2015年05月09日

嘘と現実がシンクロすれば、別次元で真実が生まれる の巻

『エンタミクス 2015年6月号』で雑談する会

雑誌部「《【王妃の館】北白川右京誕生記念特別企画》として、今まで
        水谷豊さんが演じてきたキャラクターHISTORYが
        載っていますね」

無知「『熱中時代』の写真が『ザテレビジョン1987年13号』から
       借りれたのはKADOKAWAグループだからか(゚〜゚)  」



三畳間「水谷さんが語るキャラクター創りのセオリーで3つ目の要素が
       ファンを置いてきぼりにしてまで【王妃の館】を作った
       理由なんだね」

雑誌部「新しい役を始めるときは、前に演じていた役のイメージをガラッと
        更新したい、と思って臨んでいる∞イメージを裏切る=v

無知「だからオカッパ頭に半ズボンのキャラを演じてしまったと(´・ω・`)  」

三畳間「観る側は水谷さんに求めてないと思うんだけどねぇ・・・ 」

雑誌部「求めているファンも居なくはないと思いますが・・・」

無知「【HOME 愛しの座敷わらし】同様、【相棒】のご褒美で作った作品だし
           コケることは東映側も想定済みでしょ(^皿^)  」

三畳間「どうせイメージを裏切るなら水谷さんには
           クドカン作品とかに出て欲しいよ(´-д-`)  」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/128539024
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック