2016年04月24日

想定外にウケたのは間違い無いが、社会現象を起こすくらいヒットして欲しかった・・・ の巻

『キネマ旬報 2016年3月下旬号』で雑談する会(11)

雑誌部「《第3章 ワイド特集 映画界事件簿》のインディペンデント映画の
       情報は興味深いですね」

無知「【あと1センチの恋】の異例のヒットは知らなかった(゜ロ゜)  」

雑誌部「都内は新宿武蔵野館と渋谷シネパレスの2館のみ、全国3館で
       スタートさせ、結果、全国順次公開で約100スクリーン、
       4億円をあげた。しかも観客の多くはこれまで洋画を
       観ないとされてきた女子高生。映画【ビリギャル】や【アオ
       ハライド】を観る客層がなんと新宿武蔵野館やシネパレスに
       連日つめかけた=v

三畳間「宣伝費が無い良い映画がヒットするには、口コミの力に頼るしか
      ないけど、こんなに影響が広がるのはスゴいな (゚A゚;)  」

無知「洋画離れと言われている中での快挙( ^∀^) 」

三畳間「日本の女性にウケるストーリーと絶妙なタイトルも
       ヒットの要因の一つかもね」




雑誌部「《第3章 ワイド特集 映画界事件簿》の[ワークショップって何?]も
       興味深い記事になっていますね」

無知「評論家にウケただけじゃなく
       興行的にも成功したのはスゴい(@゜▽゜@) 」

三畳間「ロカルノ国際映画祭の受賞は
      もう少し話題にしても良いはずなんだけど(´゚ε゚`) 」

無知「芸能事務所に所属しているタレントが受賞していたら間違いなく
        メディアは大きく取り上げたはず(´-д-`) 」




雑誌部「塚本晋也監督の[【野火】公開奮闘記]を読むと、大手の映画との
        違いっぷりに涙が出てきますね( ノД`)  」

無知「塚本に次回作を作らせるためにリクープする≠ニ
      言ってくれる人のチカラによって、中規模の経費で完成した
      映画が小規模中の小規模の宣伝配給にもかかわらず
      大成功したと( ´▽`)  」

三畳間「【野火】は、色々な意味で炎上せずに全国に飛び火して
      大きな花火を打ち上げることに成功したよね(^ヮ^) 」

posted by クロ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175022199
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック