2015年05月27日

ひとつの終わりであり始まりでもあることを描くことを意識している監督 の巻

『映画秘宝 2015年6月号』で雑談する会

雑誌部「白石晃士監督のインタビューには【戦慄怪奇ファイル コワすぎ!
      最終章】を作るにあたり、影響を受けた作品について
      正直すぎる発言が載っていますね(@゜▽゜@)  」

無知「白石監督、【マトリックス】は観ていないんだ( ゚д゚)  」

三畳間「『魔法少女まどかマギカ』に影響されていたことを
        カミングアウトしていることに驚いたなぁ (゚A゚;)  」

雑誌部「影響があるのは『魔法少女まどか・マギカ』でしょうかね。最初の
     TVシリーズが大好きで∞凄くハマって。友情めいたものである
     とか、個人の思いが時空を超えて世界の成り立ちにかかわってくる
     ところ、それを理解する人が視聴者しかいないというシチュエー
     ションが映画的な面白さを感じさせたんです。そういう部分で
     確かに影響を受けたし、【最終章】では私が感じたそんな面白さを
     自分でもやりたいと思ったところがあります=v

三畳間「ホラー映画好きの新房昭之監督と『映画秘宝』で
         対談やって欲しいなぁ(´ε` )   」

posted by クロ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134885181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック