2015年09月28日

ブラウン管の向こう側から名前を呼ばれる喜びと恐怖 の巻

『エンタミクス 2015年10月号』で雑談する会

雑誌部「《ヌルくて美味しい甘口ゲーム50本》で
         気になったゲームありましたか?」

三畳間「小川範子さんの実写画像が登場する『No・Ri・Ko』は
       クリアー後に名前を呼んでもらえるという仕掛けも
       あり≠チて・・・『serial experiments lain』を思い
       出しちゃったよ(((゚Д゚;))) 」

雑誌部「『serial experiments lain』は、現在プレミア付いた
         お宝ゲームになっていますね」




無知「『もっともあぶない刑事』の設定がおかしいだろ!?」

雑誌部「タカとユウジは銃弾10発食らっても平気。
       それに対して、ほとんどの敵は銃弾1発で倒せる=v

無知「まぁ、防弾チョッキ効果って解釈が出来なくも無いけど(´-ω-`)」




三畳間「『キャッ党忍伝てやんでえ』は、個人的にはそろそろ再評価するべき
       アニメだと思うんだけどなぁ(・з・) 」

無知「最近の猫ブームに便乗して、アニメ全話が無料配信で見られたりすれば
       再ブームが起きる可能性もある?w 」

雑誌部「そろそろBlu-ray化されたりする可能性はありそうですが・・・」




三畳間「『NHKおかあさんといっしょ にこにこぷん』は
       スマホゲームとして復活したら人気出ると思う( ´▽`) 」

雑誌部「PCエンジンのソフトだったからプレイしたことが無い人
       多いゲームかもしれませんね」

無知「果物を集めて恐竜に届けるって設定、番組の内容とは全く
       リンクしていないなw 」




三畳間「『カエルの為に鐘が鳴る』のシュールな世界観がw 」

雑誌部「さらわれた姫を助けるために、主人公は人間、カエル、ヘビと
       3つの姿に変身しながら奮闘≠キるゲームなんですね」

無知「水をかぶるとカエルに タマゴを食べるとヘビに≠ネるってw 」

三畳間「魔法とか道具を使って変身するんじゃないのが良いね」

無知「タイトルも狙いすぎ感がありありだし、全体的に攻めすぎたんじゃ
       ないの?w 」

posted by クロ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164523963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック