2014年12月25日

渥美さんと三國さんと森繁さんのDNAを引き継ぐ名優 の巻

『映画秘宝2014年12月号』で雑談する会

雑誌部「西田敏行さんの《祝!したまちコメディ映画祭in台東[コメディ栄誉
       賞]受賞記念インタビュー》には、興味深い話が
       盛りだくさんですね(^ω^) 」

三畳間「意外にも『映画秘宝』初登場なんだ(゜ロ゜)  」


無知「西田さんの子供時代は映画料金が30円で6本立てだったって
       スゴいなぁ(゚A゚;)  」

三畳間「7歳でブラホック話は秀逸(´ε` ) 」

雑誌部「絶対子どもが観ちゃ駄目だろうという映画と、子どもも観るべし
       みたいな映画が一緒に掛かって≠「た事によって、西田さんは
       けっこう早めに大人にさせられました。「あぁ、ブラジャーの
       ホックってこういうふうになってるんだ」ということもよく
       わかりましたね。7歳ぐらいでしたけど、情操教育といいますか、
       本当に映画には育ててもらったという感じですね=v

無知「早すぎる情操教育 (^皿^)  」



三畳間「二番館、三番館の思い出が良いねぇ
               情景が目に浮かぶなぁ( ´▽`)   」

雑誌部「木の長椅子がつながっているんです。酢昆布の匂いとトイレの
       匂いが混ざっていて、自転車置き場の前におばちゃんが座って
       いられるくらいの小さな屋根付きの除き窓みたいなのがあって、
       切符売り場があって、モギリのおばちゃんが元女相撲の
       大関だった人で、大きい人でね。映画館の前には幟旗があって、
       ポスターがいっぱいあって・・・・・・あの雰囲気から
       もらったものは、自分の中でも心のふるさとみたいに
       なっていますね=v

無知「シネコンには無い、映画館の独特の雰囲気は記憶に残るよね」

三畳間「【ドラえもん】を上映している隣の映画館がピンク映画館とか
       冬場に客席の後ろでストーブをガンガン焚く映画館とかw」

無知「上映中にゴキブリが出てプチパニックになったとか( ´3`) 」



雑誌部「西田敏行さんの俳優デビューは渥美さんが先生役のテレビ
          ドラマの生徒役だったんですね」

無知「初耳かも(@゜▽゜@)  」

雑誌部「ちなみに映画デビューは、三國連太郎さん主演の
          【襤褸の旗】なんですね」


無知「【釣りバカ日誌】って、昭和64年のお正月映画だったんだ(°д°)  」

三畳間「八郎がコロンビア人と結婚して離婚したときの悲しさを際立たせる
          ために奥さんの名前をタトゥーにした話は秀逸w 」

雑誌部「そのタトゥーを見た三國連太郎さんがお茶飲みながら吹いて
         ました≠ニいうくらいの笑撃だったんですね(^ヮ^)  」

無知「【釣りバカ日誌8】で見事な毒キノコを作る美術さん、【釣りバカ
         日誌13】で、フグの毒による幻覚症状シーン裏話も
         面白いねぇw  」
posted by クロ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/108330013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック