2015年02月27日

過激な作品を作る会社のオフィスは閑静な住宅街にあるんだね の巻

『キネマ旬報 2014年12月下旬号』で雑談する会

三畳間「カンパニー松尾監督が『キネマ旬報』に登場する日が来るとは
         想像も出来なかったなぁ( ´3`)  」

雑誌部「韓国映画特集にカンパニー松尾監督のインタビューを載せるのは
         『キネ旬』が攻めている証拠ですかね?w  」

無知「松尾監督、ウォン・カーウァイ監督とキム・ギドク監督を
          偏愛していたのか(゜ロ゜) 」

三畳間「偏愛しているからこそキム・ギドク監督の作品を結構ボロカスに
          言ったりできる?w  」

雑誌部「ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲った【嘆きのピエタ】を
       湧き出るものは果てしなくあるんだと思うんです。
        でも良い役者だったり、いい撮影条件で撮りたいという
        欲求は、まったく感じられない(笑)。カット割りとか編集も
        見ちゃいられないほど下手クソ。映像的に見たら素人以下
        というか、笑っちゃうような場面もたくさんある=v

無知「映画評論家が思っていても口に出せなかったような事を
          言っちゃうんだもんなぁw  」

三畳間「【春夏秋冬そして春】や【コースト・カード】に対する
           秀逸な指摘っぷりが最高だね(^皿^)  」

雑誌部「【春夏秋冬そして春】で子どもがイタズラしているのを見てる
       坊主の距離が、近すぎる。こっちは「お前、さっさと
       止めろよ!」(笑)ですよ。その辺が「まあいんじゃない、テキ
       トーで」っていう。【コースト・カード】も、社会的弱者の
       側から南北分断という悲劇を描いているわけですが、どう
       しようもなくVシネ感が漂っている(笑)。主演のチャン・ドン
       ゴンさえ戸惑っているっていう、その舞台裏まで透けて見えて
       しまう=v

無知「新作の【メビウス】も斬新な例えでwww   」

雑誌部「セットが安い、撮影期間も短い、そして例のオーバーアクト。
        ギドクの映画だからセリフがないのには慣れているんだけど、
        まるで90分ずっと、『タモリ倶楽部』の空耳アワーを見ている
        状態(笑)=v

三畳間「キム・ギドク=安達かおる論は『キネ旬』にノーカットで
           載せてあるのが信じられないww  」

雑誌部「ウンコ・オシッコ・スカトロと・・・女性読者がドン引きそうな話が
          『キネ旬』に載ったのは色々な意味で快挙!?」

無知「でも、松尾監督のWピース写真は『キネ旬』側の松尾監督への
          リスペクトが感じられない (゚ε゚) 」

雑誌部「「ひょうきんなカンジで」という筆者のリクエストに
            Wピースでこたえるカンパニー松尾=v

三畳間「キム・ギドク監督に同じリクエストしたなら問題ないけどさ」

無知「悪ノリ感は否めないでしょ(´゚ε゚`)  」
posted by クロ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114365715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック