2015年01月21日

ベストを尽くして汚名をそそげ の巻

『映画秘宝 2015年1月号』で雑談する会

雑誌部「デヴィッド・フィンチャー監督のインタビューが載っていますね」

無知「【セブン】のシナリオ、初稿と第13稿では
        オチが全然違っていたのか(゜ロ゜) 」

雑誌部「初稿と違って第13稿ではオチがジョン・ドゥが主人公に退治される
          ただの刑事映画に堕していた≠ですね(゚A゚;)   」

三畳間「初稿で撮りたいと直談判したら映画会社の社長が同意してくれて
         主演のブラット・ピットも最後のオチを変えないことを
         条件に℃蜑奄引き受けていたとは流石だ( ゚∀゚ )  」

無知「ハッピーエンドしか認めないハリウッドでは異例だよね(´゚ε゚`) 」

三畳間「試写で観た客の反応がw  」

雑誌部「こんな映画を作った人間は死ぬべきだ!≠ニ
           叫んだ人が居たんですね(´ε` )   」

無知「【ファイト・クラブ】がアメリカで散々な評価だとは
     知らなかった(゚д゚)  」

三畳間「大コケしていたイメージがないけど・・・」

雑誌部「良識ある批評家からは嫌悪され、劇場でも大コケ。そして製作に
         GOサインを出したフォックス首脳陣は全員クビになった=v

無知「【エイリアン3】でボロカスに叩かれた恨みを【ファイト・クラブ】で
           見事にリベンジって、スゲーな(^_^;) 」

三畳間「歴史に残る【パニックルーム】の悲劇は
           映画作れるほどの負の連鎖だもんなぁ(´・ω・`)   」
posted by クロ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112366106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック