2016年04月19日

記念すべき120周年を京極監督に救われた!? の巻

『キネマ旬報 2016年3月下旬号』で雑談する会(5)

雑誌部「《データで読む2015年映画業界》の“各社2015年の動向を見る”で
       気になった会社はありますか?」

無知「松竹株式会社は創業120年周年にあたる記念すべき年が
      大惨敗になるのを【ラブライブ!】が救ってくれたことを
      どう思っているんだろうか・・・」

三畳間「【ラブライブ!】ファンに足を向けて寝られないでしょ!?w  」

無知「昨年のインタビューで取締役が飛行機で喩えてくれた話を今
        読むと悲しくなるね(^皿^) 」

雑誌部「これまで格納庫に入っていたが14年は滑走路まで来てエンジンを
      ふかした。15年は巡航高度まで飛ぶのが目標≠ニ仰っていたん
      ですが・・・」

三畳間「残念ながら墜落? いや、視界不良で不時着か?w 」




無知「東宝株式会社の中で一番コケた作品は【脳内ポイズン
        ベリー】か(´・_・`)  」

雑誌部「一番コケたと言っても7億7000万円ですけどね(^_^;)  」

三畳間「内容がカブった【イン・ザ・ヘッド】は
         40億円の大ヒット(・з・)  」

無知「少女マンガ実写化ブームで鈴木亮平さんの役作りが話題になった
        【俺物語。】は、9億円って・・・」

三畳間「女子高生が求めているのはデ・ニーロにも負けない役作りじゃなくて
       キュンキュンするシーンの連発なのか(´゚ε゚`)  」

無知「ボロカスだった三谷監督の【ギャラクシー街道】は13億円」

三畳間「2次使用料を含めれば赤字にはならないだろうけど、三谷作品
      としては、フジテレビの全面的宣伝支援にもかかわらず
      大ヒットの目安である20億円を超えなかったのは想定外?」

無知「「あの内容は舞台なら面白くなるんだろうけど
      映画にしちゃうと醒めるって、プロデューサーが判断
      出来なかった?」



雑誌部「東宝事業部の情報も載っていますね」

三畳間「音楽ドキュメンタリー【悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂
         46】の興収が1億7000万円か・・・固定ファンが居て
         確実に利益が出るアイドルドキュメンタリーだとしても
         予想以上のヒットだ (;゚Д゚)  」

無知「興収1億4300万円の【リアル鬼ごっこ】を超えてちゃっているのは
         驚きだし( °_° ) 」

三畳間「製作費が安価でありながら利益が半端無いんだから
       アイドルドキュメンタリーは、おいしい商売だ(´ε` )  」

posted by クロ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174960675
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック