2016年05月01日

今こそ、腹が括れる気概あるワンマン社長が日本映画界には必要!? の巻

『映画秘宝 2016年4月号』で雑談する会

雑誌部「《激動の角川映画40年史》には
        井筒和幸監督のインタビューが載っていますね」

無知「【晴れ、ときどき殺人】の4分間の長回し裏話が(´ε` ) 」

雑誌部「パナビジョンの手持ちで撮った。NGばかりで、1テイクが
      途中でNGになってもすぐフィルムチェンジ。400フィート巻を
      何本使ったことか。最終的にどれかはまあまあのOKカットが
      あるやろうって。別に1シーン1カットにこだわってたわけでは
      ないの。あのころ、相米やブライアン・デ・パルマがそんな
      手のこんだことやってたから、マネしてやろうと。スタッフも
      若かったし=v

三畳間「やっぱり一度は長回しをマネしたくなるもんだけど、マネした作品で
      上手く出来たのって少ないからねぇ(・з・)  」



無知「【二代目はクリスチャン】の脚本裏話も興味深いなぁ( ゚д゚)   」

三畳間「つかこうへいさんが書いた第一稿を1行も目を通さなかった!?」

無知「つかさんの脚本をボロカスに(^皿^)  」

雑誌部「まずト書きがない。台詞が並んでるだけ。しかも死んだヤツが
      また出てきたり、ラストの殴りこみ、夏なのに突然、雪が降るん
      だもん≠ニスゴかったんですね」

三畳間「そのまま撮ったバージョンも観て見たかった気がするけどw 」

雑誌部「京都の嵐山の旅館で丸1週間、ギャグ台詞追加しまくって、シナ
      リオ全ページ直し=v

無知「全部直されたつかさん・・・どう評価したんだろ?」


三畳間「【二代目はクリスチャン】のエンディング曲は
        パクりって認めちゃうんだね(^ヮ^) 」

無知「井筒監督が『We Are The World』に似た曲を作ってくれと
        発注してたとはw 」



三畳間「井筒監督、角川春樹プロデューサーとのコラボ復活の可能性に
        触れているね」

雑誌部「俺ね、戦後から沖縄返還までの“沖縄ギャング団”の話を
       やりたいんだよ。昔、笠原和夫さんが書いたやつ。【沖縄
       ヤクザ戦争】の原版、映画化されなかったシナリオ『沖縄
       進撃戦争』を。あれ、角川さん、やってくれないかなあ=v

無知「“沖縄ギャング団”の話を撮りたいって色々なインタビューで
       言っているけど、このご時世で実現するのは益々難しい
       でしょ?」

三畳間「何年か前まで言い続けていた力道山の映画を撮りたいって夢は
       断念した!?」



無知「井筒監督の日本映画界には博打打ちのプロデューサーが必要って
       考え方には同意するけど・・・もう現れないんじゃ?」

雑誌部「角川春樹プロデューサーや元シネカノンの李鳳宇プロデューサーは
      存じ上げていましたが、キティ・フィルムの多賀英典プロデュー
      サーは知りませんでしたね」

無知「金を吐き出しまくって、10億、ドブに投げた≠チて
      スゲーな(((゚Д゚;)))  」

雑誌部「勝負に負けて会社を潰した伝説のプロデューサーを纏めた特集を
      読んでみたいですね(^ω^) 」

三畳間「破天荒なプロデューサー、叶さんが最後かな!?w 」

雑誌部「胡散臭いプロデューサーなら未だに多いですけど、攻めた映画を
       当てられるプロデューサーは皆無かもしれませんね(゚〜゚) 」

posted by クロ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記