2015年03月27日

これがハイブリッド版アイドル映画だ?! の巻

『キネマ旬報 2014年12月下旬号』で雑談する会

雑誌部「《2014年のアイドル映画 乃木坂46in【超能力研究部の3人】》の
          山下敦弘監督のインタビューは興味深いですね」

無知「山下監督のことを俊才って言い方したの
         初めて見たかも(゜ロ゜)  」

三畳間「天才・鬼才はあったけど・・・
            俊才は見かけた記憶が無いかもね(゜−゜) 」


雑誌部「山下敦弘監督が堀ちえみさんのコンサートにお兄さんと行った話は
          『AERA』や『ユリイカ』の特集でも話していない情報です
          かね?w  」

三畳間「お兄さんの為に次回作で
          堀ちえみさんにオファーしたりしないのかな?w  」

雑誌部「山下作品の世界観に合いそうですけど(^ω^) 」


無知「山下監督、『ロンハー』のこと絶賛している!!」

雑誌部「『ロンハー』を見てると、これどうやって撮ってるんだろって
         くらい凄いじゃないですか∞ワイヤレスもきっちり
         隠して、グラビア・アイドルに指示を出して、田村淳って
         とんでもない≠ニ『ロンハー』のドッキリ企画を褒めちぎって
         いますね(´・∀・`)  」

三畳間「淳さんと山下監督、対談して欲しいなぁ(´ε` )  」

無知「『SWITCHインタビュー 達人達』みたいな番組じゃなくて
         雑誌でもいいから対談実現させてくれないかなぁ」

雑誌部「【超能力研究部の3人】の中で、ヤンキーに秋元さんが絡まれる
       シーンが『元気が出るテレビ!!』の“平成口ゲンカ王決定
       戦”と被っている事を指摘された山下監督がたしかに『元
       テレ』だ!それこそ、『進め!電波少年』とかね。
       俺はV&Rのバラエティ度高いAVにヤラれていたので、その
       あたりがどこかでベースになっている部分があるんです≠ニ
       素直に認めちゃうのが良いですね」

三畳間「『キネマ旬報』で“V&R”って文字を何度も見るって
          違和感が半端無いな (^皿^)   」

雑誌部「あ、確かにカンパニー松尾さんのインタビューの方にも
          “V&Rプランニング”って載っていましたねw  」

三畳間「ある意味、山本浩司さんが“童貞”を連発させた伝説のインタ
        ビューが掲載された『キネマ旬報 2009年8月下旬号』を
        超えた?w  」

posted by クロ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115785503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック