2015年10月20日

才能ある監督と優秀なスタッフが地上波からネットに・・・ の巻

『キネマ旬報 2015年9月上旬号』で雑談する会

無知「《知っておきたいアニメクリエーター》で、宮崎駿監督と高畑勲監督の
      隣のページに細田守監督を載せているのは、編集部に何かしらの
      意図があるよね?w 」

雑誌部「ありませんよ、変な深読みしないでください(^_^;)  」

無知「本当に無いのかなぁ (´゚ε゚`)  」



三畳間「氷川さんが庵野監督の紹介より御自身のMC番組の宣伝を
         強めにしている気が(´ε` )  」

雑誌部「庵野監督よりも[日本アニメ(ーター)見本市]について紹介する
         内容になっていて、さらに最後に番組宣伝w  」

無知「『キネマ旬報』でニコ生の番組を宣伝しても、あまり効果は無いと
         思うけど(´・ω・`)  」



雑誌部「《アニメ監督の実写映画制作》ではアニメ業界の大物監督が作った
        実写映画が紹介されていますね」

三畳間「アニメ監督の実写映画で大ヒットしたのって・・・無いよね?」

無知「押井守監督も庵野秀明監督も実写作品で大ヒットしたのは
        無いし(´・_・`)   」

三畳間「原恵一監督の実写作品も映画通ウケはするも一般層からは
       黙殺されているから・・・」

無知「個人的には庵野秀明監督の実写作品を楽しみに待っているんだけど
       【エヴァ】が終わるまでは無理か(´゚c_,゚` )  」



三畳間「ネットフリックスが世界配信しているアニメのスタッフが
       スゴいメンツになっているんだ(゚A゚;)   」

雑誌部「『シドニアの騎士』の監督は【名探偵コナン】を大ヒットさせている
     静野監督で、【猫の恩返し】の森田監督などジブリ作品に携わった
     スタッフが参加しているんですね」

無知「ネットフリックスが世界戦略の商品としてアニメ作品に注力する
     方針≠チてことが日本のアニメ業界にとって喜ばしいことなのか
     なぁ・・・」

雑誌部「記事の最後に日本アニメにとっても、“世界展開の可能性が広がる
      一翼を担うメディアとして”大きな期待が持てそうだ≠ニ明るい
      未来が待っている感じみたいですけど・・・ 」

posted by クロ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166082939
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック