2015年09月28日

東野先生の力量に必死で挑んだ力作なんだけど・・・ の巻

『エンタミクス 2015年10月号』で雑談する会

雑誌部「他に《夏の終わりのJムービー》で気になった作品ありましたか?」

三畳間「【天空の蜂】は堤監督の還暦イヤー映画3部の最後の作品か( ゚д゚)」

無知「【悼む人】は大コケで、【イニイエーションラブ】はスマッシュ
     ヒットとなったからには【天空の蜂】は20億円の大台を超えて
     還暦イヤーの最後に相応しい結果になる?」

雑誌部「原作には無い“3.11”をストーリーに絡めたのは
      プロデューサーの拘りなんですね(゜ロ゜) 」

三畳間「攻めているなぁ、松竹のプロデューサー(・з・)  」


無知「堤監督、本木さんを怪人と絶賛しているね (´・∀・`)  」

雑誌部「昔から心根が変わらず、超マジメですね。役者としては、日本一の
       俳優史上随一の怪人≠ニ独特の褒め方をされていますね」


三畳間「仲間由紀恵さんを貞子でイジるって、最近居ないでしょ(´ε` ) 」

雑誌部「地味な役も上手ですよね、髪のほつれ具合とか。
       さすが“元貞子”=v

無知「黒歴史じゃないだろうけど、事務所的には貞子のイメージは
       払拭したいんじゃないの?w 」


雑誌部「【天空の蜂】が堤監督の今までの作風からは違いすぎるからと
      御本人が僕らしくない作品だから、別名義で公開したほうが
      良かったりして≠ニ、仰られていますね」

無知「別名義といえば、監督名が“堤ユキヒコ”って時代があったよね」

三畳間「自分の名前が邪魔になるほど自分に影響力があると
       言えちゃうのもスゴい(^皿^)  」





無知「【アントマン】の設定を読んでいたら『こち亀』で、両さんが
      魔法使いじいさんから罰として小さくされるエピソードを
      思い出した( ´3`)  」

雑誌部「コミックス48巻に収録されている[3つの願い!?の巻]ですね」

三畳間「両さんが小さくなる話はハズレが少ない!?」

posted by クロ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164585353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック