2016年03月23日

日本映画界を代表する監督達の演技指導の違いとは・・・ の巻

『映画秘宝 2016年3月号』で雑談する会

雑誌部「《俳優が選ぶ映画ベストテン》には、橋本愛さんの2015年
       ベスト10が紹介されています」


無知「【残穢 ―住んではいけない部屋―】の中村義洋監督の演出話の
       流れから【桐島、部活やめるってよ】の吉田大八監督の
       演出についても触れているね」


雑誌部「バレーボールを拾う手元だけで14回くらいやりましたから。
       CM撮られていた方なので、画に対するこだわりは
       強くて、そうやってたくさん撮った上での、違和感を
       すべて省いた完成形なんだと思います=v


三畳間「手元だけで14回って拘るなぁ(゜ロ゜)  」


無知「数々の有名CMを作った中島哲也監督の演出の話も
   興味深い( °_° ) 」


雑誌部「中島監督は、さっきとまったく逆のことを言われたりすることが
      多かったです。たとえば、悲しそうに歩くシーンをいわれたまま
      自然にやって、監督からそう見えなかったら「お前、怒って
      歩け!」みたいな(笑)=v


無知「真逆の感情でやらせるなんて面白い」


三畳間「参加してみたい現場を聞かれて、黒沢清監督を挙げているけど
        すぐに願いが叶いそう( ^ω^) 」


雑誌部「【岸辺の旅】を観ても、女性に対して変な理想を抱いてない
       ところが好きで、いち人間として撮ってくださる気がします=v


無知「監督によっては自分の理想の女性を演じさせる場合もあるけど
         橋本さんは嫌だった?w  」

posted by クロ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174596407
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック