2015年10月21日

気難しい偏屈ジジイのハリウッドスターが気になるんだってばよっ の巻

『キネマ旬報 2015年9月上旬号』で雑談する会

雑誌部「ビル・マーレイが主演の【ヴィンセントが教えてくれたこと】は
      監督がCMディレクター出身で【ヴィンセントが教えてくれた
      こと】が長篇デビュー作なんですね」

無知「CM出身監督がビル・マーレイの代表作と呼ぶに値する作品を
          作ったのは嬉しいなぁ( ´▽`)  」

三畳間「ビル・マーレイはエージェントもマネージャーもいないから
       映画に出演してもらうのが大変って、樹木希林さんみたい
       だなぁ(´ε` )  」

無知「先日、安藤政信さんも事務所を辞めてフリーになっていた為に、石井
        隆監督が【GONIN サーガ】に出演してもらおうとするも
        連絡するの結構苦労したって話題になったっけ」

雑誌部「結局、セオドア・メルフィ監督はビル・マーレイに6ヵ月間
         メッセージを残し続けて面談に漕ぎ着けると出演を
         快諾してもらえた≠ですね(゜ロ゜)  」

三畳間「6ヵ月間も!!」

無知「山本耕史さんみたいなアプローチの仕方で成功した?w」

雑誌部「比較対象がおかしいですよ(^_^;)  」



無知「ビル・マーレイの仕事の選び方も面白いなぁ( ^∀^)  」

三畳間「脚本の選り好みが激しくなった≠ゥら【ゴーストバスターズ】の
      リメイクを拒否するのは理解出来るけど、【ゾンビランド】では
      本人役で登場して劇中で【ゴーストバスターズ】ごっこを
      している≠チて(^皿^)   」

雑誌部「【ゴーストバスターズ】は、当初オリジナル・キャストが
      勢ぞろいするパート3として構想されていたのに、発案者である
      旧友ダン・エイクロイドが何度脚本を送ってもマーレイは首を
      縦に振らず、とうとうそのアイディアが頓挫してしまった≠
      ですね (゚A゚;)  」

無知「安易な企画には参加せず、昔からのファンを喜ばすことには積極的って
        素敵すぎだろ、ビル・マーレイ!w 」

posted by クロ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166169488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック