2016年02月13日

作家性が滲み出た、“後を引く”映画 の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「5ページ使った映画【友だちのパパが好き】の山内ケンジ監督の
             インタビューは読み応えありましたね(´・∀・`)  」

三畳間「【ミツコ感覚】公開時には監督取材の機会を逃した$村さんの
        山内監督に対する思いが伝わるインタビューになってる?w 」



無知「山内監督、撮影をカメラマンにお任せしちゃうくらい
           信頼しているんだ」

雑誌部「橋本清明カメラマンとはCMでも仕事しているから
            安心してお任せ出来るんでしょうね」

無知「静岡県のパチンコ屋のCMのスゴさは、古舘寛治さんのインタビュー
            記事で度々話題になるくらいだからなぁ(´ε` )  」

雑誌部「ローカルCMにしておくのは勿体無いくらいの面白さらしいですね」

三畳間「ある意味、古舘寛治さんの代表作は映画よりも
            コンコルドのCMだったりする?w  」



無知「山内監督に、今まで原作・マンガの映画化のオファーが
            沢山あったんだ(゜ロ゜)  」

雑誌部「原作やマンガを渡され、実際やりかけて、途中で頓挫したり
            いろいろありました=v

三畳間「幻に終わった作品が何だったのか気になるなぁ(゚ε゚)  」

無知「山内監督の『世にも奇妙な物語'02 春の特別編』の[マンホール]が
        抜群に面白かったからオファーが殺到するのは当然だけど
        数多くの企画が実現出来なかったのは勿体無いよ・・・」

雑誌部「ちなみに山内ケンジ監督は2015年に岸田戯曲賞を受賞した
            『トロワグロ』を映画化、撮影済みなんですね」

三畳間「スゲー楽しみ(@゜▽゜@)  」

無知「世界から注目されるのも時間の問題か(´ー`)  」

posted by クロ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174001568
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック