2016年02月22日

無許可で深夜に花火を打ち上げるフランス人って・・・  の巻

『文學界 2015年11月号』で雑談する会

雑誌部「特集[映画妖人伝]には、黒沢清監督と蓮實重彦先生の対談が
          載っていますね (´・∀・`)  」

無知「【岸辺の旅】がカンヌ国際映画祭の“ある視点”部門の監督賞を
         受賞したときにイザベラ・ロッセリーニから賞を手渡された
         ことを蓮實先生が嫉妬しているのが(^皿^)  」

雑誌部「黒沢監督が握手だけの接触に終わったことに対して抱擁されたら
          許すまいと思っていたので、ほっとしました(笑)=v

三畳間「イザベラと抱擁していたら大島渚監督と野坂昭如さんみたいな
          殴り合いが実現していたかも!?w 」



無知「黒沢監督がフランスで撮った日本での公開時期が未定の
          新作のタイトルは【銀板の女】」

雑誌部「【銀板の女】から【ダゲレオタイプの女】に変更したみたいですよ」

無知「言い難いタイトルに変更しちゃったんだw  」

三畳間「ジブリ映画のタイトルみたいに“の”をつけることを最近
           意識していたりする?」

雑誌部「確かに【リアル 〜完全なる首長竜の日〜 】や【岸辺の旅】と
          “の”がタイトルにありますが・・・ジブリを意識しては
          いないと思いますよ(^_^;) 」



無知「【銀板の女】のクランクアップの時のサプライズが日本じゃ
           考えられないよ(゚A゚;)  」

雑誌部「美術部がひそかに仕掛けていた花火を夜中3時に打ち上げたとw」

三畳間「フランスの田舎だから問題無かったのかもしれないけれど、これが
            日本だったら田舎でやったとしてもネットで炎上する
            事案だろ(´゚ε゚`) 」

無知「夜中3時に花火って、夏休みに高校生が近所の公園でやる悪ふざけと
           変わらないし(゚〜゚) 」



雑誌部「【岸辺の旅】で、浅野さんが着ていた印象的なオレンジ色のコートは
            衣装部のお手柄だったんですね( °_° ) 」

無知「黒沢監督曰く僕が何か特徴的な色にしてくれと言ったわけではない。
         普通だけれどちょっと普通じゃない、どこで手に入れたのか
         さっぱり分からないようなものを何気なく着て出てきてほしい
         ということで、それがれになったんですが≠ニ」

三畳間「黒沢組の衣装部、優秀なんだなぁ(゜ロ゜)  」

posted by クロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174168366
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック