2016年05月13日

世界を魅了するローカルスター の巻

『TV Bros. 2016年4月9日号』で雑談する会

雑誌部「映画【アイアムアヒーロー】特集なので
           表紙は主演の大泉洋さんですね(´・∀・`) 」

無知「戸次さんが大泉さんのオマケ的扱いで表紙に(´ε` )  」



三畳間「【アイアムアヒーロー】の原作者の花沢健吾先生のインタビューには
       映画業界関係者が喜ぶ発言が!? 」

雑誌部「原作者の立場としては、まず観客として楽しみたいというのが
      あるので、基本は自由にやってほしいというスタンスです。
      映画としておもしろくなるのであれば、原作からどんどん変えて
      ほしいし、むしろ漫画をそのまま実写にするだけでは、映画に
      する意味がないので=v

無知「原作者が口を挟みすぎるのも問題だけど、原作ファンを逆なでする
        改悪はもっと問題になるからなぁ(´-д-`) 」

三畳間「実写化された時に炎上するのは“原作とは違う映画オリジナルの
      設定やストーリーが許せない”“ハリウッド映画に比べて
      CGがプレステレベルにがっかり”“大人の事情丸出しの
      キャスティングに興醒め”とかでしょ(´゚ε゚`) 」

無知「そういう意味では【アイアムアヒーロー】は、久々に原作ファンも
        納得のクオリティになった実写化映画?」



三畳間「銃の免許の裏話が興味深い( °_° )  」

雑誌部「英雄は趣味として猟銃を所持していますが、漫画で
      描くときに、そういう方に取材をしたんです。
      そうしたら、やはり銃の所持って相当に審査が厳しいんです
      って。社会的にも人間的にも、超まともじゃないと許可が
      下りない。許可書を渡すときも、わざと警察官がケンカ腰で
      突っかかってくるらしく、そこで少しでもイライラした態度を
      とったらダメだとか。英雄の及び腰の性格は、そういう
      リアリティに基づいています=v

無知「アンジャッシュの渡部さんが免許取ろうか悩んでいたけど、近所に
      警察が身辺調査が入るから断念したって『ビートたけしの
      TVタックル』で言ってたっけ(・з・)  」

雑誌部「芸能人だと色々と大変でしょうね(^_^;) 」

三畳間「そう考えると、女優の杏さんが免許持っていることに
      改めて驚いてしまうなぁ( ゚д゚)  」




雑誌部「大泉洋さんと有村架純さんのインタビューも載っていますね」

無知「カメラの性能が良くなったから
       ヒゲが大変って話は知らなかった(゜ロ゜)  」

雑誌部「昔の付け髭は、裏がメッシュ状だったんですけど、今はカメラの
       性能が良くなって、それだとバレるんですよ。だから本当に
       一本一本髭を貼りつけてね。あれは時間もかかるし、ご飯を
       食べるのも大変だし、撮影終わってもすぐに帰れないしで、
       大変だった=v

三畳間「時代劇でカツラが大変だって話はよく聞くけど、髭もバレちゃう
       くらいカメラの性能は良くなりすぎているんだ(;゚Д゚)  」



無知「尺の関係で泣く泣くカットシーンがあるって勿体無いな(゚ε゚) 」

雑誌部「原作に描かれている英雄の手遊びとかは、現場でもやってたん
          ですが、尺の関係で監督も泣く泣くカットせざるを
          得なかった=v

無知「完成したバージョンが上映時間が2時間を越えているのに
       泣く泣くカットしたシーンがあるって事は、最初の編集
       段階では3時間に近い編集バージョンだった可能性も?」

三畳間「まぁ、カットされたシーンはソフト化の際に特典映像として
        収録されるんだろうけど(´゚c_,゚` )  」

無知「大ヒットしたらディレクターズカット版とか作るんじゃないの?」

三畳間「泣く泣くカットしたシーンを使った完全版を観てみたいって人は
        多いでしょ( ゚∀゚ )  」

posted by クロ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記