2015年10月22日

大型客船沈没事故の映画が近年稀に見る大コケで沈没って・・・ の巻

『キネマ旬報 2015年9月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《NEWS アジア》に一瀬プロデューサーの台湾映画界デビュー情報が
         載っていますね」

三畳間「デビューって、【屍憶】って・・・漢字二文字のタイトルに
         関わった程度?」

無知「少なくとも5年以上前から台湾映画界に希望を見出し、同地に足を
     運んでは地元の映画人たちと積極的に交流を図っている様子が
     確認されていた≠ッど、会社を潰しちゃった今、【屍憶】の日本
     公開も難しくなっているんじゃないの?」

三畳間「まぁ、映画業界で屍状態になった一瀬プロデューサーが復活する日は
        意外と遠くないのかもねぇ(´-д-`)  」





雑誌部「ジョン・ウー監督の新作【太平輪】は
          中国で大コケしちゃったんですね(´・ω・`)  」

無知「【進撃の巨人】と似た状況に?」

三畳間「二部作で、大ヒットを期待されていたのに
             内容がスカスカなところが?w 」

雑誌部「スペクタクルな見せ場がなかなか来ないまま延々と続く
     説明的シーンや上篇でも語られた内容の繰り返しに、“上篇を
     見ている人は、上映開始後1時間経ってから劇場に入れば充分”と
     揶揄する声まで広がるありさま≠セったんですね」

三畳間「二部作にした意味がまるで無い(´゚c_,゚` )  」

無知「アジア・オールスター・キャスティングだから
       アジア圏で大ヒット間違いないと思われていたのに・・・」

三畳間「日本の週刊誌でも長澤まさみさんが脱いだって未確認情報の
          飛ばし記事で盛り上げてたけど(゚ε゚)   」

無知「長澤さんにとっては【群青 愛が沈んだ海の色】以来の黒歴史の
        更新?」

雑誌部「長澤さんの事務所的には『日経エンタテインメント 2012年
     6月号』のインタビューで語られていた通り、長澤さんを台湾の
     ドラマに出演させたり海外進出を積極的ですが・・・そろそろ
     方針転換するべきでしょうね (゚〜゚)   」

三畳間「日本公開時には、長澤まさみさんが【太平輪】の宣伝に
          協力しない可能性もある?」

無知「二部作だったのを日本の配給会社が日本人キャストのシーン以外を
      編集してコンパクトに纏めたバージョンで上映したら意外に
      観客騙せてヒットしちゃったりしないかな?」

雑誌部「昭和の時代ならありえそうですけど・・・今は無理ですよ(^_^;)」

無知「ジョン・ウー監督が自ら日本向けにディレクターズ・カット版を作れば
          製作費回収の足しにはなると思うんだが・・・
          やる訳無いかw  」

posted by クロ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166257081
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック