2015年09月29日

2015年を代表する日本映画は巨大な自然が背景の不条理な密室劇でしょ! の巻

『映画秘宝 2015年9月号』で雑談する会


雑誌部「塚本晋也監督のインタビューが載っていますね」


無知「マーティン・スコセッシ監督は【六月の蛇】が
            お気に入りだったのか( ゚д゚)  」


雑誌部「【鉄男】が特にお気に入りで、塚本晋也監督の作品は何を観れば
     いいのか訊かれた時にマーティン・スコセッシ監督はまずは
     【六月の蛇】だな≠ニ答えたと」


三畳間「イメージ的に【六月の蛇】って、日本だとそんなに高く評価された
         って記憶は無いんだけど(´゚ε゚`) 」


無知「【野火】の病院爆破シーン裏話は興味深い」


雑誌部「劇中、病院を爆破する場面はどんなにお金がなくてもミニチュアに
     せず、等身大の病院のセットを組んで、華々しく爆発させた′級ハ
      事前に許可を取り、消防車を1台待機させていたんですが想定
      以上の爆発となり、申し分ない“画”は撮れたものの消防車が
      追加で7台駆けつけちゃいました(笑)≠ニ」


三畳間「始末書を書かされなかったのかな?w  」


無知「2カ月かけて作った病院のセットを無駄にしない為と塚本監督に
     満足してもらう画作りの為に特殊効果を担当された鳴海さんが
     始末書覚悟で火薬多めにしたのかなぁ?」


三畳間「ぜひともソフト化の際には、爆破シーンのメイキング映像を
         収録して欲しい(^皿^)  」

posted by クロ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164595060
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック