2015年12月26日

メリーさんの羊は・・・ 巻

『TV Bros. 2015年12月5日号』で雑談する会

雑誌部「今回のミルクマン斎藤さんの連載《“邦題つけたい”放題》の
       【ひつじ村の兄弟】の批評の中で英題の【RAMS】の流れから
       興味深い話が書かれていますね(゜ロ゜) 」


無知「“RAM”は“雄羊”だけど、【羊たちの沈黙】の原題にある羊は
      “LAMB”で、カタカナ化すればやっぱり“ラム”。でもこれは
      ラムチョップのラムでつまり“仔羊”、キリスト教的には
      “神の子羊=イエス”をも意味する訳だ。かたや“RAM”の方は
      海外エロサイトを覗いてると頻出する単語でもあって、ずばり
      “性交”の意味もある。ただゲイ系で使われることが多いような
      気がするのは僕だけか? 体毛が多い同志だから?? じゃあ
      “SHEEP”は生物学的な一般名詞としての“羊”なのか???=v


三畳間「勉強になるなぁ(´・∀・`) 」


雑誌部「RとLじゃ意味が違ってしまう可能性が?」


三畳間「英語だけじゃなく日本語でもひらがなの“ひつじ”と片仮名の
       “ヒツジ”と漢字の“羊”を使い分けて使って居ないけど
       これからは微妙なニュアンスを伝えるときに使い分けないと
       ダメ?」


無知「そもそも使い分けるような機会に遭遇しないし(^_^;) 」


三畳間「吉田羊さんの“羊”は“RAM”なのか“SHEEP”なのか・・・
          気になっている人は居ないかw 」


無知「羊といえば、フジテレビの深夜に流れていた[STRAY SHEEP]を
          未だに思い出しちゃうなぁ( ´▽`)  」


三畳間「未年だから『ストレイシープの大冒険』をフジテレビが再放送したら
           再評価のキッカケになりそうな (´゚ε゚`)  」

posted by クロ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170603508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック