2015年12月25日

インタビューは早送りするけど、設定は重要視するでしょ? の巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「岡村靖幸さんの連載《あの娘と、遅刻と、勉強と》は、今回で
           園子温監督との対談が最終回になりましたね」


無知「最終回に“オカズ”の話題で盛り上がるって(^皿^)  」


三畳間「園監督が童貞期間が長いと、セックスに対する憧れが自分の中に
         だいぶ残るんですよね。だから、いまだに「オナニーは
         オナニー、セックスはセックス」という、ものすごい分離が
         あって。(オナニーの)ネタの中に、この地球上に存在しない
         登場人物もちゃんといるんですよ≠ニ驚くべき告白がw  」


無知「しかも態々その子のためにストーリーも作るんですよ。その子が
        どんなシチュエーションで、どうしてセックスに至るかって
        いう。セックスしてるだけじゃだめなんですよ。
        前のストーリーがないと。だから25分くらい経って「やっと
        セックスだ!」と思って(笑)≠ニ、映画監督らしく
        ストーリーを重視することをカミングアウトしているし」


三畳間「前園さんと同じ?」


雑誌部「『ワイドナショー』でAVはストーリーを重視していると
            前園さんは言っていましたけど・・・」


無知「園監督、30年近くその子一筋って、スゲーな(´ε` ) 」


三畳間「名前は無いのに姉貴が居る設定なのが(^∀^) 」


無知「姉を初恋の相手の名前にしちゃっているのもスゴいw  」


三畳間「園監督の妄想を山本直樹先生で漫画化出来ないかなぁ(*´3`*)」

posted by クロ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170544668
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック