホットラインを構築、司令室から数々のプロジェクトに
       自分のこだわりをとことん注入していく=v

三畳間「日本の監督でやっていそうなのは
       紀里谷和明監督や山崎貴監督あたりかな?w 」

posted by クロ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

戸塚水産恐るべし(((゚Д゚;)))  の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《【ビー・バップ・ハイスクール】30周年記念》特集に
        清水宏次朗さんのインタビューが載っていますね」


無知「脚本家の那須さんのインタビューでは語られなかった
        中山美穂さんの降板の真相が(゚A゚;)  」


雑誌部「美穂が出演している奴らを怖がって「出たくない」って
       言ったんですよ∞1作目で今日子が観覧車にさらわれる
       撮影が、けっこうキツかったみたいで∞美穂も小沢は
       役者だってわかってるんですよ。けど小沢の周りにいた人間は
       現役のバカばっかりだから、ほんとに怖かったみたい。
       助監督に聞いたら、「撮影のとき、本気で泣いてた」って=v


三畳間「完全にトラウマになった!?」


無知「本人にとってトラウマになった作品であり、黒歴史化している作品にも
       かかわらずソフト化を許可したのは事務所独立と離婚が
       関係あるんだろうか・・・」



三畳間「当然ながら仲村トオルさんについては一言も触れられていないね」


無知「以前はボロカスに言ってるインタビューもあったり
       したんだけどな(´・ω・`) 」


三畳間「本人は触れていても事務所が削除させている可能性もある?w 」

posted by クロ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

成龍、映画館経営してるってよ ヾ(゜□゜)ノ  の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《最強新聞 弟39号》に
        ジャッキー・チェンのインタビューが載っていますね」


三畳間「ジャッキー、シネコンを経営しているのかよ(゜ロ゜)  」


雑誌部「今32サイトあってすごく好調だよ。アメリカや日本では、ホーム
       シアターが普及して映画館にはあまり足を運ばなくなっている
       ようだけど、中国ではまだ一部の富裕層だけで全体的には
       そこまではいっていない。特に地方の中都市では昔の日本や
       香港のように家族みんなで映画館へ行くことが今もいちばんの
       娯楽なんだ。だから、中規模都市のほうが興行収入がいい。
       まだまだ伸びる感じだよ=v


無知「中国映画界、まだまだ拡大するのか!?」


雑誌部「今中国の映画館は約30000スクリーンあるけど、この1年で
       興行成績が50%以上伸びている。2015年の中国の映画興行
       収入の総額は400億元(約7600億円)を超え、アメリカに
       次ぐ世界第2の市場になったけど、3年以内にはスクリーン
       数は35000から37000となり、興行収入は600億元を超えて、
       アメリカを抜いて世界一の市場となるといわれている


三畳間「ハリウッドが中国寄りになるのも仕方が無いのか(^_^;)  」

posted by クロ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月24日

アメリカと日本では超能力の使い方が・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「【エージェント・ウルトラ】のマックス・ランディス監督が
        インタビューで、園子温監督好きアピールをしていますね」


無知「東宝の【ゴジラ】シリーズや黒澤明の大ファンだし、僕のベストは
        園子温の【愛のむきだし】なんだ。いつか園監督とは
        一緒に仕事がしたい≠ゥ(´ε` )   」


三畳間「園監督ファンで【クロニクル】【エージェント・ウルトラ】を撮った
        マックス・ランディス監督が【映画 みんな!エスパー
        だよ!】を観たら絶賛するのかなぁ?w 」


雑誌部「日本映画にインスパイアされて脚本を書いたことは?という質問に
       【クロニクル】を書いたときは【AKIRA】を意識してた。
        心からの敬意を込めてね。僕は自他ともに認めるマンガ好き
        ではあるが、自作への影響はそれくらいかな。
        むしろ影響を受けているのは映画作家だよ(中略)そして
        繰り返すけど、園子温!≠ニ言うくらいのファンですから
        ベタ褒めの可能性が高いのでは?」


無知「【AKIRA】とは全く違う日本の超能力映画を
         どう評価するのかは気になる(^皿^)   」

posted by クロ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

味のある老舗の映画館よりも近くの便利なシネコンで観る!? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《映画館 OF THE YEAR 2015 〜前篇〜》は
         映画館の魅力を知ってもらう良い企画ですね」


無知「でも、魅力的な個性ある映画館よりも
         シネコンの方がお客は入るからねぇ・・・」


雑誌部「『人生デザイン U-29』の新潟の映画館特集でも
        若い人は歴史ある映画館よりもシネコンで観るって
        言ってましたもんね(´・ω・`)  」


三畳間「映画館特集の次は試写会に使われるホール特集って、同人誌でも
          扱わないような特集が読みたい・・・が
          無理か(^_^;)  」


無知「20年前に毎週のように試写会で通った徳間ホールの思い出なら
        色々話せそう (^皿^)  」


三畳間「ヤマハホール、ヤクルトホール、色々な生命保険会社のホールなど
       スクリーンの大きさや音響設備に違いがあるのかって・・・
       需要は・・・ほとんど無いのかなぁ(゚〜゚)  」


無知「20年前、草月ホールで行われた日本映画監督協会新人賞授賞式
       裏話とかも面白いんだけど(´・_・`)  」

posted by クロ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月23日

知っているようで全く知らなかった!? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

無知「クエンティン・タランティーノ監督の【ヘイトフル・エイト】特集に
       載っている町山さんのロードショーと一般公開の違いの話は
       知らなかった人も多いんじゃないかなぁ( ゚д゚) 」


雑誌部「大都市の一等地にある最高級の映画館でお披露目されるのが
       “ロードショー”で、その後に普通の映画館で上映される事を
       “一般公開”と呼ぶんですね」


無知「アメリカでは“ロードショー”って言葉が
        使われなくなったとは知らなかった(゜ロ゜) 」


雑誌部「日本では逆にすべての映画初公開がロードショーと呼ばれるように
        なった≠ですね」


無知「じゃ、『金曜ロードショー』って番組タイトル、アメリカ人からすると
        違和感あったんだろうなぁ(゚ε゚) 」

posted by クロ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

髪型が奇抜な主人公の映画は気になる方でしょ? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《俳優が選ぶ映画ベストテン》の前田敦子さんのベスト10では
        松江哲明監督がインタビューされていますね」


無知「松江監督から興味深い発言が(°д°) 」


雑誌部「自主映画をやってきた人って、なぜか自分の両親との関係性を
       見つめ直す家族ものに挑戦する傾向があるんです。僕も
       【あんにょんキムチ】を撮ったし、園子温監督も【ちゃんと
       伝える】がありました。沖田監督もついにこういう映画を
       撮ったなって=v


三畳間「まだ、家族ものに挑戦していない自主映画出身監督も多いから
       楽しみ( ^ω^) 」


無知「【モヒカン故郷に帰る】が【キツツキと雨】より前に脚本が
       完成していて、ずっと温めていた作品なんだ( ゚д゚)  」


三畳間「満を持しての映画化か(゚〜゚)   」


無知「【アフロ田中】よりヒットすると良いね(^皿^) 」

posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

日本映画界を代表する監督達の演技指導の違いとは・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《俳優が選ぶ映画ベストテン》には、橋本愛さんの2015年
       ベスト10が紹介されています」


無知「【残穢 ―住んではいけない部屋―】の中村義洋監督の演出話の
       流れから【桐島、部活やめるってよ】の吉田大八監督の
       演出についても触れているね」


雑誌部「バレーボールを拾う手元だけで14回くらいやりましたから。
       CM撮られていた方なので、画に対するこだわりは
       強くて、そうやってたくさん撮った上での、違和感を
       すべて省いた完成形なんだと思います=v


三畳間「手元だけで14回って拘るなぁ(゜ロ゜)  」


無知「数々の有名CMを作った中島哲也監督の演出の話も
   興味深い( °_° ) 」


雑誌部「中島監督は、さっきとまったく逆のことを言われたりすることが
      多かったです。たとえば、悲しそうに歩くシーンをいわれたまま
      自然にやって、監督からそう見えなかったら「お前、怒って
      歩け!」みたいな(笑)=v


無知「真逆の感情でやらせるなんて面白い」


三畳間「参加してみたい現場を聞かれて、黒沢清監督を挙げているけど
        すぐに願いが叶いそう( ^ω^) 」


雑誌部「【岸辺の旅】を観ても、女性に対して変な理想を抱いてない
       ところが好きで、いち人間として撮ってくださる気がします=v


無知「監督によっては自分の理想の女性を演じさせる場合もあるけど
         橋本さんは嫌だった?w  」

posted by クロ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月22日

旬と剛と圭を育てた又さん の巻

『文學界 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「小栗旬さんとの出会いについても語られていますね」

無知「15歳の小栗少年のスター性を見抜いたのは見事(´・∀・`) 」

三畳間「17年間の小栗さんの一日のギャラが8000円だったのも驚きだけど
       テレビ局に脚本を取りに行く経費がなんだかんだで
       2万7500円って(゜ロ゜) 」

無知「毎回2万近い赤字かw」

三畳間「【クローズZERO】は小栗さん本人からの売り込みが(´ε` ) 」

無知「社長、『クローズ』今企画してますよね。僕、あの漫画
       大好きなんです。あの役を出来るのは僕しかいませんから
       お願いします≠チて言えてしまうのがスゴい(・з・) 」




三畳間「最近も幻になった映画の企画があったんだ( ゚д゚) 」

雑誌部「最近も中国人のプロデューサーと組んで、小栗を使って
        映画作ろうとしたんだけど尖閣問題で何千万円か
        飛んでしまった=v

無知「尖閣問題では、色々とばっちりを受けた関係者
        多いみたいだね(´・ω・`)  」

三畳間「前田敦子さんと松田翔太さんが主演で、黒沢清監督が撮る
        予定だった中国映画【一九〇五】も飛んだっけ」

無知「製作会社が潰れたりと大変だったらしいし(-_-)  」



雑誌部「山本プロデューサーが数多くある挫折した企画の中で
       一番思い出に残っているのが司馬遼太郎先生原作の
       『坂の上の雲』なんですね」

無知「『坂の上の雲』の映画化は幻に・・・」

三畳間「映画化権の許可を直接、司馬遼太郎先生に頼みに行ったときの
         エピソードがスゴい(°Д°;)  」

無知「「司馬先生から口の立つ方≠ニ言わしめた
       山本プロデューサーの口説き術はスゴいなぁ・・・ 」

雑誌部「司馬先生と司馬先生の奥様と山本プロデューサーの3人で
      30分の約束が3時間40分もの大論争≠ノなったくらい
       ですから」

三畳間「結局、『坂の上の雲』はNHKがドラマ化したよね」

雑誌部「2009年から2011年、3年に亘ってNHKで放送されましたね」

無知「本木雅弘さん、阿部 寛さん、香川照之さん、菅野美穂さんって
         メンツなら映画化しても良かったのに(´゚ε゚`) 」

posted by クロ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月16日

日本未公開作品になってしまった日米合作映画が・・・ の巻

『文學界 2015年11月号』で雑談する会

三畳間「32歳で映画プロデューサーデビューした1979年に
         3本も映画を作ったのかよ(°Д°;) 」

雑誌部「フランスの巨匠ジャック・ドゥミ監督に『ベルサイユのばら』の
      実写版を撮らせたのもスゴいが、伝説の日本映画になる
      【太陽を盗んだ男】も作って、ダメ押しに『がんばれ!!
      タブチくん!!』をアニメ映画化」

無知「フットボールアワーの後藤さんじゃないけど、高低さありすぎて
        耳キーンとなる3本だな(^皿^) 」

三畳間「川村元気プロデューサーを比較対象として思い浮かんだ(・з・) 」

雑誌部「川村プロデューサーも、32歳の頃に【告白】【悪人】【モテキ】を
      大ヒットさせましたからねぇ(゚〜゚) 」




無知「【太陽を盗んだ男】の秘話もスゴすぎるでしょ(゚A゚;) 」

三畳間東海村原発の撮影に行くのに350万円必要です≠チて言われて
      貯金も現金も無いからって買いたてのアメ車ファイヤー
      バード、あの当時480万ぐらいしたものを200万円で
      下取りさせ、その他売れる物をかき集めて金に換え、どうにか
      撮影隊に持って行かせた≠チて・・・スゴいよ(;゚Д゚) 」

無知「さらに未払いの4000万円を東映の常務からの電話をキッカケに・・・
         このエピソードがドラマチックすぎて」

雑誌部「未払いの4000万円を払うために『がんばれ!!タブチくん』を
      製作費1億円でアニメ映画化させるからと東宝東和から
      4000万円を借りることに成功するも結局、【がんばれ!!
      タブチくん】の製作費が1億2000万円もかかってしまったが
      【太陽を盗んだ男】は完成し伝説の映画になり、【がんばれ!!
      タブチくん】は大ヒットし見事に映画製作という博打に
      勝ったとw 」

無知「伝説のプロデューサーと言われるのも納得だよ(´・∀・`) 」

三畳間「25年くらい前にラミネート加工した【がんばれ!!タブチくん】の
         チラシを買ったことを思い出した (´ε` ) 」





三畳間「封印作品として有名な【MISHIMA】の裏話が興味深い(゜ロ゜)  」

無知「世界から見下される映画祭の原点がコレだったとは・・・」

雑誌部「第1回東京国際映画祭で【ミシマ 11月25日、快晴】を
       上映しようとしたら日本映画製作者連盟会長で
       後の東映会長になった岡田茂さんから【ミシマ】なんか
       やったら右翼が反対して騒ぎ、第1回目から大混乱に
       なる≠ニ反対されたが、山本プロデューサーが文化的な
       イベントとしての国際映画祭は右翼に屈服してはいけない。
       日本は法治国家だから、右翼が来るなら警察を呼んで
       守ってもらえばいいんです≠ニ正論で反論するも
       結局上映中止になったんですね」

無知「岡田会長が右翼に屈したと(´・ω・`) 」

三畳間「第1回から残念な出来事があったんだ( ノД`) 」

無知「つい最近まで【MISHIMA】って、封印作品扱いされていたっけ」

雑誌部「数年前に『三島由紀夫と一九七〇年』に【MISHIMA】のDVDが
          ついていることが話題になりました」

三畳間「本のオマケによって【MISHIMA】が日本で観られることになったのに
       右翼も遺族も著作権者も騒がなかったのが不思議(´゚ε゚`) 」

posted by クロ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月15日

どんなに否定されても大ヒットさせたもん勝ち!? の巻

『文學界 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「特集[映画妖人伝]の山本又一朗プロデューサーのインタビューには
        【ルパン三世】の興味深い話ありますね」

無知「企画が動き出した2009年の段階ではモンキー・パンチ先生も山本プロ
       デューサーも否定的だったんだ( °_° ) 」

三畳間「KADOKAWAが実写化させたいと山本プロデューサーに
       企画を持ってきたとは知らなかった ( ゚д゚) 」


無知「モンキー・パンチ先生からは任せるから良い作品を作ってくれ≠ニ
       言われたんだね」

雑誌部「モンキー・パンチ先生は誰にもやらす気なかった≠ェ
       40年来の付き合いがある山本プロデューサーだから
       許可したと・・・」

三畳間「モンキーパンチ先生から又さんだからいいよ。頑張って
       やってよ≠ニ言ってもらえたのは、山本プロデューサーが
       モンキー・パンチ先生が断れない弱みでも握って
       いるんじゃないのって解釈も出来る!?w 」

雑誌部「出来ません(^_^;) 」

無知「キャストが発表されて否定的意見でネットが炎上したことには
       はいはいはい、ありがとう、ありがとう。いっぱい
        悪口言ってね≠ニ、話題にならないよりは否定的意見でも
        話題になるのは宣伝になるって、流石だ(^皿^)  」

雑誌部「日本全国津々浦々に住む人全員が良いというものはあり得ない。
       そんなもの作ったらおかしい。そういう意味では、原作ものを
       やる時は周囲の反応をあんまり考えないことにしている
       というのは正しいんですけど・・・」

三畳間「映画ならではの改変が成功せずにファンから改悪と言われる
         マンガ実写映画が多いのも事実だし(´゚c_,゚` ) 」

雑誌部「山本プロデューサーははっきり言って、テイストが絶対違うわけ
       ですよ。アニメと実写の出自が違うんだから。俺はやっぱり
       いろいろなコミックの原作を映画化することのいくつかの
       反省を経験してきている。それは、原作者は作品を一生懸命
       作って、自分の漫画がウケてきたっていう背景を認識して
       いる人と、映画っていうのものを別の表現だからと考えて
       拘らない人と、全く違う考え方をする。
       経験知的に、「こういうことをすると原作者が絶対に
       嫌がるだろうな」と思っても、それを避けては通れない
       ケースがある。つまり映画は生身の俳優が演じなきゃ
       いけないから、やっぱり漫画的にいくら面白くても絶対に
       できないことがある、ということです。【クローズ】でも
       そうだし、【新宿スワン】でも【ルパン三世】でもね。
       でも、映画を見てくれた読者に「すごくイメージ近かった」
       と言われれば、俺はそれでいいんだ、と=v

無知「キャスティングでは、【クローズ】【新宿スワン】は
       原作のイメージに近いからか否定的意見が少なかった?」

雑誌部「現実的な撮影現場とそこに立つ役者の特性などから
        「ああ、原作者は喜ばないだろうな」みたいなシーンが
        出来てしまうのは避けられないんですよ。
        まあ、それは原作を持つ映画の宿命ですね=v

三畳間「原作レイプにならないギリギリの判断を見誤らない
       一流のプロデューサーと製作委員会と現場との板ばさみで
       中途半端に妥協して駄作を作ってしまう
       三流プロデューサーの違って・・・ 」




無知「石川五ェ衛門役に綾野剛さんをキャスティングしたのは
       自分の事務所の俳優だからというのもあるだろうけど
       短編映画【全速力海岸】が頭をよぎったからじゃ?w 」

三畳間「あの剣道着姿で海岸を爽やかに走りきった姿を知っている人は
        キャスティングが発表されたときに納得していた?w 」



雑誌部「ちなみに今年『月曜ゴールデン 新春映画特別企画』として
       放送された【ルパン三世】ですが、20億円超えの大ヒットで
       話題になったはずなんですが・・・関東地区の視聴率が
       6.3%と大惨敗になったのは残念ですね(´・ω・`) 」

無知「宣伝不足もあって、視聴率が一桁か( ノД`)  」

三畳間「次、放送される時は深夜の関東ローカル枠でひっそりと?w 」

posted by クロ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年03月14日

映画よりも面白い!? 舞台裏の裏話には驚かせられっぱなし!? の巻

映画化出来そうな舞台裏の裏話には驚かせられっぱなし!? の巻

『文學界 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「特集[映画妖人伝]の山本又一朗プロデューサーのインタビューには
         興味深い話が多々ありますねぇ( °_° ) 」

無知「園子温監督で『寄生獣』が映画化実現していた可能性が
         あったのか(((゚Д゚;))) 」

雑誌部「園子温とは最初『寄生獣』をやりたかったのですが、時既に
         遅く、山崎貴監督で決まっていた。返す刀で講談社さんが、
         「これ今ちょっと人気あっていいのでどうですか」と、
         『新宿スワン』を提示してきた=v

三畳間「園監督で『寄生獣』が実写化されていれば歴史は変わった!?」

無知「園子温監督で、PG-12に拘らず、攻めた描写で実写化したら
          海外でもウケただろうなぁ・・・たぶん(-_-)  」


三畳間「山本プロデューサーの『寄生獣』から『新宿スワン』への
          切り替えの早さがw  」

雑誌部「すぐ読んで、これはいけると思って「やりましょう」と。
          で、園君に「おい、行くぞ、『新宿スワン』」「分かり
          ました」。一も二もないです=v

三畳間「園監督、山本プロデューサーに相当な弱みを握られているんじゃ
          ないの?w  」

無知「『新宿スワン』の映画化で主演の白鳥役を誰にやらせるか迷っている
         時に原作者の和久井健先生と打ち合わせを兼ねた食事会の
         席に綾野剛さんを山本プロデューサーが呼んだら
         鶴の一声が (´・∀・`)  」

雑誌部「居るじゃないですか、(主役の)白鳥龍彦が!≠ニ和久井さんが
           言ったことで、綾野さんも乗り気になり、トントン拍子で
           決まったんですね」

無知「キャスティングは上手くいったが、その後の【新宿スワン】公開までの
           波乱万丈っぷりがスゴすぎる(゚A゚;)  」

三畳間「東宝がクランクイン16日前に配給から撤退って・・・」

雑誌部「【新宿スワン】をTOHOシネマズ新宿のこけら落とし作品にすることで
          動いていたのに法律で禁止されているスカウトマンの
          話で、麻薬、暴力、セックス、何でも出てくるような映画を
          新しいシネコンの1発目のこけら落としにはできない≠ニ
          いう発言は酷いですね(´・ω・`)  」

三畳間「原作読まずに企画書だけで判断していた
           東宝側の責任は重いだろ (`3´)  」

無知「本来ならR-15程度の内容になるはずだった【新宿スワン】を
        山本プロデューサーがハードな原作をずいぶんマイルドに
        したんですよ。あれPG12映画なので、子どもにも見られる
        ような内容にした≠ノもかかわらず歌舞伎町の健全化
        推進運動の先頭に立っている≠ゥら色々なところからの
        クレームが怖くなったからってクランクイン16日前の撤退は
        ダメすぎる判断だ(^_^;) 」

雑誌部「そんな大ピンチが、翌日のゴルフ・コンペで解決するなんて・・・」

無知「歌手のmiwaさんが山本プロデューサーの事務所であるトライストーン
        所属だったことで参加したソニー・ミュージックエンタ
        テインメントのゴルフ・コンペで盛田会長に困っていることを
        伝えたらソニーピクチャーズの会長でもあった盛田さんから
        じゃあうちでやればいいじゃない≠チてw 」

三畳間「配給を断ったお詫びなのか東宝が興行面でのサポートをすることに
           なり、ハリウッド作品並みのスクリーン数を用意してくれた
           のは、山本プロデューサーが怖かったから?w  」


無知「新宿のセントラルロードの入り口からTOHOシネマズまでをレッドカー
          ペット敷いてリムジンから出演者を降ろして歩かせるって
          3時間のイベントにかかった費用が2800万円か(;゚Д゚)  」

三畳間「万が一のことを考え警備員が180人を雇い、イベント自体の宣伝は
          せずにやったにもかかわらず人は沢山集まるもイベントは
          無事に成功(^ω^) 」

無知「まぁ、テレビでも取り上げられて
           宣伝効果も2800万円以上だったでしょ?」

posted by クロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記