2016年03月23日

知っているようで全く知らなかった!? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

無知「クエンティン・タランティーノ監督の【ヘイトフル・エイト】特集に
       載っている町山さんのロードショーと一般公開の違いの話は
       知らなかった人も多いんじゃないかなぁ( ゚д゚) 」


雑誌部「大都市の一等地にある最高級の映画館でお披露目されるのが
       “ロードショー”で、その後に普通の映画館で上映される事を
       “一般公開”と呼ぶんですね」


無知「アメリカでは“ロードショー”って言葉が
        使われなくなったとは知らなかった(゜ロ゜) 」


雑誌部「日本では逆にすべての映画初公開がロードショーと呼ばれるように
        なった≠ですね」


無知「じゃ、『金曜ロードショー』って番組タイトル、アメリカ人からすると
        違和感あったんだろうなぁ(゚ε゚) 」

posted by クロ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

髪型が奇抜な主人公の映画は気になる方でしょ? の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《俳優が選ぶ映画ベストテン》の前田敦子さんのベスト10では
        松江哲明監督がインタビューされていますね」


無知「松江監督から興味深い発言が(°д°) 」


雑誌部「自主映画をやってきた人って、なぜか自分の両親との関係性を
       見つめ直す家族ものに挑戦する傾向があるんです。僕も
       【あんにょんキムチ】を撮ったし、園子温監督も【ちゃんと
       伝える】がありました。沖田監督もついにこういう映画を
       撮ったなって=v


三畳間「まだ、家族ものに挑戦していない自主映画出身監督も多いから
       楽しみ( ^ω^) 」


無知「【モヒカン故郷に帰る】が【キツツキと雨】より前に脚本が
       完成していて、ずっと温めていた作品なんだ( ゚д゚)  」


三畳間「満を持しての映画化か(゚〜゚)   」


無知「【アフロ田中】よりヒットすると良いね(^皿^) 」

posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

日本映画界を代表する監督達の演技指導の違いとは・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《俳優が選ぶ映画ベストテン》には、橋本愛さんの2015年
       ベスト10が紹介されています」


無知「【残穢 ―住んではいけない部屋―】の中村義洋監督の演出話の
       流れから【桐島、部活やめるってよ】の吉田大八監督の
       演出についても触れているね」


雑誌部「バレーボールを拾う手元だけで14回くらいやりましたから。
       CM撮られていた方なので、画に対するこだわりは
       強くて、そうやってたくさん撮った上での、違和感を
       すべて省いた完成形なんだと思います=v


三畳間「手元だけで14回って拘るなぁ(゜ロ゜)  」


無知「数々の有名CMを作った中島哲也監督の演出の話も
   興味深い( °_° ) 」


雑誌部「中島監督は、さっきとまったく逆のことを言われたりすることが
      多かったです。たとえば、悲しそうに歩くシーンをいわれたまま
      自然にやって、監督からそう見えなかったら「お前、怒って
      歩け!」みたいな(笑)=v


無知「真逆の感情でやらせるなんて面白い」


三畳間「参加してみたい現場を聞かれて、黒沢清監督を挙げているけど
        すぐに願いが叶いそう( ^ω^) 」


雑誌部「【岸辺の旅】を観ても、女性に対して変な理想を抱いてない
       ところが好きで、いち人間として撮ってくださる気がします=v


無知「監督によっては自分の理想の女性を演じさせる場合もあるけど
         橋本さんは嫌だった?w  」

posted by クロ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記