2016年02月29日

ジャガイモ映画!? が、気になるよっ の巻

『エンタミクス 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「他に《冬の新作映画で体験!あなたの知らない世界》で
            気になった映画はあります?」

無知「リドリー・スコット監督の【オデッセイ】は気になるよ(@゜▽゜@)  」

三畳間「主演のマット・デイモンのインタビューには
               興味深い話が載っているね( ゚∀゚ ) 」

雑誌部「僕らはスタジオで実際にジャガイモを栽培したんだよ。
         映画では本物のジャガイモを使うし、色々な段階のものが
         必要だからね。本物のジャガイモ農園を作って育てたんだ。
         あれは楽しかったな=v

無知「このエピソードを知ると、TOKIOを映画の宣伝に
            起用するべきだったと思った人多いでしょ?w 」


三畳間「無重力状態シーンの裏話が面白いなぁ (´・∀・`) 」

雑誌部「クロースアップになるシーンではワイヤーを使う意味がないから
         使わない。つまり、何もないのに片足で立って、浮いて
         いるような格好をやるんだ。【インターステラー】でも
         それをやった。リドリー・スコットやクリストファー・ノー
         ランのような巨匠が、子供が宇宙ごっこをやっているような
         ことをやれと言うんだよ(笑)。ああいうシーンでは、演技
         スクールで学んだことは全く意味がない。でも、完成版を
         観たらすごくリアルに見えるんだから、さすがだよね=v

無知「CG全盛の今、片足で立って浮いている芝居ってドリフのコントみたいな
            演出で撮影していたとは驚くなぁ( °_° )  」

三畳間「アナログなアイデアでCGに負けないリアルさを作れることを
         ハリウッド大作が証明してくれるのは考え深い(・з・)  」




無知「リドリー・スコット監督のインタビューには
              驚くべき情報が載ってるし!」

雑誌部「NASAが全面協力して作った探査車ローバーが撮影後に
        戦車好きなヨルダン王に進呈≠ウれたんですね(゜ロ゜) 」

無知「ヨルダン王は乗りまくっているのかな?w  」

三畳間「宇宙服のデザインはNASAが考えるデザインよりも良いデザインを
           考えたことでNASA側が大喜びしたって(^ω^)  」




雑誌部「[この世界の舞台裏]に撮影裏話が載っていますね」

無知「ハンガリーの首都ブタペストにあるコルダ・スタジオに、ハブや
         火星上昇機の発射台のセットを建造。
         NASAの通信拠点、ミッション・コントロール室も完ペキ
         再現≠チて・・・アメリカやカナダのスタジオで
         撮っているのかと思ってたらハンガリーとは( ゚д゚)   」

三畳間「ハンガリーの方が製作費を抑えられる?」

雑誌部「ハンガリーは映画の撮影に関して税制優遇措置していますし、撮影
            スタジオもスタッフも一流ということで多くのハリウッド
            映画の誘致に成功したそうですよ」

無知「ちょっと前ならカナダで撮ることが多かったのに・・・ 」

三畳間「日本は(´・ω・`)   」

posted by クロ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174251750
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック