2015年10月26日

日本映画界は、お金よりも大事なものがあることを忘れているのか!? の巻

『キネマ旬報 2015年9月上旬号』で雑談する会

無知「《日本映画をめぐる海外映画人の視点・後編》には
      日本映画界の頭の悪さがわかる話題も紹介されているね」


三畳間「せっかく日本映画を紹介しようとしてくれている海外の映画人に
       対して日本の大手映画会社から提示される上映料が高く、
       見られることが難しいという現実がある≠チて
    酷い話すぎるだろ(`Å´)  」


無知「ドイツの日本映画専門映画祭スタッフが日本映画を世界に向けて
      発信することに強い情熱を抱いているが、日本の大手の映画
      会社と交渉する際、上映料の話に一貫し、映画祭で上映する
      意義についての熱の低さに面喰らい、温度差にジレンマを
      感じることがたびたびあるという≠チて( ノД`)  」


三畳間「外国人に日本を褒めてもらう番組で紹介して欲しい事実だよ」


無知「国がクールジャパンとか意味不明なことに税金を使うなら
         海外に無料で字幕付き映画を提供するとかやって
         ほしいよ(`3´)  」


雑誌部「ザルテン准教授が今、世界中で日本映画専門の映画祭が活況です。
       新しい日本映画の才能を見つけたい、見たいと熱望している
       潜在的な需要は大きい。僕はそこに希望を感じます≠ニ
       仰ってくださるのが救いですね(´・∀・`)  」


無知「相米監督だけじゃなく、もっと多くの発見されていない監督を
      世界に紹介する努力を積極的にやっていかなくちゃ
      日本映画は世界から興味をもたれなくなるぞ!って、危機感を
      持つべきでしょ(`・ω・´)   」

posted by クロ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166533164
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック