2015年05月13日

自宅での鑑賞環境の向上が劇場へ足を運ぶのを遠ざけている!? の巻

『映画秘宝 2015年5月号』で雑談する会

雑誌部「江戸木純さんの《映画秘宝社説》は必読ですね」

無知「2014年に日本で公開された映画の本数が1184本って
   多すぎでしょ( ゚д゚) 」

雑誌部「内訳は日本映画が615本、外国映画が569本」

三畳間「1184本全て観た人って居るかな?」

無知「劇場で全て観るのは不可能だろうし、ソフト化されたのを観るのも
         無理があるんじゃないの?」



三畳間「洋画の興行収入の話は驚きを超えて怖くなった(゚A゚;)  」

雑誌部「約860億円の興行収入の30%を【アナと雪の女王】が稼いだ」

無知「【アナ雪】が無かったら洋画は・・・」

三畳間「興行全体の68%(590億円)を18本で稼いでいる≠チて
          バランス悪すぎるよねぇ(´゚ε゚`)  」

雑誌部「500本は劇場興行としては赤字≠ニいうのは
            色々とおかしいですよね(^_^;)  」

無知「日本でコケる洋画が増えるとDVDスルー作品が増え、日本支社撤退の
        可能性も現実味が帯びてくるのか」

三畳間「現にハリウッドは日本よりも中国向けに作り出しているから・・・」



無知「江戸木さんからの解決策はただひとつ、劇場に足を運ぶ観客を増やす
       ことしかない≠チて、提言に賛同はするものの実際は・・・」

三畳間「映画館で観ることに拘らなくなった人が多くなったのも
      公開から数ヶ月でソフト化しちゃうし、Huluなどの
      ネット配信の便利さを知ると劇場に足が遠のくのも無理が
      無いのかもしれないし(´・ω・`)  」

無知「ジャンル映画を映画館のスクリーンで観ることの快感と感動を
     知る者の熱意しか、状況を変えることはできないのである≠ニいう
     言葉に共感した人が劇場に足を運んで流れが良い方向に向かえば
     良いけど・・・」

posted by クロ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129978790
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック