2015年01月31日

素晴らしい音色じゃなければ・・・ の巻

『映画秘宝 2015年1月号』で雑談する会

雑誌部「津嘉山正種さんのインタビューには
          興味深い吹替裏話が載っていますね」

無知「吹替裏話よりも驚いたのは、琉球放送で働いていたときの上司が
       ジョン・カビラさん、川平慈英さんのお父さんって(゚A゚;)   」

三畳間「津嘉山さんの人生のターニングポイントに川平兄弟の父が
         絡んでいたとはビックリだねぇ(@゜▽゜@)   」




雑誌部「今回の《日活クラシックインタビュー》は浜田光夫さんですね」

無知「小学5年生の時にバイオリンを辞めた理由が(^皿^) 」

雑誌部「個人レッスンの最中に、おならをしちゃったんです。
       そのときに、先生から「バイオリンよりも良い音が出ましたね」
       って言われて、それが子供心にもショックで、それで
       辞めちゃったんです(笑)=v

三畳間「微妙な時期の男子だし、大人側は冗談のつもりでも子供側は心に
         刺さる発言ってあるからねぇ (´ε` )   」


無知「吉永小百合さんが15歳の時のエピソードが可愛らしいね(^ω^)  」

雑誌部「吉永さんのご両親が厳格な方だったこともあって、若杉監督の自宅で
        行われたお誕生日会で「帰りたくない、ずっとここにいたい」と
        泣き出してしまい、その日は監督の自宅に泊まってしまったん
        ですね」

三畳間「よっぽど楽しかったんだろうねぇ、お誕生日会( ´▽`) 」


無知「年配の人には知っている話なのかもしれないけれど
       昭和41年に眼球32針の大怪我ってスゴい事件があったん
       だね(((゚Д゚;)))  」

三畳間「眼球にガラスの破片が刺さるって想像しただけでもテンション
         下がるな ( ノД`) 」

雑誌部「1年後に復帰されているのもスゴいですね(゜ロ゜)  」


無知「『お荷物小荷物』の衝撃の台詞がw 」

雑誌部「1970年代のドラマでは北方領土返せ≠チて
         問題無く言えたんですね」

三畳間「今はテレビ局側がドラマから政治色を排除するから
         大御所脚本家でも書けない台詞になっちゃったんじゃ
         ないのかな?」
posted by クロ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112896746
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック