2016年03月05日

誰にでもサイコロ振って家族や友人と遊んでいた時代があります!? の巻

『エンタミクス 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《知力、財力、時の運! 次こそ来い来い俺の引き! TVでハマった
          名作ボードゲーム列伝》で気になったゲームありましたか?」

無知「『桃鉄』って『鉄道王』をパクったゲームだった?w 」

雑誌部「ファミコン初のボードゲームでもある『鉄道王』は
        1987年12月12日発売で、『桃太郎電鉄』は
        1988年12月2日発売ですけどパクりではありませんよ(^_^;) 」

無知「西ヨーロッパの都市を巡って電鉄会社の経営を行う≠チて、設定が
        日本人向きじゃなかったから『鉄道王』はヒットせず、双六や
        貧乏神など日本向けな要素を採り入れた『桃鉄』が大ヒット
        したからか『鉄道王』は正当な評価をされていない?」

三畳間「『桃鉄』の大ヒットによって『いただきストリート』が生まれた?」

無知「堀井雄二さんは『ドラクエ』のイメージが強すぎるけど『いただき
           ストリート』も手掛けているんだよなぁ (・з・) 」

雑誌部「『桃太郎電鉄』を大ヒットさせた さくまあきらさんは『怪物パラ
           ダイス』というゲームも作っていたんですね( ゚д゚) 」

三畳間「1997年にプレステで発売されたゲームか・・・
          全く知らないな(´・_・`)  」




無知「『たけしの戦国風雲児』は『たけしの挑戦状』に比べて
          知名度低いよね?」

雑誌部「『たけしの挑戦状』に続くタイトーのたけしゲーム第2弾。
        戦国時代の立身出世&国盗り合戦を軸としたメインモードの
        ほか、金儲けを競うモードも用意。ミニゲームには『風雲
        たけし城』のアトラクションに似たものも≠ニ説明されると
        意外に面白そうで気になってしまいますね(´ε` )  」

無知「『風雲たけし城』のミニゲームはスマホ版を作ったら
            懐かしさもあり、ヒットしそうな(^ω^) 」




三畳間「『ザ・モノポリーゲーム2』にも初耳情報が( °_° )  」

雑誌部「糸井重里さんは日本モノポリー協会会長≠セったんですね」

無知「糸井さんには釣りのイメージしかないけどなw 」




三畳間「『ゴエモン』シリーズにもボードゲームあったのは
          知らなかった(゜ロ゜)  」

雑誌部「『ゴエモン もののけ双六』はニンデンドウ64のゲームですから
           知らないのも仕方が無いのでは?」

無知「『志村けんのバカ殿様』も知らなかったなぁ(゚〜゚)  」

雑誌部「『志村けんのバカ殿様 爆笑天下統一ゲーム』は
          2002年発売ですからねぇ」

無知「90年代後半以降のゲーム事情に疎いから、志村さんがちゃんと声で
       出演しているゲームが発売されていたことも知らなかった・・・」

posted by クロ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174334059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック