2016年02月15日

ターゲット絞った特集で手堅く黒字を連発させることで寿命を延ばしている!? の巻

『キネマ旬報 2016年1月上旬号』で雑談する会

雑誌部「《「雑誌的」2016年映画の楽しみ方》には『ユリイカ』と
        『ELLE JAPON』と『ケトル』の編集者の座談会の模様が
        掲載されていますね」

三畳間「『ケトル』が一番売れたのは【バック・トゥ・ザ・フュー
              チャー】特集号とは、ちょっとビックリ( ゚д゚) 」

無知「[雑誌][タモリ][テレビ東京][ラジオ]などの特集よりも公開30周年
          記念というタイミングで逸早く充実した内容の特集号を
          作ったことが【バック・トゥ・ザ・フューチャー】ファンの
          心を掴んだ?」

雑誌部「いまはニッチにいけばいくほど雑誌は売れて、万遍なく
         なんでもやっちゃうと売れないなと感じています≠ニ
         『ケトル』の編集者が語っていますが、確かに最近『映画
         秘宝』など色々な雑誌がやたらとムック本を出しまくって
         いるのはターゲット絞った特集を載せた方が売れるから
         なんでしょうね」

無知「『別冊宝島』もターゲット絞った特集本
            作りまくっているもんなぁ(゚〜゚)  」

三畳間「《「雑誌的」2016年映画の楽しみ方》は、個性ある雑誌の編集者に
            語り合ってもらうって企画自体は良かったけど、内容が
            ペラペラすぎて残念な感じに終わってしまったのが
            勿体無い(´゚ε゚`) 」

雑誌部「読者層がアラサーを中心としたワーキングウーマンの雑誌の編集者に
             何を期待したんですか?w  」

無知「『キネ旬』の女性読者向けの企画だから
             この内容で間違ってはいないでしょ!?」






雑誌部「《映画・書評》には、驚くべき事態が(^皿^)  」

三畳間「杉作J太郎先生の本を藤木TDCさんが『キネマ旬報』で
          紹介する時代が来るなんて驚いちゃうなぁ(´ε` ) 」

雑誌部「『東映スピード・アクション 浪漫アルバム』は『キネマ旬報』の
          読者でも楽しめますから( ^ω^)  」

無知「藤木さんの魅力的に語る書評によって『キネマ旬報』の[映画本
          大賞]を受賞するミラクルが起きる可能性も!?w 」

posted by クロ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174058960
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック