2015年11月24日

完成しても公開されない埋もれた作品が山のようにあるんだよねぇ・・・ の巻

『映画秘宝 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「斎藤工さんの連載《映画じかけのオレンチ》には
         残念な日本映画界の実情が載っていますね」


無知「佐々部清監督の作品でさえお蔵入りするのか(´・ω・`)  」


三畳間「【ゾウを撫でる】は小市慢太郎さんが主演なんだ(゜ロ゜)  」


雑誌部「ちなみに【ゾウを撫でる】は[お蔵出し映画祭2015]の
       コンペ部門に出品されていましたね」


三畳間「これで幻の作品と呼ばれなくて済む?w 」


無知「今回、最後に連載ではお馴染みの“P.S.”が無いのは、それだけ
       齋藤さんが佐々部清監督作品を語りたかった証拠かもね」






雑誌部「【ヒトラーの暗殺 13分の誤算】のオリヴァー・ヒルシュビーゲル
       監督のインタビューが載っていますね」


無知「ブライアン・シンガー監督の映画【ワルキューレ】について監督が
     とてもアメリカ的だと思った。ただ、ドイツ人の僕としては
      観るのがつらい。史実の間違いばかりが目についてね(笑)≠ニ
      答えているね」


三畳間「日本は、若い女性が時代考証がお粗末で史実の間違いが多い
     【パール・ハーバー】に涙を流して感動していたっけ・・・」


無知「まぁ、重箱の隅をつつくような映画の見方をするのは
        嫌なんだけどさ(^_^;) 」

posted by クロ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168483681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック